ブラームス:交響曲第3番/金聖響&オーケストラ・アンサンブル金沢

金聖響とオーケストラ・アンサンブル金沢によるブラームスの交響曲第3番を聴いてみました。

小編成オーケストラの強みを活かした緊密で透明感溢れる演奏をしています。
いくつもの楽器が複雑に掛け合い絡み合って行く様が小編成ゆえ鮮明で面白い。

有名な第3楽章の旋律はやや早めで過度に感情的にならず、さりげなく美しく響かせています。

最終楽章は躍動感に溢れ、小編成オケでやっていることを忘れてしまう。

重厚で粘りのある響きのブラームスがお望みの方には向かないかも。
これはスマートでとても清潔感のある演奏だ。
-------------------------------------------------------------------------------
ブラームス3番
ブラームス:交響曲第3番、金聖響/オーケストラ・アンサンブル金沢

収録曲:ブラームス
(1.) 交響曲 第3番 ヘ長調 作品90
(2.) 大学祝典序曲 作品80

演奏:オーケストラ・アンサンブル金沢
指揮:金聖響
録音:石川県立音楽堂コンサート・ホール
  (1.) 11月30日のライヴ収録に加え、前日の録音セッションを兼ねたリハーサルからも収録。
  (2.) 4月21日 ライヴ収録
レーベル:Avex Classics
規格品番:AVCL-25363
発売日:2008年9月24日
フォーマット:CD

【CD Journal ミニ・レビューより転記】
ブラームスは重々しい音楽でも、分厚い響きでもない。小編成だからこそ可能となる、歯切れの良さと推進力を生み出す速度感を最大限に活かした新しいブラームス像を提案しようとしている。それが金聖響&OEKの意図だろう。録音にはもう少し冴えが欲しい。

【CD Journal ガイドコメントより転記】
金、OEKのブラームス交響曲全集の3枚目。1フレーズずつ考え抜かれたフレージングとアーティキュレーションを施し、小編成のオーケストラの特質を活かした純度の高い響きを作り出している。


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

ヴォカリーズ/小山実稚恵(ピアノ)

リラックスして聴けるとても贅沢なピアノ名曲集です。
全16曲があたかも一曲の組曲のよう。それぞれの色で輝きながら
静かに物語を語ってくれます。
ピアノの音色も美しく、とてもピュアなサウンドです。
-------------------------------------------------------------------------------
小山実稚恵
ヴォカリーズ/小山実稚恵

収録曲:
01. ソナタ嬰ハ短調K.247 (D.スカルラッティ)
02. ヴォカリーズ (ラフマニノフ)
03. 亜麻色の髪の乙女 (ドビュッシー)
04. ため息 (リスト)
05. 月の光 (ドビュッシー)
06. 練習曲嬰ハ短調op.42-5 (スクリャービン)
07. 間奏曲嬰ハ短調op.117-3 (ブラームス)
08. 練習曲嬰ハ短調op.2-1 (スクリャービン)
09. 間奏曲イ長調op.118-2 (ブラームス)
10. 予言の鳥 (シューマン)
11. 前奏曲op.1-7 (シマノフスキ)
12. アラベスカ (グラナドス)
13. 舟歌 (チャイコフスキー)
14. 献呈 (シューマン/リスト編)
15. 平均律クラヴィーア曲集第1巻 第4番
  嬰ハ短調BWV849~『前奏曲』 (J.S.バッハ)
16. 平均律クラヴィーア曲集第1巻 第4番
  嬰ハ短調BWV849~『フーガ』 (J.S.バッハ)


演奏:小山実稚恵(ピアノ)
録音:2011年9月5日-8日 軽井沢大賀ホールにて収録
レーベル:Sony Classical
規格品番:SICC-1625
発売日:2012年01月25日
フォーマット:CD

【CD Journal ミニ・レビューより転記】
アルバム・デビュー25周年記念アルバムだそうだ。そうした記念に小品集を録音するところがニクイ。さまざまな性格の曲を的確に捉える技が冴えている。まずは弱音の表情の多彩さ、微妙な陰影のグラデーションの見事さに目を瞠る。表現の何たるかを熟知している者だけが魅せる演奏といえるだろう。

【CD Journal ガイドコメントより転記】
小山実稚恵のアルバム・デビュー25周年記念盤。得意としているロシア作品のレパートリーに加え、J.S.バッハ「平均律クラヴィーア」といった彼女にとって初録音となる曲などを収録。まるで一晩のリサイタルのような充実の内容だ。

【Sony Classical 提供資料より転記】
小山実稚恵アルバム・デビュー25年記念新録音。今、充実の時を迎えたピアニスト小山実稚恵が選りすぐったピアノ曲の数々は聴くものを別次元へと誘う(スカルラッティとシマノフスキは作曲家として、バッハの平均律も小山にとって初録音。ドビュッシーも久々の録音)。ラフマニノフやスクリャービンといった定評あるロシアン・レパートリーから、ここ数年で披露しているブラームスでの新境地、そしてバッハの平均律に至るまで小山の紡ぐ音世界はピアノという楽器の限りない表現の可能性を感じさせる。想いを込めて奏でられた全15曲、まるで1晩のリサイタルのように楽しめる1枚が誕生した。


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番/ヤン・リシエツキ

ヤン・リシエツキは2011年2月に名門ドイツ・グラモフォンと録音専属契約を締結。
なんとこの時、15歳。ドイツ・グラモフォンからのデビュー盤がこのモーツァルトの
ピアノコンチェルトになるのです。

リシエツキの瑞々しいタッチから生まれる清々しいピアノの響きは実に爽やか。

しかし白眉はツァハリアス/バイエルン放送交響楽団のサポートだ、と感じた。
緩急、間の取り方も絶妙で表現力に富んだ実に巧い演奏だ。
正直、この演奏ではピアノも素晴らしいが、伴奏に唸ってしまった。
伴奏にブラボーだ!!

-------------------------------------------------------------------------------
リシエツキ
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番・第21番/ヤン・リシエツキ(ピアノ)


収録曲:モーツァルト
1. ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466
2. ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467

演奏:ヤン・リシエツキ(ピアノ)
演奏:バイエルン放送交響楽団
指揮:クリスティアン・ツァハリアス
録音:2012年1月 ミュンヘンにて収録
レーベル:Deutsche Grammophon(ユニバーサル ミュージック)
規格品番:UCCG-1573
発売日:2012年4月25日
フォーマット:SHM-CD

【Universal Music提供資料より転記】
驚異的な才能! 16歳のピアノの貴公子、ポーランド系カナダ人のヤン・リシエツキ、DGデビュー盤!脅威の16歳、リシエツキのDGデビュー盤です。あどけなさの残る笑顔で、日本でも既にファンが存在する将来有望な新人アーティストです。レパートリーはモーツァルトのピアノ協奏曲で最も人気のある2曲、第20番と第21番。共演はモーツァルトの演奏で名高いピアニスト兼指揮者のツァハリアスが指揮するバイエルン放送交響楽団がつとめます。


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

花壇のある風景(59)

市場池公園ハス池_1 
市場池公園ハス池_2 
市場池公園ハス池_3

近隣の市場池公園ではハスの葉っぱが池いっぱいに広がっていました。
咲いてる花はまだチラホラで、間近で見ることは出来なかったのですが
開花を待つ蕾で溢れていたので、これからしばらくの間、楽しめそうです。

ピンク色に輝くハスの花を間近で撮影出来る日が待ち遠しいです(^^)

まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

ディズニー・オン・クラシック

ディズニー1
ディズニー・オン・クラシック - まほうの夜の音楽会 2014
ディズニー公式ホームページより転記

今年で12回目となる「ディズニー・オン・クラシック」
今年はディズニーアニメーションで最も人気のある作品のひとつ、「ライオン・キング」と、
世界中で大ヒット中の「アナと雪の女王」もプログラムに盛り込まれています。
アナ雪のオーケストラによるライヴパフォーマンスは世界初とのこと。

9月から12月にかけて全国31都市を巡り、51公演が予定されています。
6月21日(土)よりチケット購入受付開始!


ディズニー・オン・クラシックの今年の公演を紹介する映像が昨日公開されました。

 



まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

街の守り神

松の木_1

この「松の木」は台風か強風の日に傾いたのだろうか。
いつから「この風景」だったのだろう。



松の木_2

反対側から見ると、吹田市は看板まで立ててます。
なんとも粋な計らいです。良い仕事してますねぇ。



松の木_3

車も気を付けて静かに通っていました。
松の木が街の守り神のように見えました。
自然を大切にしょうとする心意気に乾杯。

---------------------------------------------------------------------------------------
松の木_4

『追伸』
松の木は傾いた状態でも倒れないように4本の木材でがっちり支えられています。(^^)


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

ハイドン:交響曲 第92番 ト長調「オックスフォード」

今日はブリュッヘン指揮/18世紀オーケストラのCDで
ハイドンの交響曲第92番「オックスフォード」を聴いてみました。

愛称の「オックスフォード」は、1791年にハイドンがオックスフォード大学の
名誉音楽博士号を授与された際にその学位授与式で感謝の印としてハンドン自身の
指揮により演奏されたことに由来しています。けれどもこの曲は式典の為に新たに
創られたのではなく、ハイドンがイギリスへ渡る前の1789年にパリ音楽界の有力な
パトロンであったドゥニ伯爵の為に既に作曲されていたのです。

ハイドンがオックスフォード大学の名誉音楽博士であったことも驚きですが、
オックスフォード大学の歴史の深さにはより驚かされました。

ブリュッヘン/18世紀オーケストラの演奏は軽快で音楽が実に生き生きとしています。
その生命感あふれる推進力、聴いた後には何とも言えぬ爽快感のみが残ります。

大編成オーケストラとは異なり細やかな色彩感にあふれています。
いつ聴いても新鮮な響きなのです。
----------------------------------------------------------------------------
オックスフォード
ハイドン:交響曲第91番、第92番「オックスフォード」
ブリュッヘン/18世紀オーケストラ

【収録曲】
ハイドン:
1. 交響曲 第91番 変ホ長調 Hob.I:91
2. 交響曲 第92番 ト長調 Hob.I:92「オックスフォード」

演奏:18世紀オーケストラ
指揮:フランス・ブリュッヘン
録音:1995年1月29-31日(2)、5月9-10日(1) オランダにてライヴ収録
レーベル:Decca(ユニバーサル ミュージック)
規格品番:UCCD-4294
発売日:2009年8月19日
フォーマット:CD

【CD Journal ミニ・レビューより転記】
ブリュッヘンは、やはり古典派のなかの古典派を手兵と演奏した時が光る。「オックスフォード」の格調と才気みなぎる楽想もさることながら、日頃“忘れられている”91番を音楽的に聴かせる手腕は本当に見事だ。細部まで強い表現意欲とひらめきが充満。


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

映画「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」

パガニーニ_2 
パガニーニ_1 
「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」 公式サイトより転記

パガニーニ役を演じるのは、デイヴィッド・ギャレット。13歳でドイツ・グラモフォンと史上最年少で専属契約を結び、クラウディオ・アバド指揮によるモーツァルトのバイオリン・コンチェルトを録音するなどクラシック界でも評価の高い美貌のヴァイオリニストだ。そのギャレットが5億円の名器ストラディヴァリウスで奏でる本格的音楽映画がいよいよ7月11日(金)に全国公開される。
監督は「不滅の恋/ベートーヴェン」(1994年)、「アンナ・カレーニナ」(1997年)を手がけたバーナード・ローズ。

劇中演奏される「24のカプリース」や「ヴァイオリン協奏曲」など目と耳で大いに楽しめそうだ。

※この映画は「PG12指定」です。
PGはparental guidanceの略で、12歳未満(小学生以下)の年少者には保護者の助言・指導を必要とする日本の映倫規定です。判り難いですが基本的には助言、指導を必要としているだけなので、保護者が同伴せずとも劇場に入場することは可能らしいです。しかし映画を事前に観ていない親からはどのような指導が必要かも判りませんね。なるべく親、または保護者が同伴した方が良いということでしょうか。

ギャレット  7月11日(金) 全国公開
DVD付きのCDも発売されています。


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

チャイコフスキー:交響曲第5番/デア・リング東京オーケストラ

今日はチャイコフスキーの交響曲第5番を聴いてみました。

従来のオーケストラの常識にとらわれることなく、あらたな響きの創造を目指して創設された
オーケストラ「デア・リング東京オーケストラ」によるCD発売第2弾です。ちなみに第1弾は本作
と同時録音されたブルックナーの交響曲第3番「ワグネル」(2013/10/22 発売) 録音・制作担当
はN&F(有限会社エヌ・アンド・エフ)。2001年9月10日に発足したクラシック中心の録音、制作会社
です。
デア・リング東京オーケストラ-1 
デア・リング東京オーケストラ-2 

このCD、まず驚いたのはオーケストラの配置。写真でお分かりのように奏者全員が客席に対し
真正面を向いている。弦楽器群はVn1、Vn2、Va、Vcが各6人、コントラバスが4人。解説書に
よるとバイロイト祝祭劇場のオケピットの楽器配列を参考にしているとのこと。このように奏者間
の距離が離れ、しかも並列配置だと聴覚を研ぎ澄まし、お互いの音をよく聴かないと合わせられな
い。また必然的に呼吸でも合わすようになってくる。とも書かれていた。

さて聴いてみると、このような楽器配列の割には各楽器がほぼ中央に聴こえ、その響きはやや
モノラル録音ぽい感じにまとめられている。だが各楽器の輪郭はいたって鮮明であり、全編を
通して「気持ちの良い響き」を貫いている。感情に溺れるような起伏の強弱は一切なく、あくまで
も楽譜に忠実に丁寧に美しい響きを探求している。第4楽章のコーダがそれを如実に物語っている。
演奏の喜怒哀楽にのっかって感動や哀愁に浸りたい方には不向きかもしれないが、聴き込んで行く
うちに「感動」が来そうな予感がした。
--------------------------------------------------------------------------------
デア・リング東京オーケストラ
チャイコフスキー交響曲第5番 ホ短調 作品64
西脇義訓&デア・リング東京オーケストラ


演奏:デア・リング東京オーケストラ
指揮:西脇義訓
録音:2013年4月16日-18日 所沢市民文化センターミューズ・アークホールにて収録
レーベル:fine NF
規格品番:NF25802
発売日:2014年5月23日
フォーマット:CD

【西脇義訓(指揮)】
1971年、日本フォノグラム(株)(現ユニバーサル ミュージック)に入社。フィリップス・クラシックスに18年在籍。1999年にフリーとなり、2001年録音家・福井末憲と共にエヌ・アンド・エフ社を創立し、長岡京室内アンサンブル、青木十良(Vc) 、宮田 大(Vc)、ジョセフ・リン(Vn)、神谷郁代(Pf)、東京交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団などの録音・CD制作に携わる。2001年、ミシェル・コルボ氏にアベイ・ドゥ・ノアラック(フランス)の講習会で、指揮と発声法の指導を受けた。2013年、デア・リング東京オーケストラを創立、自ら音楽プロデューサーと指揮者を兼ねる。(N&F社のホームページより転記)


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

花壇のある風景(58)

梅雨入り直後の晴れ間、近隣の新緑を訪ねてみました。

千里ぎんなん通り2014-6-8  
緑濃く新緑の風薫る「千里ぎんなん通り」

佐竹公園2014-6-8
森の中へ入り込んだようにひんやりと気持ちいい散策路「吹田市 佐竹公園」
ベンチが誰かを待っているかのよう。


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

世界に羽ばたく指揮者 山田和樹

プレミアムシアター
NHKクラシック ホームページより転記

NHK BSプレミアム(BS3)の「プレミアムシアター」で指揮者の山田和樹さんが登場します。

山田和樹さんのご活躍ぶりを紹介するドキュメンタリー番組やパリ管弦楽団との演奏会でグリンカの歌劇「ルスランとリュドミーラ」序曲やチャイコフスキーの交響曲 第6番 ロ短調「悲愴」などの演奏が放送されます。更にサイトウ・キネン・フェスティバル松本2012での劇的オラトリオ「火刑台上のジャンヌ・ダルク」も放送されます。

放送局:NHK BS3(103)
番組名:プレミアムシアター
放送日:6月16日(月)【6月15日(日)深夜】午前0時~4時
主内容:(1)ドキュメンタリー 世界に羽ばたく指揮者 山田和樹(0:00~0:32)
    (2)山田和樹 指揮/パリ管弦楽団(0:32~2:07)
    (3)山田和樹 指揮/サイトウ・キネン・オーケストラ(2:09~3:31)

まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

花壇のある風景(57)

雨上がり、あじさいが綺麗に咲いていました。
梅雨入り宣言を待っていたかのように
一気に咲きそろいました。

市場池公園-1  
市場池公園-2 
市場池公園-3 
市場池公園-4 
市場池公園-5 
市場池公園-6




まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

グリエール:ホルン協奏曲 変ロ長調/ヘルマン・バウマン

今日はレインゴリト・グリエール(1875-1956)が1951年に作曲したホルン協奏曲を
聴いてみました。

ヒロイックな風貌の独奏ホルンが大活躍するホルン好きには堪らない名曲です。

20世紀最高のホルン奏者のひとり、ヘルマン・バウマンが51歳の時の演奏で
超絶技巧を駆使してこの難曲を実に滑らかに歌い上げています。

ホルンの演奏が難しいということを全く感じさせない、心地良い面白さを心ゆくまで
楽しませてくれる名演奏です。

パワフルなバウマンと共演するクルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団も
抜群に上手いですね。一体感が何とも素晴らしいです。歴史に残る名演奏!と思っています。

収録曲
1. ホルン協奏曲変ロ長調op.91 (グリエール)
2. 演奏会用小品op.94 (サン=サーンス)
3. ラールゲット (遺作) (シャブリエ)
4. ヴィラネル (デュカス)

演奏:ヘルマン・バウマン(ホルン)、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
指揮:クルト・マズア
録音:1985年09月9-15日 ライプツィヒにて収録
レーベル:PHILIPS
規格品番:PHCP-9269
発売日:1994年11月02日
フォーマット:CD

--------------------------------------------------------------------------------
現状では下の「ヘルマン・バウマン・コレクション(7CD)」が入手しやすいです。
規格品番:8802035(輸入盤)
レーベル:Newton Classics

バウマン


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

世界初の感情認識パーソナルロボット『Pepper(ペッパー)』

ロボット
写真はhttp://www.softbank.jp/より転記

本日、SoftBankから世界初の感情認識パーソナルロボット『Pepper(ペッパー)』の発表がありました。記者会見の模様はこちら。とても見応えがありますよ。
人の気持ちを理解しようと頑張り、励ましてくれたり、嬉しいときに一緒に喜んでくれたり、そんな存在になれることを目指しているらしい。日々成長し、できることが次々と増えていくのだそうだ。Pepperは常時ネットワークに接続されているので、インターネット上の様々な情報に自らアクセスして最新のニュースや天気、株価なども教えてくれます。
本体価格は198,000円(税抜き)で発売は2015年2月です。




まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

チャイコフスキー:交響曲 第1番「冬の日の幻想」

金・土・日は大阪でも真夏日となりました。35℃以上の猛暑日になった地域もあり
まるで日本列島がすっかり夏になったようでしたね。

せめて音楽だけでも涼しいものをと思いチャイコフスキーの「冬の日の幻想」
(交響曲第1番ト短調作品13)を聴いてみました。

この曲はブログ『好きなことを好きな時に』の「ばけぺん」さんのブログ記事で
紹介されていた曲で、ロシア民謡風のモチーフが活かされた素敵な曲です。
それ以来、とても好きになった曲なのです。

スヴェトラーノフ率いるロシア国立交響楽団の演奏は重厚でありながら全く混濁のない
見事なアンサンブルです。遠くまで響き渡るようなスケールの大きさは本家の本領発揮と
いうところでしょうか。重量感を保ちながらの精巧な機動力には参りました。

「キャニオン 24bit リマスタリング」の音質もなかなか良いですね。

残念ながらこの盤の入手は少し難しそうです。
--------------------------------------------------------------------------------
スヴェトラーノフ
チャイコフスキー:交響曲第1番「冬の日の幻想」、序曲「1812年」

収録曲:チャイコフスキー
1. 交響曲第1番ト短調op.13「冬の日の幻想」
2. 序曲「1812年」op.49

演奏:ロシア国立交響楽団、ボリショイ劇場管弦楽団金管セクション(2)
指揮:エフゲニ・スヴェトラーノフ
録音:1993年6月(1)、1992年6月(2) モスクワ放送局大ホールにて収録
レーベル:Canyon Classics
規格品番:PCCL-00510
発売日:2000年11月22日
フォーマット:HDCD



まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

在りし日の銘品

もう30年以上も前に買ったラジオですが、今でも良い音で鳴っています。

写真のラジオは松下電器(現在のPanasonic)のラジオ第1号として昭和6年に発売されたもののレプリカで昭和56年に松下電器の創立50周年記念として販売されました。
本物は門真市にあるパナソニックミュージアムに展示されています。本物はレプリカよりもでかいです。

昭和6年、本物のラジオは東京中央放送局(現在のNHK)のラジオセットコンクールで一等賞に当選し松下の名は一躍業界に知られることになりました。
また、松下幸之助さんはラジオの重要部分の特許を発明家から買い取り、同業メーカーが自由に使えるように無償で公開しました。業界全体の発展に大きな貢献を果たした、偉大なる決断です。

R-1.jpg
National MODEL No.R-1

まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー