パーヴォ・ヤルヴィのN響2月定期公演の放送がまもなく始まります

ヤルヴィ
               写真はN響 機関誌「フィルハーモニー」の2015年2月号より


5月のNHK Eテレで放送される「クラシック音楽館」に、いよいよ2015年9月からN響の首席指揮者
に就任するパーヴォ・ヤルヴィ氏が登場します。

パーヴォ・ヤルヴィ氏は世界中で引っ張りだこの指揮者で多くのオケで活躍しています。

パリ管弦楽団                 :音楽監督
ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン :芸術監督
シンシナティ交響楽団             :桂冠音楽監督
hr交響楽団                  :桂冠指揮者
エストニア国立交響楽団            :芸術顧問

これらに加えて世界中のオケで客演も行っています。
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン国立歌劇場管弦楽団、
ロシア・ナショナル管弦楽団、ウィーン交響楽団などなど。

更に録音もこなしているのですから、お休みなんてないのでしょうね。
まあ兎に角、5月の「クラシック音楽館」には目が離せません。

--------------------------------------------------------------------------------------
5月3日(日)午後9時~11時放送

N響 第1802回 定期公演:2015年2月7日 NHKホール

1. チェロ協奏曲 ホ短調 作品85 (エルガー)
2. 交響曲 第1番 ニ長調「巨人」(マーラー)

管弦楽:NHK交響楽団
チェロ:アリサ・ワイラースタイン
指揮 :パーヴォ・ヤルヴィ


--------------------------------------------------------------------------------------
5月10日(日)午後9時~11時放送

N響 第1803回 定期公演:2015年2月13日 NHKホール

1. バイオリン協奏曲 ニ短調 作品47 (シベリウス)
2. 交響曲第5番 ニ短調 作品47 (ショスタコーヴィチ)

管弦楽  :NHK交響楽団
バイオリン:庄司紗矢香
指揮   :パーヴォ・ヤルヴィ


--------------------------------------------------------------------------------------
5月17日(日)午後9時~11時放送

N響 第1804回 定期公演:2015年2月18日 サントリーホール

1. 交響詩「ドン・フアン」 作品20 (R.シュトラウス)
2. ピアノ協奏曲 第25番 ハ長調 K.503 (モーツァルト)
3. 交響詩「英雄の生涯」 作品40 (R.シュトラウス)

管弦楽:NHK交響楽団
ピアノ:ピョートル・アンデルジェフスキ
指揮 :パーヴォ・ヤルヴィ




テレビマンユニオン製作のクラシックコンサート映像

テレビマンユニオン動画サイト 
テレビマンユニオン チャンネル

演奏会場には行けないクラシックファンには有り難い無料動画サイトがありました。
テレビ番組制作会社のオピニオンリーダーでもある「テレビマンユニオン」がネット上で
公開しているクラシック・コンサートのオリジナル映像です。
週に1回は新しい映像が更新されているようです。現在までに85本の映像が公開
されています。早速2曲、観てみました。

・山崎伸子(チェロ)と山田和樹/日本フィルでドヴォルザークのチェロ協奏曲
・チョン・ミョンフン/東京フィルでラヴェルのボレロ

2曲とも大変良い演奏で大いに感動しました。


映画『マエストロ』 1月31日 全国ロードショー

マエストロ_1

今日は1月31日に始まる映画『マエストロ』のご紹介です。

この映画は、「神童」「コドモのコドモ」などで知られる、さそうあきらのコミック
「マエストロ」を実写映画化したオーケストラ・エンタテインメント作品です。

以下、簡単にストーリーのご紹介を。

スポンサーの倒産によって解散を余儀なくされた名門オーケストラの元団員が謎の指揮者によって
集められ、演奏会を開く経緯を通じて各団員の音楽にまつわるエピソードを描いて行く物語です。

コンサートマスターの香坂(松坂桃李)のもとに、不況のあおりを受けて解散したオーケストラの
再結成の話が持ち上がります。しかし練習場は廃工場で、集まってきたのは再就職先も決まらずに
いた「負け組」楽団員たちと、アマチュアフルート奏者の橘あまね(miwa)だけだった。

久しぶりの音合せはとてもプロとは言えず、不安が募る香坂。そこに謎の指揮者・天道(西田敏行)
がやって来る。彼は再結成を企画した張本人だが、経歴も素性も不明、下ネタを連発し、指揮棒の
代わりに大工道具を振り回す。

そんな自分勝手な進め方に楽団員たちは反発するが、次第に天道が導く音の深さに全員が引き込ま
れてしまう。やがて楽団員たちはその破天荒な指揮に導かれ、それぞれが抱えていた心の傷と挫折から自信を取り戻していく。

だが香坂だけは天道の隠された過去を知り、さらに反発を強めていくのだった。そして迎えた復活
コンサート当日。意気揚々と演奏に臨むオーケストラのメンバーたちは天道が仕掛けた本当の秘密
を知ることになる……。

人気シンガーソングライターのmiwaがフルート奏者の橘あまね役で出演しています。
クライマックスシーンの音声には佐渡裕指揮、ベルリン・ドイツ交響楽団の演奏する「運命」と
「未完成」が使われており、とても楽しみです。

2014年のNHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」で黒田長政役で出演していた松阪桃季さん。出始めの頃
はちょっとどうかな、なんて思っておりましたが回を追うごとに魅力が増してきて良かったです。
この映画も是非、観たいと思います。


公開:2015年1月31日(土)全国ロードショー

公式サイト: http://maestro-movie.com/

劇場情報:http://maestro-movie.com/theaters.html

原作:さそうあきら「マエストロ」(第12回文化庁メディア芸術祭 最優秀賞を受賞)
出演:松坂桃李、西田敏行、miwa、濱田マリ、松重豊、他
脚本:奥寺佐渡子(『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞)
監督:小林聖太郎(『毎日かあさん』で上海国際映画祭アジア新人賞部門最優秀作品賞を受賞)
指揮指導:佐渡裕


メシアン:トゥーランガリラ交響曲 / 読響シンフォニックライブ

読響シンフォニックライブ_ 5
読響シンフォニックライブ

1月21日(水)深夜の読響シンフォニックライブでは「トゥーランガリラ交響曲」が放送されます。
再放送はBS日テレで1月31日(土)朝6:30~8:00に放送、今回は90分の拡大版です。

昨年12月4日にサントリーホールであった第543回定期演奏会を収録したもので、20世紀フランス
音楽の歴史的超大作、メシアン作曲「トゥーランガリラ交響曲」がノーカットで放送されます。

今回、オンド・マルトノという聞きなれない電子鍵盤楽器が登場します。奏者のシンシア・ミラー
さんは、これまでに「トゥーランガリラ交響曲」を100回以上も一流楽団と共演してきたオンド・
マルトノの第一人者です。


放送日:日本テレビ(地上波):1月22日(木) 2:29-3:59 [1月21日(水)深夜]
放送日:日テレ(BS)     :1月31日(土) 6:30-8:00

番組名:読響シンフォニックライブ     
曲 目:メシアン:トゥーランガリラ交響曲
指 揮:シルヴァン・カンブルラン
演 奏:アンジェラ・ヒューイット(ピアノ)
    シンシア・ミラー(オンド・マルトノ)
    読売日本交響楽団

司 会:松井咲子(AKB48)
会 場:2014年12月4日 サントリーホール



ジョン・ウィリアムズ名曲コンサート

ジョン・ウィリアムズ 
                               『NHKクラシック』より

来週のNHKプレミアムシアターでは映画音楽の巨匠 ジョン・ウィリアムズが登場します。

スター・ウォーズ、シンドラーのリストなど心に残る名曲を数多く創り出したハリウッドを
支える映画音楽の大ヒットメーカーであるジョン・ウィリアムズ。
番組では2014年9月30日にロサンゼルスのウォルト・ディズニー・コンサート・ホールで
収録されたものが放送されます。
演奏はグスターボ・ドゥダメル指揮のロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団。
ウィリアムズ氏自身も「スター・ウォーズ」を指揮する。これは嬉しい。

後半は、2CELLOS (トゥーチェロズ)の熱気あふれるライブと、音楽とアニメーションを
融合した「ピーターとおおかみ」を楽しめる。


放送ch:BSプレミアム
放送日:1月19日(月)午前0:00~4:00(日曜深夜)
番組名:プレミアムシアター「ジョン・ウィリアムズ名曲コンサート&2CELLOSほか」


出 演:ジョン・ウィリアムズ(作曲家)
    イツァーク・パールマン(バイオリン)
    アメリカ陸軍 ヘラルド・トランペット隊
    ダン・ヒギンズ(アルト・サックス)
    グレン・ポールソン(ビブラフォン)
    マイケル・ヴァレリオ(ベース)
    ロサンゼルス児童合唱団
    ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団
指 揮:グスターボ・ドゥダメル、ジョン・ウィリアムズ

曲 目:ジョン・ウィリアムズ 名曲コンサート(0:00:00~1:36:30)
    01.オリンピック・ファンファーレとテーマ
    02.サウンディングス
    03.映画「シンドラーのリスト」から 追憶
    04.映画「シンドラーのリスト」から ユダヤ人街
    05.映画「シンドラーのリスト」から テーマ
    06.映画「屋根の上のバイオリン弾き」から カデンツァと変奏
    07.映画「タンタンの冒険」から 決闘
    08.映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」から エスカペイズ
    09.映画「スター・ウォーズ」から 王座の間とフィナーレ
    10.映画「アミスタッド」から アフリカよ 涙をふいて
    11.映画「ジョーズ」から
    12.映画「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」から 帝国のマーチ



衝撃の紅白出演に至るドキュメント - 中森明菜 特番放送決定

中森明菜

去年の紅白歌合戦に出演し話題を呼んだ中森明菜さんの特集番組が
放送されることになりました。
NYからの紅白生中継の舞台裏や、オリジナル新曲やカバー曲制作時の
密着映像などが紹介されるようです。圧巻の歌声もたっぷりと聴けそうですよ (*^_^*)

放 送 日:1月9日(金) 22:00 ~ 22:50 NHK総合(地上デジタル 011CH)

番 組 名:中森明菜 歌姫復活

番組内容:去年の紅白歌合戦に出演し話題を呼んだ中森明菜の特集番組
     ☆ 中森明菜衝撃の紅白出演に至るドキュメント - NYからの紅白生中継の舞台裏
     ☆ 去年海外で行われていた新曲制作時の密着映像
     ☆ 今の心境を伝えるインタビュー
     ☆ 新たにレコーディングしたカバー曲の最新パフォーマンスも紹介

番組公式ホームページ
http://www.nhk.or.jp/



地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌

100年後の君に聴かせたい歌

BS放送の日テレ(BS 141CH)が毎月一回放送している番組で興味深いものが
ありましたので録画予約しました。
番組名は『地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌~』、進行役は谷村新司さんです。
毎回一人のアーティストを迎え、時代を越えて愛される名曲が披露されます。
出演アーティストとのトークコーナーもあります。今回は德永英明さんが登場します。

德永英明さんと言えば女性J-POPの名曲をカヴァーしたアルバムの人気が凄いですね。
この放送でも山口百恵さんの「さよならの向う側」、中森明菜さんの「スローモーション」、
そして谷村新司さんとのコラボで「いい日旅立ち」が披露されます。
デビューまでの意外な苦労や、数々の名曲が生まれた背景や秘話、女性ボーカル曲をカヴァーする
深い想いなど、トークコーナーで聞けるようです。

放送日:1月10日(土)19:00~20:54 BS日テレ
再放送:2月01日(日)12:00~14:00 BS日テレ
番組名:地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌

曲 目:「レイニー ブルー」 「最後の言い訳」  「壊れかけのRadio」
    「さよならの向う側」「スローモーション」「いい日旅立ち」

番組公式ホームページ
http://www.bs4.jp/chikyu-gekijou/


ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート再放送情報

毎年恒例のウィーン・フィルのニューイヤーコンサート、ライヴ放送を見逃してしまいました。
そこで、再放送がないか探してみると、ありました、ありました (^^♪

今年の指揮者はイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督であるズービン・メータ。
1990年に始めてニューイヤーコンサートに登場以来、2015年で5回目の登場となります。

再放送は一週間以上も先なので録画予約が出来ない。今度は忘れないようにしよう (^^)

放送日:1月12日(月)午前0:00~ NHK BSプレミアム
放送日:2月01日(日)午前0:30~ NHK Eテレ
番組名:ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2015

曲 目:

第1部
01.「ウィーンの朝・昼・晩」序曲(フランツ・フォン・スッペ)
02. ワルツ「東洋の物語」(ヨハン・シュトラウス)
03. ポルカ「ウィーンの生活」(ヨーゼフ・シュトラウス)
04. ポルカ「人が笑い生きるところ」(エドゥアルト・シュトラウス)
05. ワルツ「オーストリアの村つばめ」(ヨーゼフ・シュトラウス)
06. ポルカ「ドナウのほとりから」(ヨハン・シュトラウス)

第2部
07. 常動曲(ヨハン・シュトラウス)
08. 加速度ワルツ(ヨハン・シュトラウス)
09. 電磁気ポルカ(ヨハン・シュトラウス)
10. ポルカ「蒸気をあげて」(エドゥアルト・シュトラウス)
11. ワルツ「エルベ川にて」(ヨハン・シュトラウス)
12. シャンペン・ギャロップ (ハンス・クリスチャン・ロンビ)
13. 学生ポルカ(ヨハン・シュトラウス)
14. 自由行進曲(ヨハン・シュトラウス(父))
15. アンネン・ポルカ(ヨハン・シュトラウス)
16. ワルツ「酒・女・歌」(ヨハン・シュトラウス)
17. ポルカ「粋に」(エドゥアルト・シュトラウス)

アンコール
  ワルツ「美しく青きドナウ」(ヨハン・シュトラウス)
  ラデツキー行進曲(ヨハン・シュトラウス(父))   ほか



工場直送の新鮮サウンド

昨日のトロンハイム・ソロイスツが演奏するモーツァルトのヴァイオリン協奏曲を収録した
レーベル会社であるノルウェーの『2L』について感じたことを少々書いてみたいと思います。

既に高音質レーベルとして世界でも注目されている『2L』ですが、評判通り、録音ディスクの
優れた透明性は一聴してわかるものでした。しかも楽器が発する繊細な響きも極めて自然に
くっきりとした音像で再現されていました。ディテールの再現性は特筆すべきポイントです。

楽器間の分離度が非常に高く、それでいて音楽的には抜群のバランスが保たれています。
もうこんなディスクに接してしまうと、音楽を聴くことが楽しくて楽しくてしかたがないです。

『2L』のYouTubeチャンネルでは一部、録音風景も見られるものもあり、奏者の配置などが非常に
ユニークであることがわかります。奏者ごとに高さのポジションを変えるなどして、『分離度』
あるいは『明瞭度』、加えて『全体融合』の両面を狙った配置であることが伺えます。
楽曲により奏者やマイクの配置などの探求に余念がないことを同社のWebページが示しています。
TrondheimSolistene01.jpg

さらに『2L』が発売しているディスクは大半がブルーレイ・オーディオとSACD Hybrid盤の2枚組
仕様になっています。対応可能な装置さえあればより高音質で楽しめます。

『2L』のYouTubeチャンネルからお気に入りの2つを貼り付けました。私はPCにUSB-DACを
介して試聴しましたが、YouTubeでありながら「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」と
同等、いえ、それ以上の音質でした。
YouTubeにも高音質配信を惜しまない『2L』に惚れました。



『ハイドン:弦楽四重奏曲第77番ハ長調「皇帝」第3楽章』 - エンゲゴール四重奏団
(品番:2L105SABD) 現在、国内では未発売のようです。



『MAGNIFICAT』 - ニーダロス大聖堂少女合唱団 & トロンハイム・ソロイスツ
(品番:2L106SABD)

現在『2L』のYouTubeチャンネルには17本がUPされています。

発売されたディスクも度々グラミー賞のノミネートに上がっています。
小さなレーベル会社である『2L』にとってはまさに快挙と言えるでしょう。

2007年には『クヌート・ニューステット:合唱のための作品集』(品番:2L29SACD)が
グラミー賞の『最優秀サラウンド音響アルバム』を受賞し、『最優秀合唱パフォーマンス』部門
にもノミネートされました。

2009年には『トロンハイム・ソロイスツ/ディヴェルティメンティ』(品番:2L50SABD)が
グラミー賞の『最優秀スモールアンサンブルパフォーマンス』、『最優秀エンジニアアルバム』、
『ベストサラウンド音響アルバム』の3部門でノミネートされました。

その他、2010年の第52回グラミー賞で『Flute Mystery』(品番:2L58SABD)が、2011年の
第53回では『「民謡の調子で」in folk style』(品番:2L68SABD)がノミネートされました。


同社はまたディスク製作以外にもネット上で高音質配信(有料)を行なっています。
http://www.2l.no/



モーツァルト生誕250周年記念コンサート:シェーナとロンド K.505



チェチーリア・バルトリに少々ハマってしまいました (^^) 、今日もYouTubeから。

2006年1月27日、モーツァルト生誕の日にザルツブルク祝祭大劇場にて行われたモーツァルト生誕
250周年記念コンサートからの一曲。

メゾ・ソプラノのチェチーリア・バルトリが歌うモーツァルトのシェーナとロンド
「どうしてあなたを忘れられましょうか」「恐るるな、愛する人よ」K.505です。

リッカルド・ムーティの指揮でウィーン・フィルと内田光子さんがバックを務めた
絢爛豪華なコンサートです。

内田光子さんのピアノ伴奏もとても素晴らしいです。バルトリの歌を見事に盛り上げていました。
ムーティ指揮の下、三者が微塵の隙間もなく完璧に一つになった素晴らしい演奏に感動しました。



驚愕のメゾ・ソプラノ、チェチーリア・バルトリ



現代最高のメゾ・ソプラノ歌手、イタリア人のチェチーリア・バルトリが歌う、カストラートの
ために書かれたアリア集。
バルトリの自信に満ち溢れた超絶技巧の歌唱が堪能できる超優良YouTubeです。

演奏しているのはイタリアの古楽アンサンブル「イル・ジャルディーノ・アルモニコ」
1985年にルカ・ピアンカとジョヴァンニ・アントニーニによってミラノで結成されました。
指揮をしているのはそのジョヴァンニ・アントニーニです。

バルトリの完璧な音程、音域の広さ、卓越したテクニック、まさに超人的な妙技です。
表現力も本当に素晴らしくて、伴奏のイル・ジャルディーノ・アルモニコと一心同体、
アーティキュレーションも完璧に一致しています。もう感動の一言ですね。
そして、伴奏のイル・ジャルディーノ・アルモニコも抜群に上手い楽団です。凄いです。

収録最後の字幕から収録時期は2009年9月、イタリアのカゼルタ宮殿にて収録されたようです。

この映像はYouTube(ストリーミング方式)の中では最高音質の部類に入るのではないでしょうか。

年末でお忙しい方には38分20秒から始まる曲がお薦め、皆さんご存じのオンブラ・マイ・フです。
超絶技巧の歌唱力を堪能してみて下さい。

カストラートとは:
去勢手術によって変声期前の少年の声変わりを防ぎ、少年の声域を保った歌手のことを指しており
ヨーロッパでいつごろから去勢歌手が存在したかは定かにされていませんが、バロック時代(17~
18世紀)のイタリア・オペラの花形的存在だったと言われています。


R.シュトラウス:アルプス交響曲 / 読響シンフォニックライブ

コルネリウス・マイスター
          <読売日本交響楽団 プログラム誌「月刊オーケストラ」より抜粋>


12月10日(水)深夜の読響シンフォニックライブではR.シュトラウスの
アルプス交響曲が放送されます。

9月3日に東京芸術劇場であった第10回読響メトロポリタン・シリーズを収録したもので
前回11月19日の放送でアリス=紗良・オットさんが登場した同じ演奏会の後半です。
-----------------------------------------------------------------------------------------

放送日:日本テレビ(地上波):12月10日(水)深夜2:44-3:44
放送日:日テレ(BS)     :12月20日(土)朝7:00-8:00

番組名:読響シンフォニックライブ
     
曲 目:R.シュトラウス:アルプス交響曲 作品64
指 揮:コルネリウス・マイスター
演 奏:読売日本交響楽団
司 会:松井咲子(AKB48)
会 場:2014年9月3日 東京芸術劇場


火曜ナイトパーク:読売日本交響楽団の10月大阪公演が放送されます

読響大阪公演

11月26日(水)深夜に読売テレビにて10月28日のザ・シンフォニーホールでの
読売日本交響楽団の大阪定期演奏会の模様が放送されます。

未だ見たことのない番組なのですが、クラシック音楽専用番組ではないみたい。
そのためか、「新世界から」が第2楽章のみになったりしています。
まあ、せっかく見付けたので予約だけはしておきます。


放送日:読売テレビ(地上波):11月26日(水)深夜2:09-3:39

番組名:火曜ナイトパーク「読響・大阪定期演奏会[SS]/あすリート/関西蹴球」
     
曲 目:1. スメタナ:歌劇「売られた花嫁」序曲
    2. モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467
    3. ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 作品95「新世界から」第2楽章
指 揮:ラドミル・エリシュカ
演 奏:河村尚子(ピアノ)、読売日本交響楽団
会 場:2014年10月28日 ザ・シンフォニーホール


図書館の有効利用「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」

ナクソス_1

大阪市立図書館では利用者サービスの一環として2014年1月5日より音楽配信サービスに
「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」を導入しています。
図書館利用者は自宅のパソコンでクラシック、ジャズ、民族音楽など110万曲以上の音楽を
無料で聴くことが出来るのです。個人契約だと月額1,850円(税別)必要なので有り難いですね。

幸運なことに吹田市民の私も利用が可能なことが分かりました。大阪市と周辺の13の市は
「図書館の相互利用に関する協定」を締結しており、互いの図書館を利用出来るのです。

と言うわけで、早速、大阪市立図書館へ行って参りました。協定通り吹田市民でも簡単に
図書カードとパスワードを発行してもらえました。

大阪市立図書館ホームページのナクソス・ミュージック・ライブラリー専用入口から利用
カード番号とパスワードを入力して直ちに利用することが出来ました。

この「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」はYouTubeのようなストリーミング方式で
データ転送を受けながら再生するので、楽曲をダウンロードして保存することは出来ません。

また、個人契約と比べると3つの制限がありました。
1)プレイリスト(お気に入り登録)が利用できない。
  そのため、膨大な数の曲の中から、曲を聴くときは必ず検索をする必要がある。

2)スマートフォンやタブレットでは利用できない。
  パソコンのブラウザでのみ利用可能と言うことですね。

3)プレーヤー部のリピート機能・シャッフル機能は使えない。
  まあ、クラシック音楽ではあまり必要のない機能だとは思いますが。

早速、パソコンからUSB DAC経由で何曲か試聴してみました。
ナクソス_2

楽曲は『 AAC+ 』形式でエンコードされ、ビットレートが128kbpsでの配信と言うが実用には
全く支障なし。と言うかこれほどの高音質なら利用価値は大いにある。
パソコンに接続したUSB DACが音質のグレードUPに一役買ったのも確かだが想像以上の
音質だった。

クラシック音楽が気軽に高音質で聴ける環境がまた一つ増えました (*^_^*)
すごく良いサービスなので、皆さんも地元の図書館で使用可能か確認して見られては。


BSプレミアムシアター / アルゲリッチ、バレンボイム、メータ、MIDORI

プレミアムシアター五嶋みどり
                                http://www.nhk.or.jp/classic/index.htmlより転記

豪華な出演者による演奏会の放送がNHKBSプレミアム「プレミアムシアター」であります。

1つ目は
マルタ・アルゲリッチとダニエル・バレンボイム によるピアノ・デュオ・コンサート。
アルゲリッチと、指揮者としても活動を広げるバレンボイム。アルゼンチン出身の2大ピアニスト
が共演した、ベルリンでのデュオ・コンサート。2台のピアノによる「春の祭典」が楽しみだ。


2つ目は
五嶋みどりとズービン・メータによるブラームスのバイオリン協奏曲。
11月3日に放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」では、ひたむきに音楽と向き合い続ける
五嶋さんの姿を見て感動。今回はその演奏が主役、フルスケールで味わうことができる。


番組名:NHK BSプレミアム「プレミアムシアター」
放送日:11月17日(月)【11月16日(日)深夜 】午前0時00分~3時25分

-------------------------------------------------------------------------------------
曲 目:1. 2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448(モーツァルト)
    2. 創作主題による8つの変奏曲 変イ長調 作品813(シューベルト)
    3. 春の祭典(2台のピアノ版)(ストラヴィンスキー)
演 奏:マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)、ダニエル・バレンボイム(ピアノ)
収 録:2014年4月19日 フィルハーモニー(ベルリン)

-------------------------------------------------------------------------------------
曲 目:1. 悲劇的序曲 作品81(ブラームス)
    2. 交響曲「画家マチス」(ヒンデミット)
    3. バイオリン協奏曲 ニ長調 作品77(ブラームス)
指 揮:ズービン・メータ
演 奏:五嶋みどり(バイオリン)、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
収 録:2013年2月 ミュンヘン・フィルハーモニー(ドイツ)

-------------------------------------------------------------------------------------


ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 / アリス=紗良・オット & 読響

アリス_4
         <読売日本交響楽団 プログラム誌「月刊オーケストラ」より抜粋>



少し気の早い情報ですが、11月19日(水)放送の読響シンフォニックライブでは
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番が放送されます。

9月3日に東京芸術劇場であった第10回読響メトロポリタン・シリーズを収録したもので
ピアノ独奏には、アリス=紗良・オットさんが登場します。

アリスさんの映像はYouTubeでしか見たことがないので放送がとても楽しみです。


放送日:日本テレビ(地上波):11月19日(水)深夜2:29-3:29
放送日:日テレ(BS)     :11月29日(土)朝7:00-8:00

番組名:読響シンフォニックライブ
     
曲 目:ベートーヴェン
     1. ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
     2. エリーゼのために

指 揮:コルネリウス・マイスター
演 奏:アリス=紗良・オット(ピアノ)、読売日本交響楽団

司 会:松井咲子(AKB48)
会 場:2014年9月3日 東京芸術劇場


11月3日「プロフェッショナル 仕事の流儀」 に五嶋みどりさん登場!

五嶋みどり
NHKクラシックWebページより

さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げる
ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に
日本を代表するヴァイオリニスト・五嶋みどりさんが登場します。

番 組 名:「プロフェッショナル 仕事の流儀」ヴァイオリニスト・五嶋みどり

放 送 日:NHK総合2014年11月3日(月・祝)午後10:00~10:48

番組内容:クラシック界の最高峰を走り続けるバイオリニスト・五嶋みどりが登場。
     11歳での衝撃的な全米デビューから30年、圧倒的な技術と表現力で
     人々を魅了し続ける音色の秘密に迫る。
     コンサート本番直前に行われる秘密の練習から五嶋の知られざる教授
     としての姿など、日本とアメリカでの1年にわたる記録。
     この秋、五嶋は念願のコンサートを独自にプロデュース。
     本物の音楽とは何か、ひたむきに音楽と向き合い続ける五嶋に密着した。




エンター・ザ・ミュージック

e507077f7afff4c6899e38e50852.jpg

関西フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者の藤岡幸夫と関西フィルがレギュラー出演する
新しい音楽番組「エンター・ザ・ミュージック」が10月7日より、BSジャパンで始まりました。

毎回ゲストを招いて、藤岡幸夫と「音楽は世界を豊かにする!」のコンセプトを元に、
音楽のジャンルを越えトークや演奏に挑戦し、藤岡と関西フィルハーモニー管弦楽団の
演奏をまじえながら、音楽の新たな魅力を探ろうという番組。

第2回の放送を見ましたが、ゲストの須川展也さん(サクソフォン奏者)が演奏するカッチーニの
アヴェ・マリアの演奏が見事でした、素晴らしかったです。

番組名:BSジャパン(7ch)『エンター・ザ・ミュージック』
放送日:毎週火曜日23:00~23:30
出演者:指揮/司会  :藤岡幸夫(関西フィル首席指揮者)
    オーケストラ:関西フィルハーモニー管弦楽団
    アシスタント:繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)


次回(第4回)放送は2014年10月28日(火)23:00~23:30
副題:コンサートマスターの熱い思い


NHK-FMでフランス・ブリュッヘンの特集があります。

今年8月13日に逝去したフランス・ブリュッヘンを偲んで、NHK-FMで特集が組まれました。

フランス・ブリュッヘン/18世紀オーケストラにはハイドンやモーツアルトの交響曲CDで
幾度も楽しませてもらいました。私にとっては衝撃的なサウンドでした。
ベートーベンの『英雄』は未聴だったので今回の放送は大変楽しみです。

番組名:名演奏ライブラリー『古楽界の名匠フランス・ブリュッヘンをしのんで』
放送日:NHK-FM 11月2日(日)午前 9:00~11:00
曲 目:
   1. イギリスのナイチンゲール(ファン・エイク作曲)
     フランス・ブリュッヘン(ソプラノ・リコーダー)

   2. “忠実な音楽の師”から ソナタ ヘ長調(テレマン作曲)
     フランス・ブリュッヘン(リコーダー)
     アネル・ビルスマ(チェロ)
     グスタフ・レオンハルト(チェンバロ)

   3. 交響曲 第100番 ト長調“軍隊”(ハイドン作曲)
     フランス・ブリュッヘン指揮、18世紀オーケストラ

   4. 管弦楽組曲 第1番 ハ長調 BWV1066」(バッハ作曲)
     フランス・ブリュッヘン指揮、エイジ・オブ・インライトゥンメント管弦楽団

   5. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55“英雄”」(ベートーベン作曲)
     フランス・ブリュッヘン指揮、18世紀オーケストラ

   6. カンタータ第107番“汝、なにを悲しまんとするや”から
     コラール“主よ許したまえ、我なんじの御栄えをば”(バッハ作曲)
     フランス・ブリュッヘン指揮、18世紀オーケストラ



ヴェルディ:レクイエム / 読響シンフォニックライブ

10月25日放送の読響シンフォニックライブは読響第538回定期演奏会で行われた

ヴェルディのレクイエムです。

この曲はモーツァルト、フォーレの作品とともに「三大レクイエム」の一つとして
人気があります。

地上波での放送は終了してしまいましたが、BS放送では今週の土曜日に放送されます。


放送日:BS日テレ 10月25日(土) 午前7:00-8:00


放送内容:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/housou.html

     
曲目:ヴェルディ作曲:レクイエム (抜粋)

指揮:パオロ・カリニャーニ
演奏:並河寿美(ソプラノ)、清水華澄(メゾ・ソプラノ)、岡田尚之(テノール)、妻屋秀和(バス)
   新国立劇場合唱団、読売日本交響楽団

司会:松井咲子(AKB48)
会場:2014年6月12日 サントリーホール


マーラー:交響曲 第5番 / ズービン・メータ&イスラエル・フィル

NHK音楽祭
NHKオンラインWebページより転記


現在、NHK音楽祭2014が開催中ですが、10月29日にNHKホールで行われる
ズービン・メータ指揮、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団演奏会
の模様が10月31日にNHK-FMで放送される予定です。


番組名:巨匠メータによるマーラー絶頂期の傑作!
    ( 通常は「ベストオブクラシック」が放送される時間帯です。)

放送日:NHK-FM 10月31日(金)午後7:30~9:20

曲 目:シューベルト:交響曲 第6番 ハ長調 D.589
    マーラー  :交響曲 第5番 嬰ハ短調

指 揮:ズービン・メータ
演 奏:イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団


なお、後日「クラシック音楽館」でTV放映されます。

放送日:Eテレ 11月16日(日)午後9:00~11:00


幻想交響曲 / 小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ

サイトウ・キネン・オーケストラ_1
サイトウ・キネン・フェスティバル松本 公式Webサイトより転記


今年は齋藤秀雄氏没後40年、サイトウ・キネン・オーケストラ30周年の記念すべき年。
その演奏会がNHK BSプレミアム「プレミアムシアター」で放送されます。

以下、NHK ONLINE Webサイトより転記
--------------------------------------------------------------------------------------
指揮者・小澤征爾が総監督をつとめる日本で有数の音楽祭サイトウ・キネン・フェステイバル
松本。今年は、小澤自身の指揮による渾身の1曲、ベルリオーズの「幻想交響曲」と、国際的
にもっとも活躍している指揮者のひとり、ファビオ・ルイージを迎えての新演出オペラ
「ファルスタッフ」をお送りします。
また、番組冒頭では、小澤征爾と音楽評論家ピーター・バラカンによる対談も放送。
クラシック界のマエストロとジャズ、ロックなどの評論で知られるジャーナリストとの、
ジャンルを超えたトークも必見です。
--------------------------------------------------------------------------------------

放 送 日:10月13日(月)【 10月12日(日)深夜午前0時20分~4時 】

番 組 名:NHK BSプレミアム「プレミアムシアター」

番組内容:サイトウ・キネン・フェスティバル松本2014

曲  目:1) ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14
曲  目:2) ヴェルディ:歌劇「ファルスタッフ」

指  揮:1) 小澤征爾
指  揮:2) ファビオ・ルイージ

演  奏:1) サイトウ・キネン・オーケストラ
演  奏:2) サイトウ・キネン・オーケストラ、SKF松本合唱団、クイン・ケルシー(Br)、他

収  録:1) 2014年8月29日 キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)
収  録:2) 2014年8月20・22日 まつもと市民芸術館



BSプレミアムクラシック倶楽部にミッシャ・マイスキー(チェロ)登場

宮崎国際音楽祭ロゴマーク
宮崎国際音楽祭ロゴマーク


2013年の4月29日~5月18日に行われた第18回 宮崎国際音楽祭の模様が再放送されます。
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチとグレゴール・ピアティゴルスキーの両巨匠に師事した、
世界でただ一人のチェリスト、ミッシャ・マイスキーが登場します。


番組名:クラシック倶楽部 2013宮崎国際音楽祭 ミッシャ・マイスキー 協奏曲の夕べ

放送日:NHK BSプレミアム 10月29日(水) 午前6時00分~6時55分

曲 目:
チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」よりレンスキーの"青春の日は遠く過ぎ去り"
チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 イ長調 作品33
サン・サーンス :チェロ協奏曲 第1番 イ短調 作品33
バッハ     :無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007から「前奏曲」

指 揮:広上淳一

演 奏:ミッシャ・マイスキー(チェロ)、宮崎国際音楽祭管弦楽団

収 録:2013年5月14日 メディキット県民文化センター アイザックスターンホール


映画 『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』

マルタ・アルゲリッチの3女であるステファニー・アルゲリッチが監督した
映画 『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』 がいよいよ10月4日(土)から順次全国で公開されます。
巨匠マルタ・アルゲリッチの人生と内面を描いたドキュメント映画です。
映画アルゲリッチ
映画『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』オフィシャルサイトより転記

上映館は少ないのですが、何としても観たいですね。
オフィシャルサイトの「劇場情報」に詳しい上映館と公開日程が出ています。


フォーレ:レクイエム / 読響シンフォニックライブ / 森 麻季

9月24日放送の読響シンフォニックライブに森 麻季さんが登場します。

曲目はフォーレのレクイエムです。

放送日:
 1. NTV 日本テレビ(地上波): 9月24日(水)深夜2:29-3:29
 2. BS日テレ(BS)     :10月04日(土)朝 7:00-8:00

放送内容:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/housou.html
 1.フォーレ作曲
  レクイエム 作品48
 2.大木惇夫作詩 佐藤眞作曲
  合唱とオーケストラのためのカンタータ「土の歌」から 第7楽章:大地讃頌

指揮:石川星太郎
演奏:森 麻季(ソプラノ)、堀内康雄(バリトン)、新国立劇場合唱団、読売日本交響楽団
司会:松井咲子(AKB48)
会場:2014年7月24日 新宿文化センター


NHK FM 「生誕100年 伊福部昭の偉業」

2014年に生誕100年を迎えた作曲家、伊福部昭さん。
戦前にフランスの作曲コンクールで第1位を獲得して注目を集め、「ゴジラ」をはじめとする数多くの映画音楽を手がけるとともに、日本の文化に根ざした独自の作品を発表し続けました。

番組では、今年各地で行われた生誕100年を祝うコンサートの模様を始め、NHKの貴重なアーカイブス音源やスタジオ・ライブを交えながら、伊福部さんの代表作を紹介しその生涯をたどります。
どうぞお楽しみに!

上記の文章はNHK ONLINE「NHKクラシック」内のトピックスより転記いたしました。
http://www.nhk.or.jp/classic-blog/

放 送 日:9月5日(金)午後2:00-6:00
放 送 局:NHK FM

曲目:
○「日本狂詩曲」(2014年5月30日・31日のライブから)
  指 揮:高関 健
  演 奏:札幌交響楽団
  収 録:札幌コンサートホールKitara

○「ギリヤーク族の古き吟誦歌」(1958年放送NHKアーカイブスから)
  アルト:内田るり子
  ピアノ:大島正泰

○「バロックリュートのためのファンタジア」(スタジオ・ライブ)
  編曲・ギター:鈴木大介

○「交響頌偈 " 釈迦 " 」(2014年5月31日のライブから)
  指 揮:大植英次
  演 奏:東京交響楽団、東響コーラス
  収 録:ミューザ川崎シンフォニーホール

  ほか

曲目の詳細はこちらです。


伊福部昭さんの作品をたっぷり楽しみましょう(^^)


にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
まいどおおきに(^^)

民放のクラシック音楽番組を見つけました。

読響シンフォニックライブ 
日テレWebサイトより転記

民放でクラシック音楽が楽しめるテレビ放送とWebサイトを見つけましたのでご紹介いたします。

日本テレビでは読売日本交響楽団のコンサートの模様を毎月1回第3水曜日に放送しています。再放送はBS日テレで9日遅れの土曜日に放送されます。特番が入ったりすると変更になる場合があるようです。

8月の放送は下記の通りです。
1.日本テレビ(地上波):8月20日(水)深夜2:29-3:29
2.BS日テレ(BS)   :8月30日(土)朝7:00-8:00

番 組 名:読響シンフォニックライブ
放 送 日:8月30日(土)朝7:00-8:00
放 送 局:BS日テレ

放送内容:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/housou.html
1. プロコフィエフ作曲:
  ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 作品63
2. R.シュトラウス作曲:
  交響詩<ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら>作品28
3. ヴィヴァルディ作曲(編曲:大橋晃一):
  ピッコロ協奏曲 ハ長調 RV.443から第3楽章

  指揮:ワシリー・シナイスキー
  演奏:ワディム・グルズマン(ヴァイオリン)、読売日本交響楽団
  司会:松井咲子(AKB48)

地上波では放送日が過ぎてしまいましたがBS放送ではまだ間に合います。


また、日本テレビの日テレオンデマンドと言うWebサイトでは読売日本交響楽団の動画が無料で観れます。これまで日本テレビが収録してきた名演・熱演の中から選りすぐりのものをアップしており、これは中々、楽しめますよ(^^)
読響シンフォニックライブ ノーカット演奏活動 動画集

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
まいどおおきに(^^)

NHK Eテレ クラシック音楽館に山田和樹氏が登場

山田和樹 
「NHKクラシック」より抜粋転記

NHK Eテレ クラシック音楽館の8月24日(日)午後9時からの放送に
山田和樹指揮 スイス・ロマンド管弦楽団が登場します。
今年7月8日のサントリーホールでの来日公演の模様が放送されます。

曲目は以下の通りです。
1. Rare Gravity(藤倉大作曲)世界初演
2. バイオリン協奏曲 二長調 作品35(チャイコフスキー作曲)
3. 幻想交響曲 作品14(ベルリオーズ作曲)

指揮:山田和樹
演奏:スイス・ロマンド管弦楽団
演奏:樫本大進(バイオリン)(2曲目)
収録:2014年7月8日 サントリーホール

樫本大進さんは2010年からベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で第一コンサートマスターを務めておられます。
チャイコフスキーのバイオリン協奏曲をどんな風に演奏されるのかとても楽しみです。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
まいどおおきに(^^)

ロリン・マゼールの特別番組があります。

7月13日に亡くなられた世界的指揮者のロリン・マゼールさんを偲んで、
NHKでは特別編成の番組が放送されます。

本日(7/27)の深夜に放送されます!!!

プレミアムシアター
「指揮者ロリン・マゼールをしのんで ~N響を指揮したマゼール~」

放送:BSプレミアム 7月28日(月)午前2:10~(27日 日曜深夜)

1. 交響曲第38番ニ長調K.504「プラハ」(モーツァルト)
2. ボレロ(ラヴェル)
  N響 第1738回定期公演(2012年10月24日 サントリーホール)

3. 法悦の詩(スクリャービン)
  N響 第1736回定期公演(2012年10月13日 NHKホール)

4. 交響曲第4番ヘ短調作品36(チャイコフスキー)
5. 歌劇「ルスランとリュドミーラ」序曲(グリンカ)
 NHK音楽祭2012(2012年10月29日 NHKホール)

なお、「プレミアムシアター」としては0:30~始まります。
前半はウィーン・フィルのシェーンブルン夏の夜のコンサート2014が放送されます。
(00:30~02:09)

------------------------------------------------------------
2つ目は「名演奏ライブラリー」です。

「名指揮者ロリン・マゼールをしのんで」

放送日:NHK-FM 8月10日(日)午前9:00~11:00

内容:音楽評論家・諸石幸生の解説でマゼールの名盤CDを紹介し、
   名指揮者の軌跡を振り返ります。

曲目:

「交響詩“ローマの松”」 レスピーギ作曲
(20分29秒)
(指揮)ロリン・マゼール
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
<DG UCCG90371>

「交響詩“ドン・フアン”」 リヒャルト・シュトラウス作曲
(17分33秒)
(指揮)ロリン・マゼール
(管弦楽)バイエルン放送交響楽団
<BMG BVCC707>

「ボレロ」 ラヴェル作曲
(14分41秒)
(指揮)ロリン・マゼール
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
<BMG BVCC1511>

「楽劇“神々のたそがれ”第3幕から フィナーレ
“ラインの岸にたきぎの山を積みあげよ”」ワーグナー作曲
(20分06秒)
(指揮)ロリン・マゼール
ヌリュンヒルデ…(メゾソプラノ)ワルトラウト・マイアー
(管弦楽)バイエルン放送交響楽団
<BMG BVCC34058~9>

「冗談ポルカ 作品72」 ヨハン・シュトラウス(父)作曲
(2分52秒)
(バイオリン、指揮)ロリン・マゼール
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
<BMG BVCC34012>

「パガニーニ風ワルツ 作品11」
ヨハン・シュトラウス(父)作曲
(6分05秒)
(バイオリン、指揮)ロリン・マゼール
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
<BMG BVCC34012>

「交響曲 第3番 ニ短調から 第6楽章」 マーラー作曲
(29分51秒)
(指揮)ロリン・マゼール
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
<SONY CSCR8123~26>

まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

NHK-FM 名演奏ライブラリーにフェドセーエフ氏が登場!

名演奏ライブラリーにモスクワ放送交響楽団の音楽監督「ウラディーミル・フェドセーエフ」氏が登場します。

放送日時などは以下の通りです。
-------------------------------------------------------------------------------
番組名:NHK-FM 名演奏ライブラリー
副題:現代ロシアのカリスマ指揮者 フェドセーエフ

放送日時:7月6日(日)午前9時~11時

毎週日曜日の朝に放送されるNHK-FM「名演奏ライブラリー」は
音楽評論家の諸石幸生さんが放送に使う録音盤を厳選、その回ごとに
一人のアーティストに焦点をあてて放送しています。

今回登場するのは現在モスクワ放送交響楽団の音楽監督・首席指揮者を務める
ウラディーミル・フェドセーエフ氏(81歳)です。

チャイコフスキーやショスタコーヴィチにおける演奏には定評があり
手兵モスクワ放響との名演が楽しみです。


放送曲目:
1) ボロディン作曲
「歌劇“イーゴリ公”から“ダッタン人の踊り”」
(11分10秒)

2) ショスタコーヴィチ作曲
「交響曲 第9番 変ホ長調 作品70」
(26分40秒)

3) チャイコフスキー作曲
「バレエ組曲“くるみ割り人形”作品71a」
(23分02秒)

4) チャイコフスキー作曲
「交響曲 第6番 ロ短調 作品74“悲愴”」
(45分05秒)
チャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」

5) スヴィリドフ作曲
「映画“吹雪”から“ワルツ”」
(2分16秒)

6) チャイコフスキー作曲
「バレエ“白鳥の湖”から“スペインの踊り”」
(2分26秒)



まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー