舘野泉/アイノラのシベリウス

舘野泉/アイノラのシベリウス
舘野泉シベリウス

収録曲:シベリウス作曲
    ・5つのスケッチ op.114
    ・樹の組曲 op.75
    ・花の組曲 op.85
    ・3つのソナチネ op.67
    ・5つのロマンティックな小品 op.101
    ・5つの性格的小品 op.103

演奏:舘野泉(ピアノ)
録音:1994年6月4日~5日 フィンランド、ヤルヴェンパー、シベリウスのアイノラ山荘
   シベリウス所蔵によるピアノを使用
レーベル:PONY CANYON
規格品番:PCCL-00243
発売日:1994年10月21日
フォーマット:CD

作曲家シベリウスが後半生を送ったフィンランドのアイノラ山荘にあり、
彼自身が愛奏した所属のピアノによる世界初録音。

長年フィンランドの音楽に貢献してきた舘野泉のためにアイノラ財団が
特別にレコーディングを許可したもので、まさに歴史的な公開となります。

1915年製のスタインウエイで大切に保存されていたため状態も良く、
シベリウスの音楽のイメージがこのピアノから豊かに伝わってきます。
(CD帯の記載文より転記)



柔らかな音色にうっとり。シベリウスを愛してやまない舘野さんの
心のこもった美しい演奏です。
こんなことを言ったら叱られるかも知れないが、気品あるバックグラウンド
ミュージックとして食事をしながら聞くのもありと思う。きっと奥様の手料理が
ワンランクUPしますよ。(*^_^*)

2007年9月にSA-CD(スーパーオーディオCD)となって再登場したが
現在では入手困難な状況になっている。

花壇のある風景(10)

昨日の続きで蓮池を訪れました。
花壇のある風景(10)市場池公園1 花壇のある風景(10)市場池公園7 花壇のある風景(10)市場池公園4 花壇のある風景(10)市場池公園3

蓮の花の命は4日間だそうです。

4日目の昼にはすべての花弁が散ってしまうのです。

それ故、このように気高く清らかな姿をしているのでしょうか。

散り際のなんと潔いこと。

素人カメラマンとしょぼいデジカメで撮った写真では

蓮の美しさは到底伝えきれません。お許しください。

フラッシュモブオーケストラをご存じ?

皆さん、フラッシュモブオーケストラをご存知ですか。

言葉にするより、一度、見て下さるとお分かりになりますので

何も記しません。もう、本当に感動ものです。





この他にも感動するものが沢山ありますよ。

YouTubeの検索窓に「フラッシュモブオーケストラ」と入力すれば色々鑑賞できますので是非。(^_^)

花壇のある風景(9)

蓮の花1

自宅から自転車で10分とかからない所で蓮池を見つけました。

ここへ来るのは十数年ぶりか。あれからずいぶんと整備されたものだ。

小さな子供やお年寄りの憩いの場として、とても落ち着いた公園になっていた。

この蓮池も公園内に十分な面積を与えられ、まるでここの主のようだ。

今日は訪れたのが夕方だったので花が閉じていて残念。

開花時間を狙って再チャレンジ決定 (^_^)

ネスカフェ エクセラ フローズンクレマ マシンが当たりました

ネスレ
ネスレアミューズ(http://nestle.jp/)のホームページから

ネスカフェ "ひやふわっ"体験プレゼントキャンペーンに応募して当選しました。(*^_^*)

7月中旬に商品が届いたのでこれからの暑い日に使えそうです。

ネスレ1
このマシンでフローズン(凍った泡)を作りアイスコーヒーに浮かべたり、

そのままデザートとして味わうというもので、実際に使って見ましたが、

自分の好みの味や硬さに仕上げるには何回か練習が必要です。

マシンのサイズの割には二人分しか出来ないので、沢山ほしい時は、

少々手間がかかりますね。

ネスレには悪いが、果物の果汁を中心にした夏バテ防止レシピで自分なりに

楽しみたいと思う。今、ちょうどAmazonで買った沖縄産のシークワーサー100%果汁

があるので試して見よう。 (^_^)

花壇のある風景(8)

千里丘図書館近く1 千里丘図書館近く2 千里丘図書館近く3
写真をクリックして頂くと大きな画面でご覧になれます。

図書館への通い道をきょうは少し変えて見ました。
その理由は花壇を探す為です。

日頃は車の多い道を避けて通っていますが
花壇探しの為にはそうも言っておれません。

コース変更の甲斐あって、とても良い花壇にめぐり会えました。

写真を撮り終えて道を少し進んでから、どこのマンションだったかな、と

振り返ったら○○株式会社の玄関横の花壇でした。失礼しました。(-_-;)

会社の人に出会わなくて、不審者に間違われずに済んだ。ホッ。

お昼頃の吹田市内は小雨が降ったり止んだりで草花もしっとりとしていました。

携帯電話にしては良い写真が撮れました。

秘かにこの場所は「注目ポイント」とチェックを入れました。

ベートーヴェン交響曲第6番&第2番

田園

ベートーヴェン:交響曲第6番『田園』&第2番

演奏:パーヴォ・ヤルヴィ指揮 ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン

録音:2007年12月15日~17日(第6番)、2007年12月18日~20日(第2番)
   ベルリン、フンクハウス・ケーペニック(旧スコアリング・ステージ)

レーベル:RCA Red Seal
規格品番:BVCC-34178
発売日:2009年4月22日
フォーマット:SACD(ハイブリッド)


「運命」に続いて、パーヴォ・ヤルヴィ指揮、ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンに
よるベートーヴェンの交響曲第6番「田園」を聴きました。

うん、やっぱり、パーヴォ・ヤルヴィとドイツ・カンマーフィルの「田園」も良いですね。
これまで聴いた他楽団の演奏では聴こえなかった音がけっこう聞える。

ええっ、こんなところでホルンはこんなの吹いてたんだ、とか、この旋律はビオラの音?とか。
全体的にオケの透明度、明瞭度、と言うのか、それが非常に良いと感じる。

SACD(スーパーオーディオCD)のお蔭だけではないと思う。それに私は普通のCDモードで
聴いているし。(-_-;)

オケの編成が弦は8-7-5-5-3という小編成で対向配置(第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが
両翼に配置される)であることも一理あるのかなぁ。これまで自分の中では無かった音が聞えた
ことに、今、単純にすごく感動しています。

ベルリン・フィルの名手たち

超絶技巧の饗宴~ベルリン・フィルの名手たち
ベルリン・フィルの名手

今日は、ベルリン・フィルの首席奏者たちを中心とした小アンサンブルによる室内楽集で、

1982年のベルリン・フィル創立100周年記念の一環として製作されたアンサンブル・

レコーディング集を聴きました。

録音されたのが1980年~1981年と記されているのでカラヤン率いるベルリン・フィル時代の

メンバーによる演奏と言うことになります。

タワーレコードのヴィンテージ・コレクションとして発売されたCD(4枚組)です。

主な演奏者

1)金管アンサンブル
2)ベルリン・フィル12人のチェリストたち
3)ホルン・アンサンブル、他


まだ、金管アンサンブルとホルン・アンサンブルしか聴いておりませんが、さすがに

超一流のベルリン・フィルのメンバーだけあって、研ぎ澄まされた美しさと一糸乱れぬ

アンサンブルです。 金管アンサンブルに取り組んでいる方たちには最強のお手本に

なることは間違いないと思います。


レーベル:TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION
規格品番:PROC-1112
発売日:2011年3月4日
フォーマット:CD
構成数:4枚

交響曲 第9番「新世界より」

新世界

私がクラシック音楽に興味をもった決定的な曲がドヴォルザークの

交響曲 第9番「新世界より」でした。

中学1年の時、学校のレコードコンサートに、友人に誘われて行ったのが、

「新世界」との出会いでした。

第2楽章のイングリッシュホルンが奏でる哀愁深い音色と旋律、

第4楽章のトランペットが主導する力強い旋律は、自分の体の中に

力強い何かを宿したような感覚でした。躍動感みなぎる演奏に

とても興奮していたのを今でも覚えています。

もちろん、最初に買ったレコードは忘れもしないカラヤン指揮

ベルリン・フィルの「新世界」でした。

その後、「新世界」は4種類を保有するようになるのですが、

やっぱり私の一番のお気に入りはカラヤン盤なのです。

他の3枚はカラヤンを何度も聴いてから購入しているせいか

変化球が多いように感じてしまうのです。(もちろん、3枚それぞれの

変化球には気に入ったところもありますよ。)(*^_^*)

金管アンサンブル「メトロポリタン」

8月9日発売 金管アンサンブル「メトロポリタン」 海上自衛隊東京音楽隊
メトロポリタン

8/28発売の『祈り~未来への歌声』に引き続き、海上自衛隊東京音楽隊の新譜紹介です。

このCDのレーベルであるブレーン・ミュージックの商品紹介を転記いたしました。

バラエティー豊かな、新作金管アンサンブル作品集!

大人気のアンサンブルコレクションの第23弾は5タイトル目となる金管アンサンブル作品集。

今回は金管5重奏・8重奏のバラエティー豊かな新譜(2012年/2013年)を海上自衛隊東京音楽隊の
メンバーが演奏しています。

ルネサンス期の音楽からは、大人気の「テルプシコーレ舞曲集」の第2弾となる
《テルプシコーレ舞曲集II》(佐藤正人編)と《ルネサンス舞曲集》(小野寺真編)が新たに登場。
今年のアンサンブルコンテスト選曲の注目の作品となることでしょう。

またアレンジ作品として《ガーシュイン・イン・ブラス!!2》(黒川圭一編)も収録。
誰もが知るガーシュイン・メロディーが数多く登場します。

金管8重奏のオリジナル作品も多く収録しています。
高橋宏樹《航海日誌》は曲中に民族楽器や打楽器が持ち替えで登場し、
物語のように旅の情景を描いています。

福島弘和《金管八重奏の為のファンファーレ》は中学生でも演奏できる親しみやすい新作。

田村修平《ロゴスの闘争-想いの先へ-》は鋭いリズムと金管の持つ力強さが生かされた作品です。

金管5重奏のレパートリーも3作品収録。
既に金管8重奏でも人気の坂井貴祐《3つの情景》は原典版の5重奏版として初収録。
福田洋介《OASIS(オアシス)》はアフリカのポリリズムとテクノを組み合わせた斬新な曲調。
フリューゲルホルンをフィーチャーした酒井格《コン・マリンコニーア》は、ソロの豊かな音色を
最大限に生かしたバラードです。

CDの最後を飾る高橋伸哉《メトロポリタン》は2012度のアンサンブルコンテスト全国大会で
川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団が演奏し、見事金賞を受賞した作品。
一つ上の大会を目指す金管アンサンブル団体にお奨めです。

[1]8重奏 航海日誌/高橋宏樹
[2]-[4]5重奏 3つの情景/坂井貴祐
[5]8重奏 テレプシコーレ舞曲集II/プレトリウス(編曲:佐藤正人)
[6]5重奏 OASIS(オアシス)/福田洋介
[7]5重奏 コン・マリンコニーア Op.119/酒井 格
[8]8重奏 金管八重奏の為のファンファーレ/福島弘和
[9]8重奏 ロゴスの闘争 -想いの先へ-/田村修平
[10]8重奏 ガーシュイン・イン・ブラス!!2/ガーシュイン(編曲:黒川圭一)
[11]-[14]8重奏 ルネサンス舞曲集/ジェルヴェーズ, アテニャン(編曲:小野寺 真)
[15]8重奏 メトロポリタン/高橋伸哉

販売日:2013/08/09 1枚組
商品番号:BOCD-8403
レーベル:ブレーン・ミュージック

パガニーニのカプリース (全24曲)

ごとうみどり 写真をクリックすると拡大します。

パガニーニのカプリース (全24曲)

第1番ホ長調 アンダンテ
第2番ロ短調 モデラート
第3番ホ短調 ソステヌート ; プレスト
第4番変ホ長調 マエストーソ
第5番イ短調 アジタート
第6番ト短調 (アダージョ)
第7番イ長調
第8番変ホ長調 マエストーソ
第9番ホ長調 『狩猟』アレグレット
第10番ト短調 ヴィヴァーチェ
第11番ハ長調 アンダンテ ; プレスト
第12番変イ長調 アレグロ
第13番ト短調 『悪魔の笑い』アレグロ
第14番変ホ長調 モデラート
第15番ト長調 ポサート
第16番ト短調 プレスト
第17番変ホ長調 ソステヌート - アンダンテ
第18番ハ長調 コレンテ ; アレグロ
第19番変ホ長調 レント - アレグロ・アッサイ
第20番ニ長調 アレグレット
第21番イ長調 アモローソ - プレスト
第22番ヘ長調 マルカート
第23番変ホ長調 ポサート
第24番イ短調 クワジ・プレスト

演奏:五嶋みどり(Vn)
録音:1988年12月19日~23日
ニューヨーク州ブロンクスビル
コンコルディア大学
ゾマー・センター礼拝堂


きょうの音楽視聴記はパガニーニの24のカプリースです。

パガニーニの難曲を、1988年(録音時)当時最高のヴァイオリニストのひとり

として人気を博していた17歳の五嶋みどりがレコーディングに挑んだ

話題のアルバムです。

演奏至難な作品と言われるソロ・ヴァイオリンのためのこの曲を、

完璧な技巧で実に艶やかな音色で奏でています。

録音からすでに四半世紀が経っていますが、現在においても、

この曲のベスト録音に位置する永遠の名盤ではないでしょうか。

第24番は特に有名ですが全曲素晴らしいです。

ヴァイオリン独奏はどうも苦手、とおっしゃる方にお薦めです。

2012年12月05日、Blu-spec CDという高音質CDになって再登場しました。

私の所有しているCDは1994年頃、中国出張中に偶然見つけて買った為、

ブックレットが英語とドイツ語です。今でも全く読めないままですが(-_-;)、

何回聴いても新鮮な気持ちで楽しめます。音楽に説明は要らない、と思った一曲。





話は変わりますが、五嶋みどりと言えば、14歳の時、タングルウッド音楽祭で

バイオリン協奏曲を演奏中に弦が2回切れたにも関わらず、堂々とした対処に

世界中を感涙させたというお話、ご存じの方も多いと思います。

YouTubeにありましたので掲載させて頂きました。

花壇のある風景(7)

モンテベルデ千里丘2
最寄駅に向かう途中に築32年のマンションがあり、
マンション敷地のフェンスから花や緑が道路に向けて、
はみ出しています。

モンテベルデ千里丘7
しかし、そのはみ出しによって、四季折々、ここを通る人々が
"ちょっと楽しみな道" と、思っている雰囲気がしてきました。
他ではあまり見かけない花が咲いていたからです。

このマンションは1階部分が上の写真のように石垣で盛り上がっているので、
フェンスからはみ出していても通行の妨げにならず、通行人には迷惑どころか、
むしろ花を楽しめる和みの道となっているように感じました。

ベートーヴェン交響曲第5番&第1番

運命

ベートーヴェン:交響曲第5番『運命』&第1番

演奏:パーヴォ・ヤルヴィ指揮 ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン

録音:2006年8月27日~29日(第5番)、2006年8月31日~9月1日(第1番)
    ベルリン、フンクハウス・ケーペニック(旧スコアリング・ステージ)

レーベル:RCA Red Seal
規格品番:BVCC-34166
発売日:2008年5月21日
フォーマット:SACD(ハイブリッド)

私の拙い文章を補ってもらう為、BMG JAPANの解説を転記しました。

2006年5月の来日公演におけるベートーヴェンの交響曲全曲演奏会で最高の賛辞を得、
さらに2007年7月のオール・ベートーヴェン・プロも「さらに進化を遂げた演奏精度と
果敢な表現意欲」と評価され、2007年度の『音楽の友』誌コンサート・ベスト10では
5位にランクインしたパーヴォ・ヤルヴィとドイツ・カンマーフィル。

日本のみならず、ヨーロッパやアメリカにおいても、このコンビのベートーヴェン演奏は
高い評価を受け続けており、いよいよ2009年にはベートーヴェンの街ボンで毎夏開催される
ベートーヴェン・フェストでの交響曲全曲演奏が決まっています。

その充実ぶりを緻密なスタジオワークによって刻印し続けている注目のチクルス録音第3弾は、
『運命』のニックネームを持つ有名曲第5番と第1番のカップリング。

オリジナル楽器奏法を取り入れつつ、現代的視点を見失わない卓越したベートーヴェン解釈。
弦は6-6-6-4-3という小編成で対向配置、トランペットとティンパニにはオリジナル楽器を使用、
また控えめにヴィブラートを使うオリジナル楽器の奏法を取り入れることによって、
ベートーヴェンがそれぞれの交響曲にこめた革命的なまでのドラマがくっきりと描き出されて
います。
特に名手をそろえた管楽器が弦楽器にかき消されずに浮かび上がり、革張りのティンパニを木製の
硬いバチで叩くことで、明確なリズムが刻まれています。

何度も実演で取り上げて解釈を練り上げた末に、万全のコンディションで録音されており、
現在もっとも新鮮で刺激的なこのコンビのベートーヴェン解釈を堪能することができます。

と、ここまでが、BMG JAPANの解説です。



先日、パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団のCD演奏で聴いた
ブルックナーの交響曲第5番の感激から、どうしてもパーヴォ・ヤルヴィ指揮の
他の曲も聴いて見たくなり、探していたところ、この「運命」が吹田市図書館で
蔵書としてありました。ほんとうに毎回、税金の有効活用をさせてもらってます。(^_^)

最期に「運命」を聴いたのは、おそらく中学生の頃かなぁ。
少々、聞き飽きた感があって、遠のいておりました。

そんなに、他の演奏とは大差ないだろう。って、聴き始めてびっくり!!!

なんと言う事でしょう。(劇的ビフォーアフター調)
この躍動感は何!、この明快な音は何!!、このテンポは何!!!
最初はスピード違反かと思ったが、実に気持ち良いではないか。

「運命」は聞き飽きたなんて、とんでもない。超超新鮮。
直球勝負って感じ。グイグイ引き込まれます。
パーヴォ様、参りました。そして「ありがとう」

花壇のある風景(6)

山田中学北側マンション1
近くに今年3月に入居が始まったばかりのマンションがあったので
行ってみました。期待通り花壇がありました。(^_^)

山田中学北側マンション2
ホースが見えているので自動水やり機でしょうか。
管理人さんが休日の日でも安心ですね。
これからが楽しみな花壇です。

祈り~未来への歌声 海上自衛隊東京音楽隊 三宅由佳莉

海上自衛隊東京音楽隊 三宅由佳莉(みやけ ゆかり/ソプラノ)『祈り~未来への歌声』
2013年8月28日発売
祈り

届け、まっすぐな想い ―― 。
東日本大震災により大切な家族を失ってしまった子供たちや被災者の方々への
応援歌として、海上自衛隊東京音楽隊・河邊隊長により制作されたオリジナル曲
〈祈り~a prayer〉をはじめ、〈花は咲く〉〈アメイジング・グレイス〉〈ふるさと〉
〈夢やぶれて〉といった感動の名曲ばかりを収録。
23万人の自衛官唯一のヴォーカリスト三宅由佳莉が、所属する海上自衛隊東京音楽隊の
演奏にのせて、ピュアな美声で「希望の歌」を歌い上げています。
(UNIVERSAL MUSICより転記)



本アルバムは、数多く発表されている海上自衛隊東京音楽隊によるCDの中でも、
唯一ヴォーカリストとして東京音楽隊に配属されている自衛官、三宅由佳莉(ソプラノ)
をフィーチャーした「歌と吹奏楽」のアルバムです。
岡山県倉敷市出身で幼少期から祖母とともに童謡集を広げ歌に親しんで育った
小さな女の子が、児童合唱団に入り、やがて高校大学と音楽の道に進み、成長する
過程において自然と歌い続けてきた「宝物」とも言える歌の数々を、仲間である海上
自衛隊東京音楽隊とともに収録した一枚となります。(Amazonより転記)

祈り~未来への歌声
【収録情報】
1. 祈り~a prayer(piano version)(作詞・作曲:河邊一彦)
2. 夢やぶれて(ミュージカル『レ・ミゼラブル』より)(作詞:Alain Albert Boublil, Jean
  Marc Natel/作曲:Claude-Michel Schonberg/日本語訳詞:岩谷時子)
3. 交響組曲『高千穂』~第2楽章:仏法僧の森(作詞・作曲:河邊一彦)
4. スタンド・アローン(NHKドラマ『坂の上の雲』より)(作詞:小山薫堂/作曲:久石 譲)
5. 花は咲く(NHK東日本大震災復興支援ソング:明日へ)(作詞:岩井俊二/作曲:菅野よう子)
6. 浜辺の歌(作詞:林 古渓/作曲:成田為三)
7. ふるさと(作詞:髙野辰之/作曲:岡野貞一)
8. 翼をください(作詞:山上路夫/作曲:村井邦彦)
9. トゥモロー(ミュージカル『アニー』より)(日本語詞:片桐和子/作詞:Martin Charnin/
  作曲:Charles Strouse)
10. タイム・トゥ・セイ・グッバイ(作詞:Lucio Quarantotto/作曲:Francesco Sartori)
11. アメイジング・グレイス(作詞:John Newton/作曲:不詳)
12. 祈り~a prayer(作詞・作曲:河邊一彦)

演奏 :海上自衛隊東京音楽隊
指揮 :河邊一彦(東京音楽隊長)(2等海佐)
歌唱 :三宅由佳莉(ソプラノ)(3等海曹)
ピアノ:太田紗和子(2等海曹)(収録1,5,8)
録音 :2013年5月-6月、東京

ブルックナー交響曲第5番

ブルックナー

ブルックナーの交響曲第5番を聴きました。
演奏はパーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団で、
2009年フランクフルト、アルテ・オーパーでのライヴ録音です。

私はこの十数年、交響曲など、大編成な音楽を聴くのが
少々苦手になっていました。
耳の分解能が落ちたせいか、どうも交響曲などは音が混濁して
しまい、楽しく聴けない状況だったのです。

ところが、驚いたことにこのブルックナーのCDではその混濁が
起きなかった。強奏部分でも各楽器が明瞭に聞き取れる。

従来のブルックナー観とは一味違うが、明晰で新鮮な演奏。
稜線をキリッと描き出し、実に明るく張りのある音が出ている。
第二楽章アダージョは木管セクションが美しい。
特にフランクフルト響の弦楽合奏の明瞭な美しさには、感激!!!

レーベル:Sony Music
規格品番:SICC-10120
発売日:2012/05/09
フォーマット:SACD(ハイブリッド)

花壇のある風景(5)

ルネ千里丘1 ルネ千里丘2
近くのマンションの周辺道路で花壇を見つけました。

ここはどうやら車道に自動車が違法駐車しないよう
抑制するためにプランターを設置しているようだ。

そう言えば、赤いカラーコーンを置いて違法駐車を抑制
している景色を良く見かける。

どこも、この写真のようにプランターを設置したら、
違法駐車は無くなるし景観(環境)も良くなるし、
プランターのお世話に住民同士のコミュニケーション
も良くなるし、実に考え抜かれたアイデアだ。
こちらの自治会?に拍手10回。(*^。^*)

花壇のある風景(4)

ファミマ横

花壇のある風景 ファイルNo.4です。
ここはこれまで見た花壇とは花の種類が違う。
花壇のある風景(1)~(3)までは、市が供給(提供?)している花で
ボランティアで婦人会や老人会の方が行事の一つとして植えているらしい。
だから同じ種類の花だと。家族は言う。

今回の花壇はフェンスの右側がコンビニなので、
お店が町の緑化に協力して植えているのかなぁ。

花壇探しも4回目まで来ると次はどこへ行こうか
探す困難が増して来た。しかし、今は出会った時の
喜びがそれを上回っている。

バレエ音楽「春の祭典」

春の祭典LP レコード
ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」を聴きました。

演奏はサー・ゲオルグ・ショルティ指揮シカゴ交響楽団です。
1974年5月14日にシカゴのメディナ・テンプルにおける録音です。
レコーディングエンジニアは「JAMES LOCL」と「KENNETH WILKINSON」
1975年に購入したLPレコードです。(キングレコード(ロンドンレーベル) SLA 1060)

久しぶりのレコードプレーヤ登場です。レコード針は12年前に買い替えたまま、
ほとんど再生していませんでした。当時は交換針の値段とカートリッジ(針付き)の
値段に差がなかったのでカートリッジを買いました。

このLP盤はもう30年は再生していない。ごく稀にパチパチと異音を発するが
やはり演奏は豪快。今の我が家の装置では到底その良さを発揮できない。
よって、1975年当時、大阪梅田にあった「サンスイ」ショールーム視聴室で
このレコードを大音量で再生してもらった時の感激を交えての感想といたします。

ショルティ司令官の下、シカゴ響のブラスセクションの凄まじい響きに圧倒され、
ホルンの吠えるような音色で空気を切り裂かれ、その上、強烈な弦のリズムにより
緊迫感を増幅され身震する。32分間、手に汗握るパワフルな表現と迫力に降参。

ほとんど、当時の感想だが、この感激は我が家では無理。大音量のド迫力で楽しむ
のが面白いのだ!!!

春の祭典を聴き終わって、大仕事をした感じになったので、昨日のチェコ・フィル演奏の
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲でお口直し(いや、お耳直し)をした。

ドヴォルザーク:スラヴ舞曲全曲

ドヴォルザーク作曲 スラヴ舞曲 全曲  ノイマン/チェコ・フィル
スラヴ舞曲全曲

付属ブックレットのマイク・セッティング図
レコーディングノート


スラヴ舞曲はドヴォルザークの作品の中では『新世界』・『チェロ協奏曲』と並んで
私の好きな曲のひとつです。

演奏はノイマン率いるチェコ・フィル。
スラヴ舞曲を演奏するのにこれ以上の組み合わせは考えられない。

2012年7月25日に発売されたこのCDは最新のリマスタリングが施された
「エクストン・ラボラトリー・ゴールド・ライン」のひとつとしてラインナップされました。

有名な「第1集-第8番 ト長調」や「第2集-第2番 ホ短調」は言うまでもなく素晴らしいが、
私は「第2集-第8番 変イ長調」の中低音部の弦が朗々と鳴り響くところや、リズムを爪弾く余韻が
なんとも心地よく好きだ。「第1集-第2番 ホ短調」も良いなぁ。
やっぱりスラヴ舞曲の持つ独特なテンポの微妙なゆれが「優雅さ」と「感傷的」な雰囲気を
醸し出すのかなぁ。

録音時期:1993年10月23-29日
録音場所:プラハ、ルドルフィヌム、ドヴォルザーク・ホール



株式会社オクタヴィア・レコードのHPに「EXTON LABORATORY GOLD LINE」についての
解説がありましたので転記しておきます。

「EXTON LABORATORY GOLD LINE」とは?

1. 同レーベルの中でも音楽的、オーディオ的に高品位なものを厳選。
妥協を排したリマスタリングが施され、SACDハイブリッドとしてリリースします。

2. オリジナル・マスターからのリマスタリングを行い、膨大な種類のアクセサリー類より
最適合なものを厳選し使用。高精度クロックや電源そのものの見直しなど、一切の妥協を排した
環境の中で作業されました。DSDレコーディングされたものだからこその繊細な音場、空気感を
実現。アナログレコーディングされているものにはない再現性を獲得しています。

3. 非圧縮SACDハイブリッド盤(HQ-SACD)を採用。
当社が2007年より提唱している最上位SACDハイブリッド盤であるHQ-SACDは他社でも採用
され、すでにマーケットに広く認知されているものです。

4. 高級感のある豪華デジパック仕様。

5. ブックレットには、担当エンジニアのコメントやレコーディングに使用した機材表、
マイク・セッティング図を掲載。オーディオ・ファンは必見です。

花壇のある風景(3)

この交差点にも花壇が。
佐竹台 佐竹台1 佐竹台2

きょうも交差点で花壇との出会いがありました。
自転車に乗っていたので気軽に降りて携帯で撮影出来ました。
次はどんな花に替わっているのだろう、楽しみだ。(^_^)


花壇のある風景(2)

小学生の通学路です。
マンション通路1-1

この道はバイクの通行が禁止で子供達も安心して通学できます。

定期的に植え替えが行われており、いつも気持ちよく通れます。

熱中症対策の塩分補給

味覚糖の「特濃ミルク 8.2 塩ミルク」
味覚糖おもて  味覚糖うら


暑い夏でも大変食べ易いキャンディのご紹介です。

味覚糖の「特濃ミルク 8.2 塩ミルク」は西オーストラリア州の塩湖「デボラ湖」で

収穫される塩「レイククリスタルソルト」を使用しています。

レイククリスタルソルトはえぐみが少ない天然塩で、ミルクとの相性がとても良く、

ミルクのおいしさを引き立てつつ、すっきりとした後味を実現しています。

北海道産生クリームを使用している「特濃ミルク8.2」の贅沢な味わいを引き立てる

こだわりの塩です。

暑い夏にもとってもおいしいキャンディです。不二家のミルキーに近い味わいですが、

ミルキーのように歯の裏にくっかないのが助かります。(ミルキーより仕上げが硬質なのです。)

熱中症対策の塩分補給にどうぞ。

花壇のある風景(1)

新小川サイズ変更1

近隣のショピングセンター入口(交差点)付近の花壇です。

花壇がある交差点では赤信号で待つことが苦にならないです。

むしろ、ここでは皆さん、赤信号になることを楽しんでいるようです。

しかしこの写真、花壇しか写っていないよぉ。カメラマン(私)の腕が悪すぎる。

次は少し周辺を取り込んで。

The Best Ever Brass Classics

The Best Ever Brass Classics
金管楽器1 金管楽器2 金管楽器3


きょうは金管楽器の好きな方々に、是非、聴いてもらいたいCDをご紹介します。

CDのタイトルは英語表記では『The Best Ever Brass Classics』、

日本語表記では『クラシックの贈りもの 金管楽器名曲集』となっております。

私の知っている演奏者は、トランペットのモーリス・アンドレ、ホルンのバリー・タックウェル、

ホルンのアラン・シヴィルだけですが、聴いて見ると、皆、かなりの名手揃いです。


モーリス・アンドレが演奏する「アルビノーニのアダージョ」は実に伸びやかで安定感がある。

曲の音域からしてピッコロトランペットを使用していると思うが、アンドレの巨体がもたらす

肺活量がこれを支えているのかなと、いつも思う。ほんとうに素晴らしい。


ゲルハルト・マインルス・チューバ六重奏団の演奏するバッハの小フーガト短調BWV578は、

普段、縁の下の力持ち的なチューバが大活躍する。特に高音域の哀愁を帯びた音色は

チューバならではのもの。冒頭の中音域の音色からどんどん引き込まれてしまいます。

チューバの素晴らしさを味わえる一曲です。

交響曲ヤマト2009を聴いて

ヤマト2009

『交響曲ヤマト2009』のCDをご紹介します。
2009年12月公開の映画『宇宙戦艦ヤマト復活篇』の公開に合わせてリリースされた羽田健太郎が遺した唯一の交響曲「交響曲ヤマト」を収録したアルバムです。

大友直人の指揮で、演奏は日フィル、ピアノ横山幸雄、ヴァイオリン 大谷康子、スキャットは小林沙羅となっています 。

今週、図書館でこのCDを借りたのですが、私はてっきり、宮川泰作曲の交響組曲「宇宙戦艦ヤマト」を借りたものと思い込んでおりました。聴き始めてから、その違いに気付き、CDジャケットを見ると作曲は羽田健太郎。恥ずかしながら羽田健太郎の宇宙戦艦ヤマトがあるなんて全く知らなかった。

聴いて見ると、なかなか良い。いや、かなり良い。途中、ブルックナー風、バーンスタイン風(ウェスト・サイド物語)、すぎやまこういち風(ドラゴンクエスト)な香りが垣間見えるが、全体を通せば羽田健太郎の紛れもないオリジナルだ。高貴な香りする素晴らしい管弦楽曲だと感動しました。第三楽章では、なぜか泣けてきました。この曲に出会えたことに感謝します。


以下、CDブックレットより抜粋。

曲名         :交響曲ヤマト2009
作曲         :羽田健太郎
テーマモチーフ    :宮川 泰
音楽監督・指揮    :大友直人
演奏         :日本フィルハーモニー交響楽団
ピアノ・ソリスト   :横山幸雄
ヴァイオリン・ソリスト:大谷康子
スキャット      :小林沙羅
製作総指揮      :西崎義展
録音場所       :杉並公会堂
CD発売日      :2009年12月9日

CDブックレットには羽田健太郎自身によるオリジナル解説がありましたので一部ですがご紹介します。『・・・この作品は私の初めての交響的作品にもかかわらず、35才の今日までのあらゆる作品の中で最高のもの、つまり私の人生の半分におけるうちでの最高作品に成り得た事をプロデューサー西崎義展氏はじめ関係各位の方々に紙面を借りて御礼申し上げます。・・・』

また、同ブックレットにはこのCDの為に書き下ろした大友直人(音楽監督・指揮)によるコメントもついています。その一部をご紹介します。『・・・その生涯に羽田さんが残したおびただしい数の作品と演奏のなかで、真に本格的な管弦楽曲は、この宇宙戦艦ヤマト交響曲だけなのです。今から四半世紀以上前、当時まだ30代前半だった羽田さんが、その音楽的な能力と情熱の全てをかけて、見事に完成させた宇宙戦艦ヤマト交響曲。この作品は、羽田さん自身が心から敬愛し、お互いに大変仲の良かった作曲家 宮川泰さんによって書かれたヤマトのテーマの数々を縦横に駆使しながら、クラシック音楽に精通し造詣が深かった羽田さんならではの、オリジナリティー溢れる堂々たる大交響曲となっています。・・・』

明治 手づくりチョコシリーズ まもなく発売

明治 手づくりチョコシリーズ 「作ろう! きのこの山」        「手づくりアポロ」
0710_01_01.jpg       0710_01_02.jpg


人気のチョコが自分で作れる、明治「手づくりチョコシリーズ」がまもなく発売です。 (株)明治 企業情報より転記 →→『「作ろう きのこの山」は、3種類のチョコ入りチューブときのこの山の軸が入っており、専用の型にチョコを流し込むことで様々なカタチの「きのこの山」が作れ(全部で8種類)、アレンジを加えて自分だけのオリジナルチョコが楽しめます。また、「手づくり アポロ」は2種類のチョコ入りチューブとカラフルミンツ、スティックが入っており、同様に6種類のアポロのカタチが作れます。 親子で楽しむコミュニケーション菓子として、おすすめしたい商品です。 「作ろう きのこの山」は、全部で8種類の“きのこの傘”ができるチョコ型・3種類(チョコ、ピンククリーム、ホワイトクリーム)のチョコ入りチューブ・きのこの山クラッカーのセットです。 「手づくり アポロ」は全部で6種類のアポロができるチョコ型・2種類(チョコ、ピンククリーム)のチョコ入りチューブ・カラフルミンツ・スティックのセットです。』 商品名:作ろう! きのこの山 商品名:手づくりアポロ 参考小売価格:238円(税込) 発売日: 2013年7月16日(火) 発売地区:全国

野菜の摂取目標量を見える化

タニタ デジタルクッキングスケール「KD-199」

fileDownloadDetailThumbnail (2) fileDownloadDetailThumbnail (1) fileDownloadDetailThumbnail.jpg

野菜が不足しがちな現在人へ、タニタは、野菜の摂取目標量を "見える化" するデジタルクッキングスケールを7月10日に発売しました。メーカーHPより抜粋 →→『野菜の目標量・使用量が簡単に分かる機能付きのクッキングスケール。あと何グラム使用すれば目標をクリアできるのか、目標量と使用量の差を表示します。目標を達成すると現れるご褒美表示付きです。取り外して洗えるシリコンカバーも付いています。』 厚生労働省では一日350gの野菜摂取目標量を推奨しています。

クッキングパン新発売!

EAMS30.jpg eams.jpg plate.jpg



メーカー報道より転記
『象印マホービン株式会社では、幅広い調理に使用できる3枚のプレートがついた新しいタイプのホットプレート、クッキングパンEA-MS30型を平成25年8月1日より発売いたします。 今回発売するクッキングパンは、ハンバーグや今川焼き、おつまみなどが焼ける「丸フラットプレート」、ハート型のワッフルが焼ける「ワッフルプレート」、定番料理はもちろん、パエリアやクレープ作りなどに便利な「平面プレート」の3枚のプレートを搭載しています。主に30~40歳代の主婦とその子どもをターゲットに、親子でのスイーツ作りやママ会、女子会などでも楽しく調理できる、今までのホットプレートとは異なる遊び心満載の提案型の商品です。 また、別売プレートとして、たこ焼きや、かわいいボール型のスイーツなどが作れる「たこ焼きプレート」EA-YA01型も同時発売します。』

商品名:クッキングパン 品番:EA-MS30 希望小売価格(税込):22,050円 発売日:平成25年8月1日(木) ※付属プレート:「丸フラットプレート」「ワッフルプレート」「平面プレート」 別売:「たこ焼きプレート」 希望小売価格(税込):4,200円 "たこ焼き" や "お好み焼き" が好きな関西人には欠かせない商品です。

愛車の誕生

ブリジストン ジョシスワゴン
自転車

自転車をYahooショッピング内の「サイクルショップあさひ」で買いました。

買ったのはブリジストン製の「ジョシスワゴン」というミニサイクルで、

近所の店舗(サイクルショップあさひ)で本日、受け取れました。便利でした。

後部のコンテナ風リアバスケットは大きくてがっちりしており、お買物には最適です。

タイヤがマウンテンバイクと同仕様と言うこともあってか安定感があり、乗り心地も上々です。

乗ってみると結構、BMXテイストな味わいがあり、何かレースにでも参加しているのかな、と
錯覚するほど。(少々オーバーな表現でした(^<^)

このところ感じたことのない「後悔のない一品」となりました。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー