Oppen Rose Week 2017に行ってきました。

今年で4回目となるオッペン化粧品の
Oppen Rose Week 2017に行ってきました。
オッペン化粧品本社
場所はオッペン化粧品本社の敷地内で
この時期になると毎年、一般公開されています。
私は今回で3回目の来園。
本社1Fステンドグラス
本社1階ロビーには見事なステンドグラスが。
オッペンの女性社員の方がにこやかにこの場所を教えて下さいました。
周囲の方々の話し声から察すると、お友達を誘っての
リーピーターが多いようです。全く同感、頷けます。
未来
【未来】

自転車で気軽に寄れる場所にこんなに素敵な
催しがあるなんて超ラッキーです。
アバウトフェイス
【アバウトフェイス】

バラの優雅な香りと共に心落ち着く時を
過ごさせて頂きました。

【オッペン化粧品「Rose Week 2017」】
一般公開:5/11(木)~5/17(水)
開放時間:10:00~16:00
アクセス:東海道本線 京都線「JR岸辺」駅下車、南口から徒歩5分
     または阪急京都線「正雀」駅下車 西出口から徒歩10分
住  所:大阪府吹田市岸部南2-17-1  オッペン化粧品株式会社
※駐車場はありません。
※自転車は隣接する大阪学院大学の駐輪場が無料開放されております。

いつもご訪問ありがとうございます。
宜しければ下記URLにも是非お立ち寄り下さい。
http://blog.livedoor.jp/akifuyu102

遠出せぬとも十分に桜楽しむ

今年も遠出せぬとも近隣で十分に花見が楽しめました。

ここは吹田市山田西第一公園です。
この時期はお昼にシートを敷いてお弁当を
食べておられる風景が恒例になってきました。
山田西第1公園
2017/04/13 ARROWS M01にて撮影

ところ変わって、お次は万博記念公園の
南口ちびっこ広場のすぐ隣に広がる桜です。
万博公園南口ちびっこ広場_1
2017/04/13 iPadにて撮影

やっぱり、ここは穴場です。
平日は貸し切り状態です。(^^)
万博公園南口ちびっこ広場_2
2017/04/13 iPadにて撮影

そして昨年7月1日に開業したエキスポシティの
ランドマーク『REDHORSE Osaka Wheel』です。
万博公園_Osaka Wheel
2017/04/13 iPadにて撮影

いつもご訪問ありがとうございます。
宜しければ下記URLにも是非お立ち寄り下さい。
http://blog.livedoor.jp/akifuyu102

あれから一ヶ月、カンヒザクラの開花状況は

JR岸辺駅前の緑の遊歩道へ行って来ました。
前回、ここを訪ねてからちょうど一ヶ月、
カンヒザクラ(寒緋桜)は鮮やかに濃い紅色の
花を咲かせていました。
カンヒザクラ_自由通路から_1
JR岸辺駅の南北自由通路から吹田駅方向を撮影


3月も終わりに近づくと白いユキヤナギや黄色い
レンギョウとのコントラストも楽しめます。
カンヒザクラ_自由通路から_2
JR岸辺駅の南北自由通路から千里丘駅方向を撮影


花が濃い紅色をしているので遠くから眺めても
くっきりと綺麗に見えます。
カンヒザクラ_緑の遊歩道_1


この「緑の遊歩道」は吹田貨物ターミナル駅の
緩衝緑地帯に設けられたものでJR吹田駅から
JR千里丘駅に添って全長約3kmもあります。
カンヒザクラ_緑の遊歩道_2
最近はウォーキングを楽しまれる方も徐々に
増えています(^^)


いつもご訪問ありがとうございます。
宜しければ下記URLにも是非お立ち寄り下さい。
http://blog.livedoor.jp/akifuyu102

待ち遠しい寒緋桜の開花

関西では梅が見頃になってきました。
次は寒緋桜の番かなと思い、開花状況を見てきました。
寒緋桜_JR岸辺駅北口1
近隣では唯一この「緑の遊歩道」に寒緋桜が咲きます。
しかし、流石に開花は未だ先のようで膨らんだ蕾も僅かです。
寒緋桜_JR岸辺駅北口2
バックは駅の改札口から南北出口を結ぶ「自由通路」


写真右奥に見えるクレーンは建設中の吹田市立市民病院
平成30年に現在の場所(片山町)から移転される予定。
寒緋桜_JR岸辺駅北口3
貨物線に並走して東西に広がる緑の遊歩道
さて、今年の満開はいつ頃だろうか。

JR岸辺駅北口_2016-03-13
昨年3月の寒緋桜満開の様子

いつもご訪問ありがとうございます。
宜しければ下記URLにも是非お立ち寄り下さい。
http://blog.livedoor.jp/akifuyu102

プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー