イギリスの吹奏楽作品集 / 英国王立空軍中央軍楽隊

4月に入ってからは冴えない天候が続き、結局、造幣局の「桜の通り抜け」には行かず仕舞い。
その「通り抜け」も今年は悪天候の影響で訪問者数は52万人と、やはり、かなり少なかった。

街角では初夏を彩る「ヒラドツツジ」が次は私の番よと言わんばかりに蕾を膨らませています。

さて、今日は久しぶりに吹奏楽を聴いてみました。イギリスの吹奏楽作品集です。
数ある吹奏楽曲の中でも一度は誰もが演奏したり、聴いてみたりしたであろう名曲ばかりです。

演奏は英国王立空軍中央軍楽隊(ロイヤル・エア・フォース・セントラル・バンド)です。
今年で活動を開始してから95周年を迎えるとのこと。もしかするとヴォーン・ウィリアムズや
ホルストからも直接指導を受けていたかも知れない。

イギリスの吹奏楽曲が放つ暖かくて柔らかい独特のサウンドはホント良いですね。
練習に明け暮れた遥か昔を思い起こします。
抜群のアンサンブルで演奏はとても丁寧。特に「トロンボーンとブラスバンドのための狂詩曲」は
ソロ・トロンボーンのジョナサン・ヒルの演奏が鳥肌モノでした。
CDを2周すると感動で泣けて来た。

------------------------------------【ディスクデータ】------------------------------------------

イギリス吹奏楽作品集_
ナクソス・ミュージック・ライブラリー

曲  名:1. イギリス民謡組曲(ヴォーン・ウィリアムズ)
     2. 吹奏楽のための第1組曲 Op.28-1(ホルスト)
     3. 吹奏楽のための第2組曲 Op.28-2(ホルスト)
     4. リンカンシャーの花束(グレインジャー)
     5. イギリス民族舞曲による組曲(トムリンソン)
     6. トロンボーンとブラスバンドのための狂詩曲(ラングフォード)

演  奏:英国王立空軍中央軍楽隊、ジョナサン・ヒル(首席トロンボーン)
指  揮:ダンカン・スタッブズ
録  音:2014年10月3日、6日&7日、RAFミュージック・スタジオ(ロンドン)
レーベル:Chandos
規格品番:CHAN10847 (輸入盤)
発売年月:2015年2月27日
記録形式:CD



世界のマーチ名曲選 / 陸上自衛隊中央音楽隊

演奏の迫力は十分。力強く躍動感のある素晴らしい演奏です。
流石は日本が誇る中央音楽隊の演奏ですね。
技量・アンサンブル能力の高さは驚異的。
模範演奏と言う表現では片付けられない。
演奏、録音ともに優秀な1枚。

ブラスっていいなぁ、マーチっていいなぁ (^^)

------------------------------------【ディスクデータ】------------------------------------------

世界のマーチ名曲集
http://www.fontec.co.jp/bin/cdd3.cgi?numb=FOCD9134&action=search&list=on&pass=

陸上自衛隊中央音楽隊 プロフィール


 収 録 曲:
     01. 国民の象徴(バーグレイ)
     02. 雷神(スーザ)
     03. 錨をあげて(ジンマーマン&マイルズ)
     04. 美中の美(スーザ)
     05. 星条旗よ永遠なれ(スーザ)
     06. 海を越える握手(スーザ)
     07. 木陰の散歩道(ゴールドマン)
     08. 銃声(アルフォード)
     09. ボギー大佐(アルフォード)
     10. ツェッペリン伯爵(タイケ)
     11. 旧友(タイケ)
     12. 双頭の鷲の旗の下に(ワーグナー)
     13. ヴァルドレス(ハンセン)
     14. 剣士の入場(フチーク)
     15. サンブル・エ・ミューズ連隊行進曲(プランケット)
     16. 勝利の父(ガンヌ)
     17. 祝典行進曲(團伊玖磨)
     18. 軍艦行進曲(瀬戸口藤吉)

 演  奏:陸上自衛隊中央音楽隊
 指  揮:野中図洋和隊長(のなか とよかず)
 録  音:1999年11月14-16日 陸上自衛隊中央音楽隊合奏場にて録音
 レーベル:フォンテック
 規格品番:FOCD-9134
 発 売 日:2000年5月25日
 フォーマット:CD

『Stars and Stripes (星条旗)』 / フレデリック・フェネル

フィネル1 フィネル2
フレデリック・フェネル&クリーヴランド・シンフォニック・ウィンズ

【収録曲】
・3つのファンファーレ     (レオ・アルノー作曲)
・コマンド・マーチ       (サミュエル・バーバー作曲)
・行進曲「ベルギーの落下傘部隊」(ピエール・リーマンス作曲)
・フローレンティナー行進曲   (ユリウス・フチーク作曲)
・バーナムとベイリーのお気に入り(カール・キング作曲)
・行進曲「錨を上げて」     (A・マイルズ/C・ツィンマーマン作曲)
・ラデッキー行進曲       (ヨハン・シュトラウス1世作曲)
・海の歌            (R・ヴォーン・ウィリアムズ作曲)
・行進曲「星条旗よ永遠なれ」  (J・P・スーザ作曲)
・イギリス民謡組曲       (R・ヴォーン・ウィリアムズ作曲)
・リンカーンシャーの花束    (パーシー・グレインジャー作曲)
・シェパーズ・ヘイ       (パーシー・グレインジャー作曲)

演奏:クリーヴランド・シンフォニック・ウィンズ
指揮:フレデリック・フェネル
録音:1978年12月3日、1979年11月18日 クリーヴランド、セヴァランス・ホールにて収録
レーベル:Telarc
規格品番:CD80099
発売日:1990年10月25日、2005年7月31日
フォーマット:CD

これを録音したテラーク社は1977年、クリーヴランドに設立されたレーベル会社です。
クリーヴランド出身にして「ウィンド・アンサンブルの創始者」である指揮者フレデリック・
フェネルを招き、名門クリーヴランド管弦楽団の木管、金管、打楽器のメンバーを総動員して
収録しています。

吹奏楽の分野で絶大な影響力を誇ったフェネルの指揮とCLOの超優秀な管打楽器奏者たちが
演奏するだけあって流石にこれは吹奏楽のベスト演奏の1つと思います。
吹奏楽に携わっている人にとっては間違いなく最高の模範演奏です。
 
メンバーが「演奏していて楽しくってしかたがない」という様子が伝わってくる私のお気に入り
のCDです。録音も35年も前のものとは思えないほど良好です。

ウィーン・オペルンバル・ファンファーレ

フィルハーモニック・ウィンド・オーケストラ・ウィーン
フィルハーモニック・ウィンド・オーケストラ・ウィーン

【収録情報】
1.シュトラウス:ウィーン・フィルハーモニー・ファンファーレ
2.フンメル:トランペット協奏曲 変ホ長調 S.49(1803)(編曲:A.O.ゾルフェルナー)
3.ロスナー:ファンファーレ
4.ワーグナー:ワルトブルク城への入場行進~歌劇「タンホイザー」より(編曲:M.フィリンガー)
5.ワーグナー:水夫の合唱~歌劇「さまよえるオランダ人」より(編曲:S.ケーテン)
6.フロトウ:歌劇「マルタ」序曲(編曲:H.クリメント)
7.バイヤー:2つの小品~バレエ「人形の妖精」より(編曲:M.シェーンヘア)
8.フチーク:ワルツ「ドナウの歌」(編曲:S.ルンデル)
9.シュトラウス2世:ポルカ「観光列車」作品28(1 編曲:O.ワーグナー)
10.ヨゼフ・シュトラウス:ポルカ「都会と田舍」(編曲:A.O.ゾルフェルナー)
11.タイケ:行進曲「旧友」
12.コムツァーク2世:アルブレヒト大公行進曲(編曲:H.ウェーバー)

演奏:フィルハーモニック・ウィンド・オーケストラ・ウィーン
指揮:カール・ヤイトラー
録音:1993年5月10-12日、スタジオバウムガルデン(ウィーン)にて収録
レーベル:カメラータ
規格品番:CMCD-15125
発売日:2011年5月25日
フォーマット:CD

ウィーン・フィルの管楽器奏者たちに教えを受けた若い演奏家の中から選りすぐりのメンバーで
結成されたのが、今日ご紹介する『フィルハーモニック・ウィンド・オーケストラ・ウィーン』
です。柔らかな優しいサウンドはそよ風のごとく爽やかで演奏についても申し分ない。何とも
羨ましい限りの教育システムである。ここからプロのオーケストラへと巣立って行くらしい。

フンメルのトランペット協奏曲のソロはウィーン・フィルのハンス・ペーター・シューが担当して
いる。まるで教師が実践に加わってOJT(オン・ザ・ジョブトレーニング)をしているようだ。
オーケストラとの協演とは一味違った味わいである。シューが生徒の目の前で吹くに当たり最新の
注意を払っている感じがひしひしと伝わる。一音一音極めて丁寧に吹いている。トランペットを志
している人にとっては格好の教材であると思う。

【CD Journal ガイドコメントより転記】
VPOの団員から指導を受ける、若手演奏家の精鋭からなるウィンド・アンサンブルのアルバム。
アルトマンやヘーグナーといったVPOの名手をゲストに迎え、ヤイトラーの指揮のもと美しい音色
を響かせる。

【カメラータ・トウキョウ 提供資料より転記】
ウィーン・フィルの名管楽器奏者たちから指導を受ける若手演奏家の中から選りすぐりのメンバー
を集めて結成された『フィルハーモニック・ウィンド・オーケストラ・ウィーン』。
本作ではシュー、ヤナシュッツ親子、ヘーグナー、アルトマンといったウィーン・フィルの名手た
ちをゲストに迎え、ウィーン伝統のブラス・サウンドを聴かせます。

金管アンサンブル - テルプシコーレ舞曲集

フィット・ブラス
ブレーン・アンサンブル・コレクション Vol.15 金管アンサンブル「テルプシコーレ舞曲集」

(1)ルネサンス・ダンス(福田洋介)
(2)向日葵の咲く丘~アンダルシアの印象(福島弘和)
(3)テ・デウム(シャルパンティエ/水口透編)
(4)金管八重奏曲(飯島俊成)
(5)連獅子(福田洋介)
(6)コッツウォルズの風景(広瀬勇人)
(7)カルメン・ラプソディー(ビゼー/黒川圭一編)
(8)古代より伝わる三つの儀式(八木澤教司)
(9)テルプシコーレ舞曲集(プレトリウス/佐藤正人編)

演奏:フィット・ブラス(Fit Brass)
録音:2010年6月27-28日 広島大学サタケメモリアルホール大ホールにて収録
レーベル:ブレーン・ミュージック
規格品番:BOCD-8194
発売日:2010年8月13日
フォーマット:CD

演奏している「Fit Brass」は海上自衛隊呉音楽隊で活躍する若手プレイヤーを中心として
2007年に結成された金管アンサンブルです。

Fit Brassは、何と言っても各奏者の音質が美しいことだ。
技巧的にも非常にレベルが高いしアンサンブルとしての息もぴったりだ。
何とも清々しいブラスの響きだ。清涼感に溢れている。
私には聞き慣れない題名の曲が多かったが、とても楽しく聴くことが出来た。
アンサンブルコンクールを目指す方にとってはとても貴重な音源となることだろう。

【ブレーン・ミュージック 提供資料より抜粋】
邦人オリジナル6作品に加えて、プレトリウスやビゼーなどアレンジ3作品。
金管5重奏から8重奏まで幅広い編成でコンクールや演奏会などの選曲に最適です。
華やかな金管アンサンブルをやわらかな音色で聴かせる。
ブレーン・アンサンブル・コレクションは、226タイトルを数える楽譜とプロプレーヤー
によるCDシリーズで、アンサンブルコンテストや各種演奏会を中心に多く演奏されています。

THIS IS BRASS - Beat It -

東京佼成ウインド

マイケルの楽曲による吹奏楽アルバム
演奏:東京佼成ウインドオーケストラ
指揮:松沼俊彦
録音:2011年4月/AVACOクリエイティヴスタジオ301(東京)にて収録
レーベル:UNIVERSAL MUSIC
規格品番:TOCF-90021
発売日:2011年6月8日
フォーマット:HQCD



―以下 CD Journalより転記―

【試聴記コメント】
“キング・オブ・ポップ”マイケルの楽曲による吹奏楽アルバム。原曲のニュアンスを大事にしながら、吹奏楽ならではの多彩な音色と豊かな量感を備えたアレンジが素晴らしい(「スリラー」の怪談風? 序奏は必聴!)。熱い共感に満ちた演奏も特筆ものだ。

【ガイドコメント】
ブラスバンドによるマイケル・ジャクソンのヒット曲集。吹奏楽ならではのダイナミックなサウンドと切れのいいリズムで東京佼成ウィンドオーケストラの機能性が発揮されている。狭間美帆や福島弘和ら、豪華なアレンジャー陣のセンスも光る。
                               ―以上 CD Journalより―


マイケル・ジャクソンのヒット曲をブラスでカヴァーしたアルバムです。
演奏は日本が誇る吹奏楽団:東京佼成ウインドオーケストラ。

吹奏楽でこんなにイケてる演奏は聴いた事がない。
各プレーヤがのりのりで実に楽しく吹いている様子が
見えて来るようです。編曲も素晴らしい。

もう、じっと座って聴いておれないです。

昔、高校のブラバンで、こういうポップな曲を練習していて、
いつも無口な男子下級生がそれはそれは楽しそうに体を揺らして
演奏していたことを思い出しました。
技術が伴わなくても、楽しく部活をやっているその姿に
いたく感動したものでした。

ベルリン・フィルの名手たち

超絶技巧の饗宴~ベルリン・フィルの名手たち
ベルリン・フィルの名手

今日は、ベルリン・フィルの首席奏者たちを中心とした小アンサンブルによる室内楽集で、

1982年のベルリン・フィル創立100周年記念の一環として製作されたアンサンブル・

レコーディング集を聴きました。

録音されたのが1980年~1981年と記されているのでカラヤン率いるベルリン・フィル時代の

メンバーによる演奏と言うことになります。

タワーレコードのヴィンテージ・コレクションとして発売されたCD(4枚組)です。

主な演奏者

1)金管アンサンブル
2)ベルリン・フィル12人のチェリストたち
3)ホルン・アンサンブル、他


まだ、金管アンサンブルとホルン・アンサンブルしか聴いておりませんが、さすがに

超一流のベルリン・フィルのメンバーだけあって、研ぎ澄まされた美しさと一糸乱れぬ

アンサンブルです。 金管アンサンブルに取り組んでいる方たちには最強のお手本に

なることは間違いないと思います。


レーベル:TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION
規格品番:PROC-1112
発売日:2011年3月4日
フォーマット:CD
構成数:4枚

金管アンサンブル「メトロポリタン」

8月9日発売 金管アンサンブル「メトロポリタン」 海上自衛隊東京音楽隊
メトロポリタン

8/28発売の『祈り~未来への歌声』に引き続き、海上自衛隊東京音楽隊の新譜紹介です。

このCDのレーベルであるブレーン・ミュージックの商品紹介を転記いたしました。

バラエティー豊かな、新作金管アンサンブル作品集!

大人気のアンサンブルコレクションの第23弾は5タイトル目となる金管アンサンブル作品集。

今回は金管5重奏・8重奏のバラエティー豊かな新譜(2012年/2013年)を海上自衛隊東京音楽隊の
メンバーが演奏しています。

ルネサンス期の音楽からは、大人気の「テルプシコーレ舞曲集」の第2弾となる
《テルプシコーレ舞曲集II》(佐藤正人編)と《ルネサンス舞曲集》(小野寺真編)が新たに登場。
今年のアンサンブルコンテスト選曲の注目の作品となることでしょう。

またアレンジ作品として《ガーシュイン・イン・ブラス!!2》(黒川圭一編)も収録。
誰もが知るガーシュイン・メロディーが数多く登場します。

金管8重奏のオリジナル作品も多く収録しています。
高橋宏樹《航海日誌》は曲中に民族楽器や打楽器が持ち替えで登場し、
物語のように旅の情景を描いています。

福島弘和《金管八重奏の為のファンファーレ》は中学生でも演奏できる親しみやすい新作。

田村修平《ロゴスの闘争-想いの先へ-》は鋭いリズムと金管の持つ力強さが生かされた作品です。

金管5重奏のレパートリーも3作品収録。
既に金管8重奏でも人気の坂井貴祐《3つの情景》は原典版の5重奏版として初収録。
福田洋介《OASIS(オアシス)》はアフリカのポリリズムとテクノを組み合わせた斬新な曲調。
フリューゲルホルンをフィーチャーした酒井格《コン・マリンコニーア》は、ソロの豊かな音色を
最大限に生かしたバラードです。

CDの最後を飾る高橋伸哉《メトロポリタン》は2012度のアンサンブルコンテスト全国大会で
川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団が演奏し、見事金賞を受賞した作品。
一つ上の大会を目指す金管アンサンブル団体にお奨めです。

[1]8重奏 航海日誌/高橋宏樹
[2]-[4]5重奏 3つの情景/坂井貴祐
[5]8重奏 テレプシコーレ舞曲集II/プレトリウス(編曲:佐藤正人)
[6]5重奏 OASIS(オアシス)/福田洋介
[7]5重奏 コン・マリンコニーア Op.119/酒井 格
[8]8重奏 金管八重奏の為のファンファーレ/福島弘和
[9]8重奏 ロゴスの闘争 -想いの先へ-/田村修平
[10]8重奏 ガーシュイン・イン・ブラス!!2/ガーシュイン(編曲:黒川圭一)
[11]-[14]8重奏 ルネサンス舞曲集/ジェルヴェーズ, アテニャン(編曲:小野寺 真)
[15]8重奏 メトロポリタン/高橋伸哉

販売日:2013/08/09 1枚組
商品番号:BOCD-8403
レーベル:ブレーン・ミュージック

祈り~未来への歌声 海上自衛隊東京音楽隊 三宅由佳莉

海上自衛隊東京音楽隊 三宅由佳莉(みやけ ゆかり/ソプラノ)『祈り~未来への歌声』
2013年8月28日発売
祈り

届け、まっすぐな想い ―― 。
東日本大震災により大切な家族を失ってしまった子供たちや被災者の方々への
応援歌として、海上自衛隊東京音楽隊・河邊隊長により制作されたオリジナル曲
〈祈り~a prayer〉をはじめ、〈花は咲く〉〈アメイジング・グレイス〉〈ふるさと〉
〈夢やぶれて〉といった感動の名曲ばかりを収録。
23万人の自衛官唯一のヴォーカリスト三宅由佳莉が、所属する海上自衛隊東京音楽隊の
演奏にのせて、ピュアな美声で「希望の歌」を歌い上げています。
(UNIVERSAL MUSICより転記)



本アルバムは、数多く発表されている海上自衛隊東京音楽隊によるCDの中でも、
唯一ヴォーカリストとして東京音楽隊に配属されている自衛官、三宅由佳莉(ソプラノ)
をフィーチャーした「歌と吹奏楽」のアルバムです。
岡山県倉敷市出身で幼少期から祖母とともに童謡集を広げ歌に親しんで育った
小さな女の子が、児童合唱団に入り、やがて高校大学と音楽の道に進み、成長する
過程において自然と歌い続けてきた「宝物」とも言える歌の数々を、仲間である海上
自衛隊東京音楽隊とともに収録した一枚となります。(Amazonより転記)

祈り~未来への歌声
【収録情報】
1. 祈り~a prayer(piano version)(作詞・作曲:河邊一彦)
2. 夢やぶれて(ミュージカル『レ・ミゼラブル』より)(作詞:Alain Albert Boublil, Jean
  Marc Natel/作曲:Claude-Michel Schonberg/日本語訳詞:岩谷時子)
3. 交響組曲『高千穂』~第2楽章:仏法僧の森(作詞・作曲:河邊一彦)
4. スタンド・アローン(NHKドラマ『坂の上の雲』より)(作詞:小山薫堂/作曲:久石 譲)
5. 花は咲く(NHK東日本大震災復興支援ソング:明日へ)(作詞:岩井俊二/作曲:菅野よう子)
6. 浜辺の歌(作詞:林 古渓/作曲:成田為三)
7. ふるさと(作詞:髙野辰之/作曲:岡野貞一)
8. 翼をください(作詞:山上路夫/作曲:村井邦彦)
9. トゥモロー(ミュージカル『アニー』より)(日本語詞:片桐和子/作詞:Martin Charnin/
  作曲:Charles Strouse)
10. タイム・トゥ・セイ・グッバイ(作詞:Lucio Quarantotto/作曲:Francesco Sartori)
11. アメイジング・グレイス(作詞:John Newton/作曲:不詳)
12. 祈り~a prayer(作詞・作曲:河邊一彦)

演奏 :海上自衛隊東京音楽隊
指揮 :河邊一彦(東京音楽隊長)(2等海佐)
歌唱 :三宅由佳莉(ソプラノ)(3等海曹)
ピアノ:太田紗和子(2等海曹)(収録1,5,8)
録音 :2013年5月-6月、東京

ブラバンAKB48! 人気上昇中!!

AKB48の人気曲を一流の吹奏楽団で録音!
吹奏楽

日本トップクラスの吹奏楽団、東京佼成ウインドオーケストラがAKB48の
ヒット曲を演奏した、吹奏楽部所属の学生諸君待望のアルバム。
応援の時も定期演奏会の時も盛り上がること必至。
豪華絢爛なスペシャル・メドレーも収録している。(CDジャーナルより)

※AKB48のメンバーは参加していません。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー