音楽CD高音質再生への小さな取り組み

私は日頃から「クラシック音楽のCD音源」を地元の図書館から借りております。

図書館を利用し始めた頃は「iTunes」を使ってCDに収録された楽曲を保存し、
再生を楽しんでおりました。
しかし、そうしているうち、少しでも良い音で鑑賞したいと言う気持ちも
同時に大きくなってきたのです。

そうして最初に取り組んだのは再生装置のバージョンアップでした。
当初はパソコンのヘッドフォン出力端子にiPod付属のヘッドフォンをつないで聴いている
程度でした。

そのオーディオ環境も今では
1)CDリッピング専用CDドライブ(Pioneer BDR-XD04J)
2)USB DAC(KORG DS-DAC-10)
3)真空管ヘッドフォンアンプ(Carot FABRIZIOLO)
4)モニター用ヘッドフォン(SONY MDR-CD900ST)
とローコスト製品ながら当初に比べて画期的に音質改善を実現することが出来ました。


さて、ここからが今日の本題ですが、次の取り組みとして考えたのは
「ソフト面から更なる再生音質のバージョンアップを目指してみる」と言うこと。

言い換えれば図書館からお借りした貴重な「CD音源」をより高音質なライブラリーとして、
いかに保存して行くのか、と言うことであります。

これまでCD音源の保存方法として「iTunes」「Exact Audio Copy」「Media Go」などの
リッピングソフトを使って保存してきましたが、今回新たにCDイメージファイルの作成ソフト
「CloneCD 5」を導入することにしました。
CloneCD 5

イメージファイル作成ソフト「CloneCD 5」はCDなどのデータをバックアップ目的に利用する
もので、CDに記録されているデータを、ファイルやフォルダ構造を保ったままイメージファイル
として保存できるのです。

つまり音楽CDデータをデータとして扱うため、音楽的な時間の制約を受けずにCDの内容を
データの欠落なしに完璧にコピー(イメージファイル化)することが出来るのです。(コピー元と
コピー先のデータが一致するまで検証作業をやり続けるのです)

そして再生は「仮想ドライブ」と呼ばれる、仮想的な光学ドライブソフトをOS上で起動させて
その仮想光学ドライブにイメージファイルデータを読みこませて再生します。
メカニカルなCDドライブ上で再生する時のような不安定要素がなく、読み取り時の
データ欠落は一切なく、常に安定した状態でCD内のデータは完全な状態で再生される
のです。この状態でリッピングするようにしました。

さて、実際の再生音質はどうなのか、CD盤をCDドライブで再生してリッピングしたものと
仮想ドライブで再生してリッピングしたものを比較してみたがその差は....正直分からない。
結果は歴然として明らかと思いきや然にあらず。次の機会にじっくり時間をかけて再検証
してみたいと思います。
また、もしかするとこれはPioneerのCDドライブのPure Read(ピュアリード)機能がかなり優秀な
せいかも知れないと思いました。この機能が正しいデータの読み取りに大きく貢献していることが
裏付けられた気がしました。

「CloneCD 5」導入による音質的な改善は達成できませんでしたが、図書館で借りたCD盤を
イメージファイルとして保存し、豊かなライブラリーを構築するツールとして活用して行ければと
思っています。


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

すごいですね(^^)

こんにちは!
さすがakifuyu102さん!拘ってますねぇぇ。
音楽を楽しむ私たちが、音質に拘るのは当然ですよね。(^^)
なんて、言いながら、私は普通にミニコンポやウォークマンで納得してしまってますけど・・・。(^^;)

学生の頃はオーディオに嵌って、分不相応の支出をしたこともあって、今では自重していることもあります。

あまりお金を掛けずに高音質を、というakifuyu102さんのスタンスは正しいですよね!!!
また、色々教えてくださいませ。m(_._)m

Re: すごいですね(^^)

★赤影★さん、こんにちは(^^) コメントありがとうございます。

私も若い頃にオーディオに凝っていた時期があり、
そのせいで今でも時々思い出したように虫が出てくるのです(^^)

この歳になっても、夢中になって何かに取り組めるってことは
成果につながらなくても楽しいものです。

こんばんは。

akifuyu102さん、こんばんは。

お話を聞いているだけでこのソフトから出てくる音はすごそうだし、PC以降のakifuyu102さんのシステムは音源のちょっとした違いも再生してくれそうなので、仰るとおりパイオニアのCDドライブのリッピング機能はなかなかの高性能なのかもしれないですね。

音の入り口の重要性は間違いないので、私のお奨めはUSB出力付レコードプレーヤーです(笑)。ハイレゾ路線とは違う音が聴けますよ。

Re: こんばんは。

ばけぺんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

「CloneCD 5」で音楽CDをイメージファイルとして保管して置くとCD盤そのものを持っているのと同じことなのです。図書館で借りたものが全て自分の資産となります(*^_^*)もちろん個人で楽しむ利用の範囲を逸脱してはいけませんが。
PioneerのCDドライブ(BDR-XD04J)と「CloneCD 5」があればけっこう高級CDプレーヤ並みの情報量を再生できているのではと思っています。

USB出力付レコードプレーヤー(^^)、これ良いですね、ほしいほしい。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー