ムソルグスキー(ストコフスキー編曲):組曲 展覧会の絵 / 山田和樹

2009年にブザンソン国際コンクールで優勝されてから着実にキャリアを積み重ねておられる山田和樹さん。今日はそんな山田和樹さんのCDをご紹介します。日本フィル正指揮者就任記念アルバムとしてEXTONから発売された「展覧会の絵」です。

ストコフスキー編曲の「展覧会の絵」を聴くのは実は初めて。何だか凄く新鮮でした。冒頭のプロムナードは衝撃。一瞬、何の音かわからなかった(笑)、何と、第一ヴァイオリンでした。トランペットを脳が待っていたので大混乱(笑)でした。

全体を通じて弦楽器群が主体性を持っている感じで、そのせいか響きはまろやかな印象。キラキラ感を抑えたスラヴ的ないぶし銀の響きと申しましょうか、「ブイドロ」、「バーバー・ヤガー」、「キエフの大門」はウォッカを飲みながら聴きたい気分になるかも。

ストコフスキー版(1939年)は超大作のハリウッド映画(それもスペクタクル映画音楽)が似合いそうな雰囲気も持っていた。
-------------------------------------------------------------------------------
山田和樹
ムソルグスキー/ストコフスキー編:組曲「展覧会の絵」/山田和樹

収録曲:
1. ムソルグスキー/ストコフスキー編:組曲「展覧会の絵」
2. ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
3. ラヴェル:ラ・ヴァルス

演奏:日本フィルハーモニー交響楽団
指揮:山田和樹
録音:(1)  2012年11月 サントリーホール(東京)にてライヴ録音
   (2,3) 2011年12月 サントリーホール(東京)にてライヴ録音
レーベル:Exton
規格品番:OVCL-00489
発売日:2013年2月20日
フォーマット:CD

【オクタヴィア・レコード 提供資料より抜粋転記】
名曲「展覧会の絵」でも演奏されることの珍しいストコフキー版を使用し、大きな話題となりました。また、このコンサートは高い評価を受け、山田和樹は文化庁芸術祭賞音楽部門新人賞を受賞しています。また、カップリングには就任する1年前に行われたドビュッシーとラヴェルを収録。これからもさらに発展していく山田和樹と日本フィルのニュー・コンビに大注目です。勢いに乗るマエストロの情熱と、若さ溢れる鮮やかな響き。日本だけでなく世界が評価する輝かしい才能をぜひお聞き下さい。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
まいどおおきに(^^)

ムソルグスキー(ラヴェル編曲): 組曲 展覧会の絵

山田一雄 
COLUMBIA VINTAGE COLLECTION

・ムソルグスキー/ラヴェル:組曲『展覧会の絵』
・ハイドン:交響曲第101番『時計』
・チャイコフスキー:スラヴ行進曲

演奏:日本フィルハーモニー管弦楽団
指揮:山田一雄
録音:1968年6月21日、7月7日、7月15日 杉並公会堂にて収録
レーベル:DENON(Columbia)
規格品番:COCQ-84492
発売日:2008年7月23日
フォーマット:CD

録音は45年も前のものだが、クリアな音質。日本フィルも熱意漲る演奏をしている。
オケの持つ力量を限界まで引き出したヤマカズのエネルギッシュな指揮姿が目に浮かぶ。
後世に残す歴史的価値ある音源だ。

【CD Journal 試聴記コメントより転記】
68年であっても、きちんとセッションを組んで収録すれば、これだけ素晴らしい音なのだということを証明する一枚。音楽が実に瑞々しく活力がみなぎっている。久々に心を洗われるオーケストラの音を聴いたと実感。正直、これで1,500円はお買い得。大推薦。

【CD Journal ガイドコメントより転記】
学校教材用に録音されたもので、一般音楽ファンにはあまり知られていない山田一雄の貴重な録音が収められている。熱血漢・山田一雄の指揮ぶりが伝わる、活気あふれる演奏だ。

【日本コロムビア 提供資料より転記】
コロムビア・アナログ期の名盤。日本の音楽録音史の貴重な遺産の数々を初CD化・完全復刻!
日本コロムビアの1960年代から70年代前半のアナログ録音期の音源から今日なおクラシック・ファンを魅了する演奏を厳選して発売いたします。ヤマカズの愛称で多くのファンを持つ山田一雄指揮による『展覧会の絵』他。この録音は1968年、旧杉並公会堂で学校教材用に録音されたもので、一般発売されることはありませんでした。
この知られざる音源が40年の時を経て復活しました。ヤマカズの才気あふれる指揮ぶりが目に浮かぶような活き活きとした演奏に耳を奪われます。

" 展覧会の絵 " 辻井伸行

" 展覧会の絵 " 辻井伸行
辻井

私はこれまで「展覧会の絵」を色んな演奏家(管弦楽)のもので

幾度となく聞いてきました。私の好きな曲ベストテンなのです。

管弦楽「展覧会の絵」はラヴェルによる管弦楽への編曲です。

原曲はムソルグスキーのピアノ組曲です。

実はピアノで聴くのは今回が初めてだったのです。

先日たまたま、近所の図書館で辻井伸行さん演奏のCDを見つけたのです。

早速借りてその演奏を聴いてみました。

端的に表現すると"実に楽しい"そして"実に美しい"です。

その音色の美しさには、ほんと!感動、感動、感動 (^^♪ です。

私は特に"古城"と"卵の殻をつけたひな鳥の踊り"が気に入りました。

録音時期:2010年5月6日~8日
録音場所:ベルリン、テルデックス・スタジオ

プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー