ブルッフ: ヴァイオリン協奏曲 第1番

今日はヤンソンス/ベルリン・フィルの抜群のサポートを受けて、五嶋みどりさんが
挑んだブルッフのヴァイオリン協奏曲をご紹介します。
2002年にベルリン・フィルハーモニーホールにてライヴ収録されたものです。

う~ん、実に上手い。何と言うか凄くカリスマ性を感じる演奏だ。
世界超一流のオーケストラに対してそれを堂々と牽引している。

グァルネリ・デル・ジェスの1734年作 “エクス・フーベルマン”で奏でる
この上ない美音に浸ることができた。

良くコントロールされた中での非常に情熱的な演奏で至福の時を得た。
---------------------------------------------------------------------
midori.jpg
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番

【収録曲】
1. メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調作品64
2. ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調作品26

演奏:五嶋みどり(ヴァイオリン)
   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:マリス・ヤンソンス
録音:2003年 1月 (1)、2002年 6月 (2) フィルハーモニーホールにてライヴ収録
レーベル:ソニーミュージック
規格品番:SICC-123(SICC-30086で再発売)
発売日:2003年06月18日(2012年12月05日再発売)
フォーマット:CD(BLU-SPEC CD 2)

【CD Journal ミニ・レビューより転記】
メンデルスゾーンの協奏曲は優美でロマンティックな演奏。滑らかなフレージングや微妙なテンポの揺れが魅力的。ブルッフの協奏曲は気迫に満ちた、みどりらしい演奏。第3楽章など非常にアグレッシヴ。ヤンソンス指揮のベルリン・フィルもパワー全開だ。

【CD Journal ガイドコメントより転記】
五嶋みどりが、最も信頼するマリス・ヤンソンスとベルリン・フィルのサポートを受けて、メンデルスゾーンとブルッフのヴァイオリン協奏曲を録音。ロマンティックなミドリ・ワールドを堪能できる。


まいどおおきに
ほなさいなら(^^)
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー