モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番/内田光子

今日のCDは、モーツァルトのピアノ協奏曲第27番です。
内田光子さんとクリーヴランド管弦楽団とのCDを聴くのは
これで3枚目になりますが、いやぁ~、今回も実に爽やかです。
第1楽章が鳴り始めるやいなや爽やかな風が身体を通り抜けて行き
とても心地良い気分です。ピアノが登場すると更に優しさも加わり
完全に引き込まれてしまいました。クリーヴランド管の室内楽的響きも素晴らしい。
演奏者側も深い境地で意気投合し、演奏冥利に尽きる思いが出来たのでは。
特に第2楽章は20番、27番ともに至福のモーツァルトの響きだ。
----------------------------------------------------------------------------
内田光子 27番
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番・第27番/内田光子&クリーヴランド管弦楽団

収録曲:モーツァルト
1. ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466
2. ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調 K.595

演奏:内田光子(ピアノ・指揮)
演奏:クリーヴランド管弦楽団
録音:2010年4月15日~18日 クリーヴランド、セヴェランスホール にてライヴ録音
レーベル:Decca(Universal Music)
規格品番:UCCD-1277
発売日:2010年11月3日
フォーマット:SHM-CD


まいどおおきに
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

内田さんとクリーヴランドの演奏にはまっておられるようですね^^/
もっともっと日本人と海外メジャーオケとの共演を見たいですね。27番はなんか音が少なくて聴かせるのが難しいですよね。

Re: こんばんは

sankichi1689さん、おはようございます。コメントありがとうございます。

内田さんとクリーヴランド管のこのシリーズは良いですねぇ。
奏者が互いの音によく集中している様子までもが見えるようです。
弾き振りが良い方向に出ている成功例ですね。

> 27番はなんか音が少なくて聴かせるのが難しいですよね。

なるほど、言われてみれば第2楽章の巧さはまさにそれですね。
画数の少ない漢字をバランス良く書くのが難しいのと似ていますかね(^^)

内田さんと関係ないのですが。

akifuyu102さん、こんばんは。

ご紹介されたCDと関係ない話で恐縮ですが、akifuyu102さんのサイトの日めくりカレンダー、一番下にいろいろな計算問題が出ているんですね。何気なく見たら「地表脱出は7.9km/秒、地球脱出は?」とあって、計算ボタンを押したらロケットが宇宙に飛び出して公転軌道から地球に帰還するために必要な速度の計算式が示されたウエブに飛びました。難しくてよくわかりませんが、なんとなく勉強になりました。

しかもそのページに大学生の方がコメントされていて「計算通りに飛んだら無事宇宙に行けました。」と書いてありました(笑)。僕もやってみようと思います。

Re: 内田さんと関係ないのですが。

ばけぺんさん、こんばんは。

ブログの細かなところまで見て下さりありがとうございます。
最初、これを導入した時は色々と遊んだ記憶があるのですが
それ以来すっかり忘れておりました。あらためて触ってみると
色んな計算が出てきてなかなか面白いサイトですね。
電気回路のインピーダンス計算まで出来るのには驚きました。
スゴイスゴイ、あらためて感動しております(*^_^*)
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー