バッハ:ブランデンブルク協奏曲/クラウディオ・アバド

アバド自身が創設し手塩にかけた若きオーケストラ「モーツァルト管弦楽団」との
コンサートライヴ録音。モーツァルト管弦楽団に加え、アバドを慕って多くの実力派
プレーヤーが参集している。それぞれの分野で高度な主張を持ったプレーヤー達を前に
アバドはどう創り上げるのか。聴いて見ると。これはアバドの指揮の下で演奏する喜び
以前に、敬愛するマエストロへの捧げものではなかったのかと感じるのです。
--------------------------------------------------------------------
ブランデンブルク
ブランデンブルク協奏曲全曲 アバド&モーツァルト管弦楽団

【収録曲】
1. 第1番 ヘ長調  BWV1046
2. 第2番 へ長調  BWV1047
3. 第3番 ト長調  BWV1048
4. 第4番 ト長調  BWV1049
5. 第5番 ニ長調  BWV1050
6. 第6番 変ロ長調 BWV1051

演奏:モーツァルト管弦楽団
   ジュリアーノ・カルミニョーラ(ヴァイオリン:コンサートマスター)
   オッターヴィオ・ダントーネ(チェンバロ)
   ジャック・ズーン(フルート)、ミカラ・ペトリ(リコーダー)
   アロイス・ポッシュ(コントラバス)、ラインホルト・フリードリヒ(トランペット)
   アレッシオ・アレグリーニ(ホルン)
指揮:クラウディオ・アバド
録音:2007年04月21日 イタリア、レッジョ・エミリア、ヴァーリ市立劇場にてライヴ収録
レーベル:DG Deutsche Grammophon
規格品番:UCCG-1520/1
発売日:2011年01月26日
フォーマット:CD(2枚組)

【CD Journal ミニ・レビューより転記】
ごく小編成による演奏で、響きは軽く、テンポは非常に速い。ソリストにはリコーダーのペトリなど、豪華な顔ぶれが含まれている。非常に明るく生き生きとしており、ここではアバドはほとんど何もせず、奏者たちの自主的なアンサンブルで弾ききっているような風情。

【CD Journal ガイドコメントより転記】
アバドの下に、トップ・クラスのソリストたちが集ったスーパー・アンサンブル、モーツァルト管によるコンサートのライヴ録音。EURO ARTSから発売のDVDと同じ音源だが、より音の精度を上げている。

【モーツァルト管弦楽団について ユニバーサルIMSより転記】
モーツァルト管弦楽団は、2004年にアバドが創設し音楽監督も務めるオーケストラ。この楽団は、歴史と伝統に支えられた音楽組織、 アカデミア・フィラルモニカの現在の中心的存在といえる団体で、かつてボローニャを訪れたモーツァルトが、音楽家マルティーニ神父に教えを請うた来歴に由来してモーツァルト管弦楽団と称しています。コンマスを除くメンバーは18歳から26歳という若手ばかりのおよそ40名で、イタリアはもとより ウィーン、ザルツブルクといったモーツァルトゆかりの土地でも盛んに演奏活動を行っています。なお、コンサート・マスターは名手ジュリアーノ・カルミニョーラが務めています。


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

akifuyu102さん、こんにちは。

体を壊してからのアバドはそれまで以上にオーケストラの自発性を引き出して自然な音楽を作る名人になったと感じます。特に自分が集めたオーケストラとの演奏ではそれが顕著ですね。

レビューに、「ここではアバドはほとんど何もせず」という件がありますが、まさにそういう感じでありながら全体として素晴らしい演奏を実現するのが凄いところだと思います。亡くなる時はいつもそう感じますが、もっともっと良い音楽をたくさん残して欲しかったです。

Re: こんにちは。

ばけぺんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

この時のライヴはDVDやBlu-ray Discでも発売されていて、そのユーザーレビューを見るとCD以上に絶賛されています。音質も映像も良いようで、何より奏者が心から楽しそうに演奏している姿が印象的らしい。それにアバドがほとんど動いていないのに演奏は躍動感と音楽をする喜びに満ち、実に感動的らしいのです。
たった今、Blu-ray DiscをHMVに注文してしまいました。2週間待ちでした。(^^)

No title

アバドの訃報は残念でした。
私もコレ愛聴晩でしてDVDで楽しんでいました。
これでラッパを演奏しているフリードリヒは、
私に言わせると神様のような素晴らしい演奏です♪

Re: らっぱ@たかさん、こんにちは。

こんにちは。コメントありがとうございます。

たかさんが愛聴しておられるのなら、やはりBlu-ray Disc注文して
正解でした。嬉しいです。(^^)
今、フリードリヒさんの演奏をYouTube(第2番の3楽章)で観ていました。
アンコールでやった第2番の3楽章は最後の音を1オクターブ上げて吹いて
おられましたね。もう感動です。本当に凄い方ですね。早くBlu-rayを観てみたいです。

こんばんは

このCD興味ありましたが、手が出ないでいました。顔ぶれがすごいですね。アレグリーニとはホルン協奏曲も録音してますね。

Re: こんばんは

sankichi1689さん、こんばんは。

おお、アレグリーニとホルン協奏曲も出していたのですね。情報ありがとうございます。
HMVで一部試聴できましたが、とても上手いですね。
ブランデンブルクのBlu-rayが届いたらアレグリーニに惚れちゃうかもしれませんね。
また、買っちゃいそうです。(^^)
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー