モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番&第25番

先月、Amazonで予約注文していた「アバドとアルゲリッチ」のモーツァルトのピアノ協奏曲CDが
本日到着しました。
早速、第25番から聴いて見ましたが冒頭の30秒ほどで「これはいける!」と確信を持たせる元気で思い切りのいい演奏。アバド79歳、アルゲリッチ71歳とはとても思えない溌剌として清々しい演奏だ。アバド自身が創設し手塩にかけてきた若きオーケストラ「モーツァルト管弦楽団」も歯切れの良い演奏でとても好感が持てた。

録音はピアノもオーケストラも透明度が高く、非常に明瞭だ。それにしてもアルゲリッチの演奏の瑞々しさには本当に驚いた。
-------------------------------------------------------------------------------
マルゲリッチ
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第25番
アバド指揮、モーツァルト管弦楽団、アルゲリッチ(ピアノ)

【収録曲】
モーツァルト:
・ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K.503
・ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466

演奏:マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
   モーツァルト管弦楽団
指揮:クラウディオ・アバド
録音:2013年3月1日 ルツェルン、KKLホールにてライヴ収録
レーベル:Deutsche Grammophon
規格品番:4791033(輸入盤)
発売日:2014年02月07日
フォーマット:CD

【ユニバーサル ミュージック提供資料より転記】
2013年ルツェルン音楽祭で絶賛を浴びたライヴ! DGにとってアルゲリッチ初となるモーツァルトピアノ協奏曲録音。ルツェルン音楽祭で絶賛を博したアバド指揮によるライヴ録音です。最も人気のあるピアニストの一人、アルゲリッチと巨匠アバドの黄金の顔合わせによるモーツァルト! 短調の名作20番の協奏曲と、華麗で雄大な25番のカップリング。楽壇を代表する大物二人の共演盤は約10年振りとなります!


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

おっ、ついに届きましたね!
意外と25番って好きなんですよ。アルゲリッチのモーツァルト協奏曲録音、言われてみればないものでしたね。溌剌として清々しい演奏とは興味深いですね。素敵なコンビでのライヴ録音、五輪もあって楽しみが尽きないですね~。

Re: こんばんは

sankichi1689さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

想像していた以上の演奏で大満足です。(*^_^*)

アルゲリッチの演奏は衰えを見せませんね。
聴衆の熱狂的大歓声も頷けます。

輸入盤なので当然なのですがCDブックレットには日本語の解説が
ありません。ですが全部で6枚のステキな写真がなかなか良かったですよ。

アルゲリッチも71歳ですかー。
クラシックのレコードを買い始めた中学時代、当時若手のアルゲリッチを横目でみながら、買うのはベテランのルービンシュタインとかワイセンベルクでした。
アルゲリッチを聴いてすごいなーと思うようになったのはもっとずっと後でした。
お年を召しても若いころと変わらない演奏をしているのはすごいことですねー。
冒頭の30秒でいける…ってのはよくわかります。
そういうピアニストですよね。

Re: 暗ヲ さん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございます。
アルゲリッチはデビュー当時から話題性のある人でしたから中学生でも気になりますよね。本当に勢いが衰えず凄いと思います。毎日、何を召し上がっておられるのでしょうね。(^^)

冒頭の30秒と申しましたが第25番はピアノが出てくるのが2分45秒当たりなんですよ。へっへっへ。
でも、冒頭のオケの音で直観的にいけるって思いました。(^^) ほんとイケテました。

これは鉄板ですね!

akifuyu102さん、こんばんは。

アルゲリッチとアバドの共演であれば、もう名演奏間違いなしですね。私はコンドラシンとのチャイコフスキーのピアノコンチェルトを聴いて以来、アルゲリッチのピアノ、大好きです。この人のピアノの閃きと切れ味は余人を持って代え難いと思います。

Re: これは鉄板ですね!

ばけぺんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

アルゲリッチのピアノは肉厚のある音色ながら鋭いレスポンスで躍動感に溢れ、軽快に飛び跳ねていますね。もう、うっとりしてしまいます。モーツァルト管弦楽団も素晴らしいサポートで良い響きしてますよ。

No title

アルゲリッチも71歳!相変わらずピアノが鳴りまくっているのでしょうね。

Re: わんわんわん さん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございます。

アルゲリッチは衰えなどは感じさせない演奏ですね。
共演のオケがぐいぐいと引かれていく様子が伝わってきます。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー