ブラームスの弦楽六重奏曲第1番より第2楽章

田部京子
ブラームス:後期ピアノ作品集
・6つのピアノ小品 Op.118
・3つの間奏曲 Op.117
・4つのピアノ小品 Op.119
・主題と変奏 Op.18(原曲:弦楽六重奏曲第1番より第2楽章)

演奏:田部京子(ピアノ)
録音:2011年8月22日-25日上野学園石橋メモリアルホールにて収録
レーベル:DENON(Columbia)
規格品番:COGQ-58
発売日:2011年12月21日
フォーマット:SACD Hybrid

田部京子さんのCDは2度目のご紹介です。

前回はピアノ協奏曲でしたが今回はピアノソロです。

過度な誇張はせず、技巧をひけらかすこともない。しかしそこには
品位と格調を持った田部さんの内面的な気品のようなものを感じました。

特に「主題と変奏」(原曲:弦楽六重奏曲第1番より第2楽章)の演奏は
胸に迫ってくるものがあります。
一音一音を実に大切に弾いている気持ちが伝わり、それが心の深部に
入り込んできて郷愁を誘うのです。


【CD Journal 試聴記コメントより転記】
田部京子の演奏でいちばん聴きたかったプログラム。グールドともアファナシェフとも違う彼女ならではの瑞々しさ。響きはあくまで透明で、タッチの一つひとつから滴り落ちる艶ややかさが聴き手の感覚を刺激する。ブラームス晩年の作品とはいえ、諦観や枯淡とは無縁。ロマンの香りに酔える。

【CD Journal ガイドコメントより転記】
田部京子にとって初となるブラームス・アルバム。「3つの間奏曲」「4つのピアノ小品」といった渋く美しい後期作品を取り上げている。内省的でありながらロマンティックな作品の本質を見事に捉えた一枚。

【日本コロムビア 提供資料より転記】
ブラームスのなかでも後期作品は、音数が極端に少なくなり、ひとつひとつの音符の読み解き・表現を極限まで研き澄ませることが要求される難曲ですが、まさにこの点こそが田部の最大の美質であり、それを生かした素晴らしい演奏が繰り広げられています。その特徴は、これらの作品が持つ寂寥感や内省感を十二分に表現しつつ、そこに溺れるようなことのない表現で、純音楽的な美しさをも湛えた実に見事なものです。
また、アルバムの最後に置かれた「主題と変奏」は、名高いメロディーで知られる弦楽六重奏曲第1番第2楽章をブラームス自身がピアノ曲に編曲したもの。録音の少ないこの佳品の決定盤となることは間違いありません。
田部は、日本音楽コンクールで最年少一位となった際もブラームスを弾いたように、従来よりブラームスを得意としてきましたが、これまでまとまった形での演奏や録音には恵まれてきませんでした。まさにファン待望のアルバムであり、田部の新たなスタートとして大きな注目をあつめることでしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブラームスの弦楽六重奏曲第1番の第二楽章って…あれですね。
タ~ラ~タララ~♪
いゃ失礼、あのすごく物悲しくって、ものすごっくきれいなメロディーの曲ですね。
わたしが知ってるブラームスの曲のなかでは、これと交響曲第三番の3楽章が二大美メロと思っとります(^O^)
たしかに録音少ないと思いますが、田部さんあれ録れてましたか。
いかにもむせびなくような弦向きな曲を、田部さんならピアノで別の魅力を表出させてることでしょうねー。

Re: 暗ヲさん、こんばんは。

暗ヲさん、いつもコメントありがとうございます。

いやぁ-、このメロディ、しびれますねぇ。どこかで聴いたメロディなんだけど、
曲名は今回のこのCDで分かったのですよ(^^)。ラッキーでした。
ピアノ演奏の方が原曲かと思うほど、ピッタリ来ますね。素晴らしい演奏です。
交響曲第3番の第3楽章も哀愁ただようメロディで良いですよね。

こんばんは

akifuyu102さん、こんばんは。

ブラームスのピアノ曲というのは協奏曲を除いてほとんど聴いたことがありませんでした。ここで紹介されているのを見て、HMVでちょっとだけ試聴してみましたが、なるほど、華やかな曲ですら、ちょっと切なく胸に迫るものがありますね。

良い曲ですね。ネット試聴ではなく、ちゃんとCDで聴いてみたくなりました。

Re: こんばんは

ばけぺんさん、こんばんは。

ブラームスの弦楽六重奏曲第1番の第2楽章をYouTubeで聴いて見ましたが
私はやはり、弦楽よりピアノ演奏の方が好きですね。
この曲はブラームスがピアノ独奏用に編曲し、敬愛するクララ・シューマンに
献呈したと伝えられています。ブラームスもピアノ版の方が思い入れが有った
のではないのでしょうか。是非、通して聴いて見て下さい。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー