サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番

今日のCDはサン=サーンスがチェロのために書いた代表作を収録したアルバム。

録音時マイスキーは49歳。円熟した名手の至芸に涙が滲むほどの感動をもらった。
チェロを聴く喜びに浸らせてくれる貴重なアルバムだ。

マイスキーが奏でるチェロの豊かで艶やかな響きがサン=サーンスという
作曲家の偉大さを改めて認識させてくれた。

共演は指揮者をおかないことで有名なオルフェウス室内管弦楽団と
ダリア・オヴォラ(ピアノ伴奏)。一糸乱れぬとはこういうことを言うのかと。

ただ、残念なことにこのCDはHMV、タワーレコード、楽天ブックスでの取扱いは終了。
Amazonには1点ある(5/23現在)が異常なほど高値。
今回も吹田市立図書館に感謝。
------------------------------------------------------------------------------
マイスキー
サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番、他

収録曲:サン=サーンス
1. チェロ協奏曲第1番イ短調 作品33
2. 白鳥(組曲『動物の謝肉祭』から)
3. アレグロ・アパッショナート 作品43
4. ロマンス へ長調 作品36
5. 組曲作品16(チェロと管弦楽のための編曲版)
6. チェロ・ソナタ第1番ハ短調 作品32

演奏:ミッシャ・マイスキー(チェロ)、ダリア・オヴォラ(6.ピアノ)
演奏:オルフェウス室内管弦楽団(1-5)
録音:(1-5)1997年03月 アメリカ、パーチェス大学にて収録
録音:( 6)1998年01月 ドイツ、 ヴィースロッホにて収録
レーベル:Deutsche Grammophon(ユニバーサル ミュージック)
規格品番:UCCG-4712
発売日:2010年11月10日
フォーマット:CD


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

3年半でもう廃盤なんですねえ。
最近は流れが速くって…(^_^;)
こないだも買い忘れてた、4年ぐらい前に出たミステリ小説の文庫本をアマゾンでポチろうと思ったら絶版でしたヽ(´ω`)ノ

No title

マイスキーはいいですね。
ジャズの世界も「出会った時が買い時」という言葉があるのですが、クラシックもそのようですね。

Re: 暗ヲさん、こんばんは。

98年に初版が発売され、2010年に再発売になりましたが早々と完売したみたい。再再発売はあるのでしょうか。欲しい時に入手できないのは何とも残念です。

Re: わんわんわんさん、こんばんは。

マイスキーは初めてだったのですが巧いですね。確かにイイねって思った時が買い時ですね。タイミングは大事ですよね。

名盤ですね

こんにちは。輸入盤だったらまだ買えるようですね。
浪漫的で情熱的で、やや粘っこいマイスキーの美質が出た名演だと思います。
個性的で振り幅の大きい表現。
曲のスケールが大きくなったような印象を受けます。

チェロ・ソナタ第1番もいい曲ですね。

Re: 名盤ですね

木曽のあばら屋さん、こんばんは。

輸入盤!!!その手がありましたね。情報ありがとうございました。探してみます。
マイスキーについて、「浪漫的で情熱的で、やや粘っこい」。私も同感です。
このような素敵な表現に感激しています。
チェロ・ソナタ第1番も素晴らしい演奏ですね。マイスキーの音色には参りました。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー