モーツァルト:ピアノ協奏曲 第9番 『ジュノーム』/内田光子

内田光子さんの弾き振りによるピアノコンチェルト。
気品があって実に瑞々しいピアノの響き。
オーケストラも繊細で暖かく優しい。
落ち着いた雰囲気になるのは自然の流れを感じるからか。
見事なピアノ演奏に加えてオケからこんな表現を引き出せる内田さんには
交響曲の指揮もお願いしたくなってくる。
録音もクリアで文句なしの1枚。
----------------------------------------------------------------------------
内田光子
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番、第9番『ジュノーム』 内田光子&クリーヴランド管弦楽団

収録曲:モーツァルト
1. ピアノ協奏曲 第9番 変ホ長調 K.271『ジュノーム』
2. ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467

演奏:内田光子(ピアノ・指揮)
演奏:クリーヴランド管弦楽団
録音:2012年4月5日~7日 クリーヴランド、セヴェランスホール にてライヴ録音
レーベル:Decca(Universal Music)
規格品番:UCCD-1329
発売日:2012年08月08日
フォーマット:SHM-CD

【CD Journal ミニ・レビューより転記】
時間の隅々まで濃やかなデリカシーで充たされる。ことさらなメリハリやソロで見せる濃密な身振りは抑え、さらり音楽の行方に身をゆだねる風情だが、息遣いのつながりには驚くほど隙がない。オケもピアノに寄り添い、時に、ふとさりげなく音を引いて情を残す室内楽的瞬間を作る。9番が出色。

【CD Journal ガイドコメントより転記】
内田光子がソロと指揮を務めるクリーヴランド管弦楽団とのモーツァルトのピアノ協奏曲シリーズの第3弾。ピアノとオーケストラとの絶妙なブレンド具合、そこから浮かび上がるピアノの透明な響き。内田の円熟の極みが堪能できる。

【Universal Music提供資料より転記】
第1弾(UCCD1246)がグラミー賞を受賞し大ブレイクした内田光子とクリーヴランド管弦楽団によるモーツァルトのピアノ協奏曲シリーズ。内田光子がソロと指揮を務めたこのシリーズは、第2弾も大きな反響を呼び、一昨年の来日公演でも絶賛されました。第3弾となる今作はモーツァルト21歳の時の傑作第9番『ジュノーム』と、第2楽章が映画「みじかくも美しく燃え」で使われたことでも有名な第21番。内田光子がもっとも信頼するオーケストラのメンバーたちと共に、今回も至福のモーツァルトが響きわたります。国内盤はSHM-CD仕様。


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

akifuyu102さん、こんばんは。

内田光子さんはもう至宝ですね。この人の評価は日本以外でも本当に高いみたいですし、モーツァルトも弾き振りしたりと意欲的なところがさらに素晴らしいと思います。

仰るとおり「気品があって瑞々しい」音色で、すっきりと後味よく聴けますよね。末永くご活躍してほしいものです。

こんばんは

akifuyu102さん、こんばんは。
ジュノムいいですねぇ。好きですよ。そして内田さんは日本人で真に世界に通じる一人だとおもいます。クリーヴランド管との信頼関係もバッチリですね。来日公演行きたかったんですよね~。

Re: ばけぺんさん、こんばんは。

ばけぺんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

内田さんの演奏、素晴らしいですね。音色がほんと美しいです。
それにブレないと言うか一本芯の通った表現力が良いですね。
オーケストラとの一体感も本当に凄いです。

Re: sankichi1689さん、 こんばんは

sankichi1689さん、こんばんは。

「ジュノム」はsankichi1689さんのお気に入りでしたね。
sankichi1689さんのブログ記事の影響を受けて私も好きになったのです。(^^)
今回のCDで内田さんの演奏に少しハマってしまいました。
これからのクリーヴランド管との演奏にも期待したいですね。コメントありがとうございました。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー