村治佳織:アランフェス協奏曲

村治佳織が演奏する2枚のアランフェス協奏曲を聴いて見ました。

1枚目は1999年12月の新日本フィル/山下一史との録音。
そして2枚目は2007年7月のガリシア交響楽団/ビクトル・パブロ・ペレスとの録音です。

個人的には村治佳織さんが21歳の時に録音した新日本フィルとの協演の方が好きです。
オーケストラとのバランスがとても良いし、何よりギターの音色がこちらの方が格段に
良いように思います。山下さん指揮の新日本フィルのサポートも素晴らしい。
溌剌とした演奏でとてもドラマチックです。また、『アランフェス』の影に隠れている
他の曲もたいへん素晴らしいです。名演だと思います。特に『タンゴ・アン・スカイ』
はブラボーと叫んでしまいました。(*^_^*)

ガリシア交響楽団と2007年に録音した演奏も味わいのある演奏で良いですね。
寒い冬にストーブの前で寛いでいるような暖かさを感じます。
色彩感豊かなオーケストラとの協演がスパニッシュな香りを運んで来るよう。
両方の演奏を何度も聴いている内にどちらも甲乙付け難くなってしまった。(^^)

-------------------------------------------------------------------------
村治佳織2
『Viva!Rodrigo』
村治佳織/ガリシア交響楽団/ビクトル・パブロ・ペレス

【曲目】
1. ロドリーゴ:アランフエス協奏曲
2. ロドリーゴ:ヒラルダの調べ -セビーリャ幻想曲
3. ロドリーゴ:ある宴のための協奏曲

演奏:村治佳織(ギター)、ガリシア交響楽団
指揮:ビクトル・パブロ・ペレス
録音:2007年07月16日-20日 スペイン,ラ・コルーニャにて収録
レーベル:Decca
規格品番:UCCD-9444
発売日:2007年10月17日
フォーマット:CD


------------------------------------------------------------------
村治佳織1
『アランフェス協奏曲』
村治佳織/新日本フィルハーモニー交響楽団/山下一史

【曲目】
1. ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
2. アーノルド:ギターと弦楽のためのセレナード
3. カステルヌオーヴォ=テデスコ:ギター協奏曲第1番ニ長調 op.99
4. ディアンス:タンゴ・アン・スカイ(ギターと弦楽合奏版)

演奏:村治佳織(ギター)、新日本フィルハーモニー交響楽団
指揮:山下一史
録音:1999年12月28日-30日 東京都、すみだトリフォニーホールにて収録
レーベル:Victor Entertainment
規格品番:VICC-60818
発売日:2012年9月5日(再発売)
フォーマット:CD

ロドリーゴのアランフェス協奏曲

セルシェル
セルシェル(ギター):アランフェス協奏曲、ギター名曲集

【収録曲】
01. ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
02. マイヤーズ:カヴァティーナ(J.ウィリアムズ編)
03. アルベニス:グラナダ(セゴビア編)
04. 作曲者不詳:禁じられた遊び
05. 作曲者不詳:グリーンスリーヴズ(カッティング編)
06. バッハ:シャコンヌ(セゴビア編)
07. レノン&マッカートニー:ノルウェイの森(竹内永和編)
08. レノン&マッカートニー:イン・マイ・ライフ(セルシェル編)
09. レノン&マッカートニー:ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(セルシェル編)
10. レノン&マッカートニー:ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア(武満徹編)
11. レノン&マッカートニー:ヘイ・ジュード(武満 徹編)
12. レノン&マッカートニー:ミッシェル(武満徹編)
13. レノン&マッカートニー:イエスタデイ(武満徹編)
14. ジョージ・ハリスン:ヒア・カムズ・ザ・サン(セルシェル編)

演奏:イョラン・セルシェル(ギター)
   オルフェウス室内管弦楽団(01)

録音:1981年6月(02,03)、1983年11月(04)、スクループ(スウェーデン)
   1982年1月、バンベルク(05,06)、1989年4月、ニューヨーク(01)
   1994年11月、ノイシュタット(ドイツ)(10-14)、
   2000年5月、モル(ベルギー)(07-09)
レーベル:Deutsche Grammophon
規格品番:UCCG-50070
発売日:2011年05月11日
フォーマット:SHM-CD

セルシェルの奏でるギターは正確無比そのもの。細かなフレーズも実に明瞭。
過度な抑揚で感情を露わにせずとも生き生きとした躍動感がある。
極めて正統派的な演奏だと思います。
ギター演奏につきもののフレット・ノイズ(あのキュッキュ音)もほとんど
聴こえない。これには驚いた。素人目でもこれは相当なテクニックでは
なかろうかと思う。
また、オルフェウス室内管弦楽団は音色も美しくアンサンブルも素晴らしい。
他の曲も美しい演奏で心地よい。豊かな響きをクリアに捉えた録音も文句無し。


【販売元ユニバーサル ミュージック 提供資料より転記】
ロドリーゴが16世紀の美しい宮殿と庭園に思いを馳せた《アランフエス協奏曲》ほど、スペインの過ぎし日の栄華を偲ばせる曲はありません。現代を代表するギタリストのセルシェルがオルフェウス室内管弦楽団の共演を得て、気品に満ちた美しい音色でこの郷愁に満ちた名曲を奏でています。彼が得意とするギターの小品やビートルズ・ナンバーのギター・アレンジ13曲を新たにカップリングしました。端麗で格調の高い演奏をお楽しみください。

村治佳織 KAORI MURAJI EARLY BEST

KAORI MURAJI EARLY BEST

村治佳織


デビュー以来、「天才ギタリスト」「美少女ギタリスト」と注目され続け、

今やギター界のマドンナ的存在となった村治佳織。

2013年にデビュー20周年を迎える村治佳織の2枚組ベスト・アルバム。

デビュー作『エスプレッシーヴォ』から9作目『スペイン』まで、ビクター在籍時の

作品から厳選した楽曲を収録。彼女の人気を決定付けた代表作「アランフェス協奏曲」、

1996年発売のシングル「過ぎ去りしトレモロ」他、アルバム未収録楽曲を収録している。

プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー