ゲリー・カー:コントラバスで歌う日本のうた 

ゲリー・カー
花/荒城の月~ゲリー・カー/日本のうたI

・花(瀧廉太郎)
・荒城の月(瀧廉太郎/山田耕筰編)
・箱根八里(瀧廉太郎/山田耕筰編)
・青葉の笛(敦盛と忠度)(田村虎蔵)
・朧月夜(岡野貞一)
・城ヶ島の雨(梁田貞)
・待ちぼうけ(山田耕筰)
・中国地方の子守唄(岡山県民謡)(山田耕筰)
・さくらさくら(日本古謡)(山田耕筰)
・赤とんぼ(山田耕筰)
・砂山(山田耕筰)
・この道(山田耕筰)
・宵待草(多忠亮)
・月の沙漠(佐々木すぐる)
・浜辺の歌(成田為三)
・琵琶湖周航の歌(吉田ちあき)
・波浮の港(中山晋平)
・出船(杉山長谷夫)
・椰子の実(大中寅二)
・平城山(平井康三郎)
・山寺の和尚さん(服部良一)
・五木の子もり歌(熊本県地方の子守歌)
・夏の思い出(中田喜直)

演奏:ゲリー・カー(コントラバス)
   ハーモン・ルイス(オルガン、ピアノ)
録音:1994年12月11日-12日 川口リリア音楽ホール にて収録
レーベル:キングレコード
規格品番:KICC-91029
発売日:2012年9月26日
フォーマット:CD(xrcd24)

いつもオーケストラの右端で、大きな図体な割には目立たない楽器。
それが今日ご紹介するコントラバスです。
名手、ゲリー・カーが日本のうたを歌います。

身体に沁み込むようなコントラバスの太い憂いのある音色が心地良い。
深々としたコントラバスの響きが哀愁を誘い癒される気分だ。
ゆったりとした気分で音楽が楽しめます。

1995年5月に発売された旧盤のバージョンアップ盤です。
オリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリング
されて再登場しました。


【CD Journal試聴記コメントより転記】
全曲カー自身の編曲による。コントラバスのなかなか多様な音色が楽しめるように
作られているとこはさすがです。どちらかと言えば、やっぱり短調系の哀愁のある
曲がぴったりときます。難しいことは言わずにたっぷりとした低音の魅力を楽しんでください。

【MHVレビューより転記】
オーディオチェック用ソフトの最高峰! こころを揺さぶる超重低音!
コントラバスの巨人「ゲリー・カー」入魂の名演・超優秀録音が、xrcd24でよみがえる!
xrcdで最高の音質が実現!
マスタリングおよびCD製造にいたる全工程を徹底的に音質管理することにより、リスナーに
高忠実度で優れた音質を提供する「xrcd」でゲリー・カーの名演が蘇ります!

【xrcd24の特徴】メーカーの説明です。
・全ての通常CDプレーヤーで24bit相当の音が再生可能
・世界初の24bitマスターによるダイレクトカッティングと音質管理
・外部からの音楽信号変化要因を徹底排除し、原音を維持
・マスタリングからカッティングまで全機器をカスタマイズしてパワーアップ
・選び抜かれた音の職人たちの耳による厳しい音質管理
・原音探求JVC K2テクノロジーの集大成
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ゲリー・カー、なんか懐かしいお名前ですね。
たしか朝比奈さんの指揮でドヴォルザーク、チェロ協奏曲のコントラバス版をいれてたような。
このCD、音もよさそうだし、上にもあるように低音の魅力が楽しめそうですね。
ちなみにわたし声わりと低くてですね、ソプラノに憧れてたんですよ。あはは(^_^;)

Re: 暗ヲ さん、こんにちは。

暗ヲ さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

> ゲリー・カー、なんか懐かしいお名前ですね。
私はこの度、初めてゲリー・カーを知りました。またコントラバスにこのような演奏があることも知りませんでした。低音楽器のコントラバスが出す高音はヴァイオリンやチェロとは違う味わいがありますね。身体に沁み込んできてとても気持ちが良いです。

> ちなみにわたし声わりと低くてですね、ソプラノに憧れてたんですよ。あはは(^_^;)
いやぁ、低い声で上の声を支えるのも悪くないですよ。(*^_^*)

コントラバスの名手ゲーリー・カーは実にいろんな曲を演奏してますね。
「コントラバスに不可能は無い」と言わんばかりの根性と卓越したテクニックは脱帽ものです。

Re: わんわんわん さん、こんばんは。

わんわんわんさん、いつもコメントありがとうございます。

コントラバスという楽器の表現の豊かさに驚いているところです。ゲリー・カーは日本のうたの心を実に魅力的に惹きだしています。聴いていてホッとします。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー