今年、印象に残った私のベストCD(後半)

昨日に続き、今年を振り返り感銘を受けて印象に残ったCDを上げて見ました。(後半)

◆シューベルトの弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 D810≪死と乙女≫
シューベルト-死と乙女

ブログ「ぶるーのシュターツカペレ」のkurtさんの記事を読み"弦楽四重奏"に初挑戦。

≪ 劇的でドラマティック、清楚な美しさの中に豊かな情感あり ≫

【演奏】ハーゲン弦楽四重奏団

【収録曲】シューベルト
 1. 弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 D810≪死と乙女≫
 2. ピアノ五重奏曲 イ長調 D667≪ます≫
-------------------------------------------------------------

◆パガニーニのヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 作品6
庄司沙矢香-パガニーニ

ブログ「石狩国音楽記」のsankichi1689さんの記事を読んで、図書館に直行。

≪ 初々しい躍動感に溢れ、真に清々しい演奏 ≫

【演奏】庄司沙矢香(ヴァイオリン)
    ズービン・メータ指揮 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

【収録曲】パガニーニ
 1. ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調作品6
 2. 詩曲作品25
 3. カルメン幻想曲
 4. パガニーニアーナ(ソロ・ヴァイオリンのための)
-------------------------------------------------------------

◆ロドリーゴのアランフェス協奏曲
村治佳織1

≪ 一音一音に魂を感じる熱演、ギターの音色も素晴らしい ≫

【演奏】村治佳織(ギター)山下一史指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団

【収録曲】
 1. ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
 2. アーノルド:ギターと弦楽のためのセレナード
 3. カステルヌオーヴォ=テデスコ:ギター協奏曲第1番ニ長調 op.99
 4. ディアンス:タンゴ・アン・スカイ(ギターと弦楽合奏版
------------------------------------------------------------

◆超絶のトランペット協奏曲集
ナカリャコフ『超絶トランペット

≪ まさに神業的演奏、感動と最高の爽快感を味わえる1枚 ≫

【演奏】セルゲイ・ナカリャコフ(トランペット、フリューゲルホルン)
    イェルク・フェーバー指揮 ヴュルテンベルク室内管弦楽団

【収録曲】
 1. ハイドン:チェロ協奏曲第1番ハ長調
 2. ホフマイスター:ヴィオラ協奏曲ニ長調
 3. メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調
-------------------------------------------------------------

◆ドヴォルザークの弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調 ≪アメリカ≫
エマーソン弦楽四重奏団

ブログ「ヴァイオリン駆け出しの練習記録」のヴァイツゼッカーさんの記事を読んで感動。

≪ 長年の苦手ジャンルが打破できた。ドヴォルザークよありがとう! ≫

【演奏】エマーソン弦楽四重奏団

【収録曲】
 1. ドヴォルザーク :弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調 作品96≪アメリカ≫
 2. チャイコフスキー:弦楽四重奏曲 第 1番 ニ長調 作品11
 3. ボロディン   :弦楽四重奏曲 第 2番 ニ長調


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

akifuyu102さん、こんばんは。

取り上げていただき光栄です。
素敵なディスクにめぐり合えたようですね。

「死と乙女&ます」持っています。
「ます」の方もヘッツェルの演奏が堪能できますね。
ジャケットもすきです^^

Re: こんばんは

sankichi1689さん、こんばんは。

このCD、「ます」の方はウィーン・フィルとベルリン・フィルのメンバーで演奏して
いるんですよね。流石に良い演奏ですね。

ブログを始めてからsankichi1689さんをはじめ他の方の記事を読ませて頂く機会も増え、
そのお蔭で自分の知らなかった曲にも感心を持つようになりました。
これからも良い曲に巡り合えることを楽しみにしております。(^^)

ありがとうございます。

akifuyu102さん
取り上げていただき、ありがとうございます。
一緒に収録されている、ボロディンも好きです。
前後編ともに、佳い曲に溢れておりますね。
チャイコフスキー5番やアランフェス、ナカリャコフをもう一度聴いてみたくなりました。

Re: ありがとうございます。

ヴァイツゼッカーさん、こんにちは。

こちらこそ、ありがとうございます。
ボロディン、十代の頃からのお気に入りと仰っておられましたね。
本当に優雅で美しい旋律の良い曲ですね。
ナカリャコフは最近になって聴き直したのですが、オーディオ環境が少し良くなった
お蔭で前以上に虜になってしまいました。(*^_^*)
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー