ショパン:ワルツ全集 / アリス=紗良・オット

このCD、感情表現があっさりと淡白な感じがして、実は最初あまり良い印象を
持っていませんでした。

しかし何度も何度も聴いている内にじわじわとその良さに気付いてきたのです。
第一に、よくよく聴いてみれば自然体で凄くフレッシュな演奏。
第二に、音が美しい。特に高い音の弱音がとても綺麗。
第三に、技巧に走らず丁寧で細やかな演奏が逆に深い感銘を与えている。

そして、このCDの白眉は何と言っても映画「戦場のピアニスト」に使われ
一躍有名になったノクターン 第20番 嬰ハ短調ですね。
その切ない哀しげな旋律は誰しも魅了されますが、アリスの演奏は聴いていて
鳥肌が立つような感動でした。
日本盤のみのボーナス・トラックですが、何とも凄いボーナスだ!!!
-------------------------------------------------------------------------------------
アリス_2
ショパン:ワルツ全集 / アリス=紗良・オット

収 録 曲:ショパン
     01. 第 1番 変ホ長調 作品18 『華麗なる大円舞曲』
     02. 第 2番 変イ長調 作品34の1『華麗なる円舞曲』
     03. 第 3番 イ短調 作品34の2『華麗なる円舞曲』
     04. 第 4番 ヘ長調 作品34の3『華麗なる円舞曲』
     05. 第 5番 変イ長調 作品42
     06. 第 6番 変ニ長調 作品64の1『小犬のワルツ』
     07. 第 7番 嬰ハ短調 作品64の2
     08. 第 8番 変イ長調 作品64の3
     09. 第 9番 変イ長調 作品69の1『告別』
     10. 第10番 ロ短調 作品69の2
     11. 第11番 変ト長調 作品70の1
     12. 第12番 ヘ短調 作品70の2
     13. 第13番 変ニ長調 作品70の3
     14. 第16番 変イ長調 遺作 KK IVA-13
     15. 第17番 変ホ長調 遺作 KK IVB-10
     16. 第18番 変ホ長調 遺作 KK IVA-14
     17. 第15番 ホ長調 遺作 KK IVA-12
     18. 第14番 ホ短調 遺作 KK IVA-15
     19. 第19番 イ短調 遺作 KK IVB-11
     20. ノクターン 第20番 嬰ハ短調 遺作 KK IVA-16
       (日本盤のみのボーナス・トラック)

演  奏:アリス=紗良・オット(ピアノ)
録  音:2009年8月 ベルリン、テルデックス・スタジオにて収録
レーベル:Deutsche Grammophon(ユニバーサル ミュージック)
規格品番:UCCG-1473
発 売 日:2009年10月14日
フォーマット:CD



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アリスさん、なかなか良いピアニストのようですね。
昔は特にワルツというと全曲入れないケースがありましたが、この盤のように、録音ではぜひとも全曲盤で出してほしいものです。
イ短調の遺作が好きなのですが、全曲盤でないとまず収録されないので(^_^;)

Re: 暗ヲ さん、こんばんは。


確かにイ短調の遺作を含んだ演奏は少ないようですね。
この曲、良い曲ですね。私も好きになりました。
アリスさん、若い方なのに感情に流されず抑制のきいた良い演奏をされます。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー