ブリテン:青少年のための管弦楽入門

青少年のための管弦楽入門

【収録曲】ベンジャミン・ブリテン
1. 青少年のための管弦楽入門
2. シンフォニア・ダ・レクイエム
3. 『ピーター・グライムズ』より4つの海の間奏曲とパッサカリア

演奏:カンザスシティ交響楽団
指揮:マイケル・スターン
録音:2009年6月5日-6日
   Community of Christ Auditorium, independence, missouriにて収録
レーベル:King International
規格品番:KKC5147
発売日:2011年10月14日
フォーマット:SACDハイブリッド


ヴァイオリニストの巨匠アイザック・スターンさんのご子息であるマイケル・スターンさん
が指揮をしておられます。

録音はグラミー賞を受賞しただけあって素晴らしい出来映えです。
サウンドがとっても柔らかいです。バスドラムのこんなにクリアな響きを聴く
のは初体験ですね。
シンフォニア・ダ・レクイエムの第1楽章冒頭のバスドラムとティンパニーの一撃
にはド肝を抜かれます。スピーカーを壊さないように注意が必要です。でも、
そんな強烈な音圧の箇所でも音は全く歪んでいないです。オーディオチェック用
としての価値も十分にあると思います。

シンフォニア・ダ・レクイエムは、声楽のない管弦楽曲で通称「鎮魂交響曲」と
呼ばれています。この曲はドラマチックな打楽器の使い方がとても印象的ですね。
レクイエムなのにちょっと不謹慎な感想を許して頂くと、管弦楽曲としての
オーケストレーションの面白さが大いに楽しめました。特に第2楽章の躍動感は
堪らないです。

4つの海の間奏曲とパッサカリアは未聴。機会があればまた後日に。


【CD Journal ミニ・レビューより転記】
いかにもアメリカ好みのゴージャスで圧倒的なパワーを感じさせる録音。SACDマルチchで聴くとサブウーファーからも重低音がドーンと飛び出してくる。ホールの鳴りもタップリと録られている。重量級のサウンドを求める人にオススメ。2010年のグラミー賞ベスト・サラウンド・アルバムに選ばれている。

【CD Journal ガイドコメントより転記】
スターンがカンザスシティso.を指揮してのブリテン作品集。父アイザックに劣らぬスターンの流麗な指揮と豊かなオーケストレーションはもちろん、第53回グラミー賞ベスト・サラウンドアルバムに輝いた質の高い録音は圧巻。

【キングインターナショナル 提供資料より転記】
2010年グラミー賞ベスト・サラウンドアルバムに輝いたアルバム。世界のオーディオ関係者が絶賛するサウンド。当レーベルは録音の質の高さで世界的に有名。とにかくオーディオ的に面白さの極みです。さらに演奏はかのアイザック・スターンの愛息で指揮者のマイケル・スターン指揮によるカンザスシティ交響楽団。こちらも高水準で、ブリテンのオーケストレーションの妙にじっくりひたれます。

プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー