CDリッピングソフトの選択

昨夜からパソコンに音楽データを取り込む『CDリッピングソフト』の音質の違いを
探っています。

下記が比較に用いたリッピングソフトです。
1)iTunes(Apple社)
2)AudioGate(KORG社)
3)Exact Audio Copy(Andre Wiethoff)

CDに収録されている曲を音楽データとしてPCに取り込む事を『CDリッピング』と
呼んでいます。

CDリッピングという言葉を知らなくてもずっと以前からiTunesでその機能をお使いに
なっている方は多いと思います。

今回はiTunes、AudioGate、Exact Audio Copyという3つのリッピングソフトの中から、
お気に入りを探すのが目的です。比較試聴用に用いた機器構成は下図の通りです。
リッピングソフト音質比較 図をクリックして頂くと大きくご覧になれます。

・音楽データの取り込みはWAV(非圧縮)ファイルとしました。
・取り込み方法については各ソフトとも最高音質になるように、ソフトを設定しました。
・再生ソフトは『AudioGate』に統一し、再生ソフトによる音質変化を排除しました。


【音質チェック結果】
1)iTunes
  十分、美しく再現している。
  音質的にこれと言ったマイナス面は無い。

2)AudioGate
  十分、美しく再現している。
  音質的にこれと言ったマイナス面は無い。

3)Exact Audio Copy
  十分、美しく再現していて、
  ダイナミックレンジが広く滑らかな鳴りをしている。
  データの取りこぼしが無いような印象。


【感想】
MP3(圧縮)ファイル形式ならばソフトによる圧縮変換能力の差が出たかも知れないが、
今回はWAV(非圧縮)ファイル形式で取り込んだせいか、リッピングソフトによる
音質の差はほとんど無いと言う印象です。


したがってWAV(非圧縮)ファイル形式で取り込む場合は各ソフトの操作感や特長で選択しても
問題ないと感じました。

1)iTunesは楽曲情報整理に一番優れている。
2)AudioGateはDSDファイルに変換できるので最高音質で楽しむならばこれがベスト。
  但し、データサイズが半端じゃない。大容量のHDDが必要です。
3)Exact Audio Copyが3つの中では私のイチ押です。
  音質もさることながら、リッピング後には結果(取り込みログファイル)が出されるので
  健康診断書を頂いたようで精神的な安心感がある。
  また、傷やディスクの反りなどにより、音飛びなど発生しやすい状態にあるCDに関しても
  Exact Audio Copyは期待できると思います。音飛びするCDからでも「音飛びしないファイ
  ル」を作れる可能性が多いにあるのでは、と、このソフトの詳細設定をしながら感じました。


比較試聴用CD音源は以下の通りです。
①ベートーヴェン:ロマンス 第2番 ヘ長調 作品50
木野雅之(ヴァイオリン)、ハンガリー交響楽団、ペーター・イレイニ(指揮)

②ハイドン:交響曲 第102番 変ロ長調 Hob.I-102 第1楽章
オーケストラ・アンサンブル金沢、井上道義(指揮)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

こんばんは!

おっしゃっていた、CDのリッピングソフトのレポートですね。

なるほど。(^^)
ロジカルで簡潔、明解なレポートをありがとうございます。
akifuyu102さんは、理学部か工学部の出身でいらっしゃいますか?
Exact Audio Copyがイチ押しなのですね。

私は3つの中では、iTunesしか存じません。
携帯オーディオはウォークマンを使っていますので、
PCに取り込むときにはSONYのX-アプリという専用のソフトを
使っています。

Exact Audio Copyですね、今後の参考にさせて頂きます。
丁寧な解説をありがとうございます。(^^)

Re: こんばんは

★赤影★さん、こんばんは。

ご使用されておられるx-アプリでも比較して見ました。

x-アプリはWAVフォーマットではリッピングできなかったので
下記写真URL(または下記)のようにx-アプリを設定してリッピングしました。
http://blog-imgs-61.fc2.com/a/k/i/akifuyu102/20131016001721c2b.jpg
フォーマット:AAC(圧縮ファイル形式)
ビットレート:256kbpsに設定してCDからリッピング。

Exact Audio CopyでリッピングしたWAVと異なるフォーマットですが
結果はExact Audio Copyと比較しても音質差は大してありませんでした。
x-アプリは結構イケてますよ。

SONYウォークマンとの連携を考えれば今まで通りx-アプリと組んだ方が取扱い面で有利だと思います。

なお、ご存じだと思いますがフォーマットを『ATRAC Advanced Lossless』に変更してリッピングすると
よりCDクオリティに近い音質になります。但し、ファイルサイズは大きくなります。

おはようございます。

akifuyu102さん、おはようございます。

リッピングソフトの比較、ありがとうございます。今まで便利なiTunesでいいのか、それともEACのような専用ソフトがいいいのか結構迷っていました。やはり厳密には専用ソフトに軍配が上がるのですね。

一度使った時にはデータの管理面で使い方がよくわからないことがあり、結局iTunesに戻してしまっていたのですが、もう一度チャレンジしてみようと思います。



Re: おはようございます。

ばけぺんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

ばけぺんさんご使用中のシステムで今以上の音質向上を主目的とするならばEAC導入のメリットは
大いにあると思います。

EACを使っての不満は、インターネットに接続してタイトル等をダウンロードしてくる
機能が弱い点です。比較試聴に使用したベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲のタイトル情報が
iTunesではバッチリ表示してくれましたがEACではダウンロード出来ませんでした。
EACを導入する場合はiTunesのような利便性を諦めなければなりません。

もしEACを導入するのであれば、設定作業をする際には下記Webを参考にして下さい。
私はこれで日本語化も詳細設定も順調に出来ました。

http://sonicdisorder.net/eacinstall.php

ありがとうございます(^^)

どうもありがとうございます。
私の使用しているx-アプリもテストしてくださったのですね。

そうですか、x-アプリも結構イケテますか?
安心しました。
設定画面の画像まで撮って頂いて、本当に恐縮です。
ありがとうございます。
当面はx-アプリでいきます。

あ、フォーマットは仰っている『ATRAC Advanced Lossless』
を使っています。(^^)
やっぱり出来るだけ良い音のほうがいいですものね。(^^)

Re: ありがとうございます(^^)

★赤影★さん、こんにちは。

私は未だに携帯電話(au)を使っているのですが、その携帯に内蔵された音楽プレーヤの
アプリには『 X-アプリ for LISMO 』と言ってSONYのX-アプリが使われています。

使い勝手が良くて実はiTunesより優秀だと思っています。

★赤影★さんは『ATRAC Advanced Lossless』をご使用との事ですから
お持ちのウォークマンが再現する最高音質で聴いておられると思います。

ああ、私もウォークマンかスマホがほしくなっちゃいました。(*^_^*)

EAC

akifuyu102さん、こんばんは。遅レスお許しを。

EAC、実は、まさにakifuyu102さんがおっしゃった理由で使ってないんです。リッピングした後、foobarで再生するんですが、楽曲情報が入らないので面倒くさいんです…。

すでにEAC自体はパソコンに入っているのですが、この問題があるために使用するのを諦めて、BDライター自体をエラーに強いパイオニア製のものにしてお茶を濁しちゃってます。

http://pioneer.jp/bdd/products/bdr_xd04r_w_bk/point.html

Re: EAC

ばけぺんさん、こんばんは。遅レス、大歓迎です。(^^)

> EAC、実は、まさにakifuyu102さんがおっしゃった理由で使ってないんです。
リッピングした後、foobarで再生するんですが、楽曲情報が入らないので面倒くさいんです…。

利便性を取るか、音質重視で行くか悩むところですね。

有料のdBpowerampはその点、問題ないようだけど、日本語には非対応ですから
リッピングの詳細設定を自分で納得するまで出来るかどうか不安が残ります。

> すでにEAC自体はパソコンに入っているのですが、この問題があるために使用するのを諦めて、
BDライター自体をエラーに強いパイオニア製のものにしてお茶を濁しちゃってます。

奇遇ですねぇ。私もパイオニア製のBDR-XD04を検討していました。今、購入を迷っています。
EACとBDR-XD04が揃えば取り込みエラーは高い確率で回避できるし、更なる音質向上も
あるかも知れないし。また、使用感想など聞かせて下さいね。(^^)
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー