モーツァルトのフルート協奏曲集

高木綾子
高木綾子(フルート):モーツァルト
・フルート協奏曲 第1番 ト長調 K.313
・フルート協奏曲 第2番 ニ長調 K.314
・フルートと管弦楽のためのアンダンテ ハ長調 K.315

演奏:高木綾子(フルート)、オーケストラ・アンサンブル金沢
指揮:金 聖響
録音:2009年7月7日-8日 石川県立音楽堂コンサートホールにて収録
レーベル:avex classics
規格品番:AVCL-25488
発売日:2010年1月20日
フォーマット:SACD Hybrid

今日は高木綾子さんの演奏でフルート協奏曲 第2番 ニ長調 K.314を聴いて見ました。

フルート協奏曲 第2番は、フルート愛好家フェルディナン・ド・ジャンの依頼を受けて
モーツァルトが作曲した楽曲で、ド・ジャンが完成を急がせる余り、オーボエ協奏曲ハ長調
をニ長調に移調して編曲し完成させた話が伝えられています。

このような話を聞くと、この曲にはあまり良い印象が残らない。しかし同じケッヘル番号をもつ
原曲であるオーボエ協奏曲をこの際、一緒に聴いて見たのだが私はフルート協奏曲の方が遥かに
良い印象を持った。これは正直、フルート奏者が高木さんだったからだと思う。

高木さんが素晴らしいなと思うのは、その清らかな音色をいつまでも変えないところです。
それどころか、増々、そのことを大切にしておられるようだ。
一流に成れば成るほど音色を崩して表現されている方が多い中、高木さんは本当に稀有な存在だ。


【CD Journal試聴記コメントより転記】
CDデビュー10周年を迎えた高木綾子の通算10枚目のアルバムは、初のモーツァルト。しかし“満を持して”との気負いは微塵も感じさせず、テクニックのキレを軽妙さに巧く転じて、ナチュラルな風合いの心地良い演奏を聴かせてくれる。「フルート協奏曲第2番ニ長調K.314」&「フルートと管弦楽のためのアンダンテ ハ長調K.315」では自作のカデンツァを使用。


【CD Journal ガイドコメントより転記】
前作『海へ』から約4年ぶりとなる話題作。高木初のモーツァルト・アルバムで、協奏曲はヴィヴァルディ以来。しかもカデンツァは高木の自作である。金聖響、OEKによる万全のサポートを得たセッション録音だ。

【エイベックス・クラシックス 提供資料より転記】
日本のトップ・フルーティスト高木綾子がエイベックス・クラシックスに初登場。
CDデビュー10周年、通算10枚目のALBUM、初めてのコンチェルト全曲録音!
コンサート活動やリリースされた多数のCDで、実力・人気・知名度抜群の高木綾子。2010年でCDデビュー10周年を迎えます。前作=ギターの福田進一とのデュオALBUM『海へ』以来、約4年ぶりの新譜は、18世紀フランス風の優雅で華麗な雰囲気を伝えるモーツァルトのフルート協奏曲2曲に加え、優しい美しさで人気の「アンダンテ」も収録。カデンツァも高木綾子が自作しました。共演は金聖響指揮のオーケストラ・アンサンブル金沢。本拠地の石川県立音楽堂でのセッション録音です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レーベルがavex なのですね。

Re: わんわんわん さん、こんばんは。

> レーベルがavex なのですね。

高木さんのCDの多くはColumbiaから発売されておりますがこのCDと2011年7月に出された「モーツァルトのフルート四重奏曲全集」がavex classicsから出ていますね。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー