クロニクル マンドリン音楽の300年 柴田高明

このCDでは全曲マンドリンのためのオリジナル作品を演奏しておられるのですが、
正直、マンドリンについては何の知識もない私にも大変楽しめるものでした。

なかでも「じょんがら」、「アフォリスメン」、「大前奏曲」、「マンドリン0.024ppm」
には感動しました。マンドリンが三味線やピアノ、琴に聴こえ、その色彩感の豊かさには
驚きました。柴田さんの美しい音色と卓越した技巧、そして何より豊かな表現力に感服。
---------------------------------------------------------------------------------------
柴田高明
クロニクル マンドリン音楽の300年 柴田高明

【収録曲】
1. 二重奏曲第1番ハ長調(ゲルヴァジオ)
2. アリアと変奏第4番(G.レオーネ)
3. じょんがら(桑原康雄)
4. アフォリスメン(M.シュトラウス)
5. 無伴奏マンドリンのためのソナタ(小林由直)
6. 大前奏曲(R.カラーチェ)
7. マンドリン0.024ppm(吉田剛士)

演奏:柴田高明(マンドリン)
共演:吉田剛士(マンドリン)[1,7]
録音:2010年9月8日-9日 滋賀 高島市ガリバーホールにて収録
レーベル:Wood note studio
規格品番:WNCD-1003
発売日:2011年2月11日
フォーマット:CD

【柴田高明さんのプロフィール】柴田 高明 公式サイトより抜粋転記
1976年生まれの新進気鋭のマンドリニスト。
1996年:第15回日本マンドリン独奏コンクール第2位入賞。
1999年:第2回国際マンドリン独奏コンクール第3位入賞。
2001年:第2回ヨーロッパ国際マンドリン独奏コンクール第1位入賞。
ドイツ・カッセル音楽院器楽教育課程マンドリン専攻を修了。
これまでに木下正紀、G.ワイホーフェン、S.トレッケルの各氏に師事し
各地でのリサイタルを中心に演奏活動を行っている。

【CD Journal ミニ・レビューより転記】
マンドリンの誕生から今日まで、およそ300年の歴史の流れを現代の作品を中心に紹介する、文字どおりクロニクルなCD。桑原康雄の、ちょっと驚かされる「じょんがら」をはじめ、マンドリンの多彩な魅力を堪能できる。ゆったりと優雅なものから凝縮度の高いものまで見事な演奏が続く。

【CD Journal ガイドコメントより転記】
日本を代表するマンドリン奏者、柴田高明によるマンドリン音楽の歴史が通観できるユニークなアルバム。すべてオリジナル作品で占め、ピリオド楽器と現代楽器とで弾き分けている。緊張感と個性にあふれる演奏を収めた、刺激に満ちた一枚だ。

【amazon 商品説明より転記】
マンドリニスト柴田高明のニューアルバムは、全曲マンドリンのためのオリジナル作品、18世紀から現代までマンドリン音楽300年の歴史を通観するユニークな選曲。18世紀のオリジナル楽器と現代の2種類の楽器を使い分け、マンドリン音楽の魅力を多彩に表現。また“マリオネット”として活躍する吉田剛士との共演で珍しいピリオド楽器による二重奏、そして吉田が柴田のために書いた新作「マンドリン0.024ppm」の初録音も話題です。

まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

知らない曲、知らない作曲家ばかりですが、マンドリン用の曲もいろいろあるのですねえ(^O^)

Re: 暗ヲ さん、こんばんは。

私も全曲、知らない曲と作曲家でした。それが聴いて見たら思いの外、良かったのです。(^^)
哀愁のメロディ、リズミカルな動き、優雅で心地よい音色など、マンドリンの多彩な
音楽表現に惹かれてしまいました。

No title

家には、父のマンドリンがありました。
父が大学生の頃、マンドリンクラブに入っていたらしいのです。

マンドリンはヴァイオリンと調弦が同じで、楽譜もあり、何となく弾けましたが、
スチールの弦が指に痛く(子供だったせいもあるかも)、そのうち触らなくなりました。

いろんな大学にはマンドリンクラブがあることは知っていても、
あまりご縁なく来ましたが、先日、中学生に部活は何かを尋ねたら、
なんとマンドリンクラブだそう。今でもあるんだなぁと感慨深かったです。
伝統ある私立の女子中高です。

Re: ト音記号さん、こんにちは。

こんにちは。コメントありがとうございます。(^^)

私とマンドリンとの出会いは、たぶん藤山一郎さんの歌で
「丘を越えて」を聴いた時だったと思います。もちろん、
リアルタイムではないですよ。(^^) 中学生頃に観たテレビの
懐メロ特集だったと思います。それ以来、大正琴なんかも
好きになって良く聴いたものです。

古賀政男さんと明治大学マンドリン倶楽部が出演している
YouTubeがありました。
https://www.youtube.com/watch?v=i0Wnj8M7fM4
学生服で演奏されているのが何ともいい感じですね。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー