メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 / 庄司紗矢香(Vn)

今日は久しぶりに庄司紗矢香さんのヴァイオリンで
チャイコフスキーとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を聴いてみました。

このCD、発売時(2006/3/29、2007/9/5)は録音の悪さを指摘するレビューが多かったようです。
発売3度目は高音質なSHM-CDに仕立て直しての登場です。


さて、聴いてみると旧盤のレビュー通り、SHM-CDになったものの、やはり明瞭度が
やや低い感じです。
最近の分離度の高い録音に比べるとやや精彩に欠けるなと言った印象を持ちました。

でも演奏の方は収録当時22歳の庄司さんが頑張っておられました。
1999年、16歳でパガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールに史上最年少で優勝して以来、
多くのオーケストラと共演を重ねて来ただけあり、流石に落ち着いた堂々とした演奏です。

特にメンデルスゾーン第1楽章のカデンツァは美しいですね。
チャイコフスキーの第2楽章も感情を抑えた中から伝わってくるものがありました。

----------------------------------------------------------------------------
庄司紗矢香_2
チャイコフスキー&メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 / 庄司紗矢香(Vn)


収 録 曲:
     1. チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
     2. メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64

演  奏:庄司紗矢香(ヴァイオリン)、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
指  揮:チョン・ミュンフン
録  音:2005年10月 パリ、メゾン・ド・ラジオ・フランスにて収録
レーベル:Deutsche Grammophon(ユニバーサル ミュージック)
規格品番:UCCG-50074
発 売 日:2011年5月11日
フォーマット:SHM-CD


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

録音

akifuyu102さん、こんばんは
確かに録音が良くないように感じます。もう少しヴァイオリンが前面に出てくると印象が違うかも知れませんね~、プチ残念です(T_T)

Re: 録音

sankichi1689さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

独奏ヴァイオリンもオケも指揮者の頭上マイクから収録しているような...
庄司さんの演奏が良いだけに本当に惜しいですよね。
この曲の再録音はずーっと先の事になるのでしょうね。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー