大阪ハイエンドオーディオショウ&オーディオセッション

今年も「大阪ハイエンドオーディオショウ」と「オーディオセッション」に行ってきました。
両会場とも最寄駅は大阪市営地下鉄の心斎橋駅、其々の会場へは早足で10分程度の距離、
お天気も良かったので無料シャトルバスは使わず健康のために歩いて移動しました。
昨年同様「オーディオセッション」の会場では先着250名に粗品が当たるので真っ先にそちらへ。
今年も無事、ゲットできました。「折りたたみ傘」を頂いたのですが、他にも「携帯ステンレス
タンブラー」等色々ありました。昨年より粗品が良くなったかな。些細な事だが結構嬉しい (^^)
オーディオセッション_カンバン 


昨年も思ったのですがお客さんの年齢層が高いですね。若い方は殆どいないです。
若い人だ!と思ったらアジア系の旅行者グループだった。
もはや高級オーディオは中高年の贅沢な趣味なのかもしれない。
ハイエンドオーディオショウ_かんばん


さて、これと言った狙いもなかったので一応万遍なくブースを巡ってきました。
会場内の各社ブースは大手メーカー以外、ホテルの客室なのです。
ベッドや家具調度品を撤去してオーディオ機器を設置しています。
各部屋は10人も入室すれば満員です。しかし、このサイズの部屋でやるから、
逆にお客さんの環境に相似しており良いのかもしれないですね。
反対にPioneerやDENON、SONY、YAMAHAと言った大手メーカーなどは
大きな宴会場で大音量、お客の設置環境に全くそぐわない事に気付いた。
TRIODE.jpg
                           TRIODE(トライオード)のブース

今回、一番印象に残ったのはTRIODE(トライオード)のブースだった。
日本のメーカーである㈱トライオードは今年で設立20年ということで
20周年記念モデルのプリアンプで鳴らしていた。
CDプレーヤーとこのプリアンプとスピーカーだけのシンプルな構成、
合計価格は税込みでおよそ90万円ほど。庶民にとっては高嶺の花だが、
喉から手が出るほど欲しいと思った。ここで聴いたヴァイオリンの音は
透明感を持ったピカイチの音色だった。正直、興奮してしまった。
英国製SPENDOR(スペンドール)のスピーカーが良いのかなぁ。
やはり3品揃っての結果だろうか。それにしてもナイスな組み合わせだ。
買えもしないのについ悩んでしまった。
VP-20 Anniversary
1)プリメインアンプ:TRIODE VP-20 Anniversary(20周年記念モデル) \200,000(税抜き)
2)CDプレーヤー:TRIODE TRV-CD5SE \150,000(税抜き)
3)スピーカー:SPENDOR(英国スペンドール) SP1/2R2 \498,000(ペア/税抜き)


ちょっと目立っていた真空管式プリメインアンプ(+ヘッドフォンアンプ)
視聴させてもらったが中々良い感じ。
でも試聴で使わせてもらったヘッドフォン(SENNHEISER HD650)が気に入ってしまった (^^)
ORB JADE Soleil
ORBのプリメインアンプJADE Soleil オープン価格 (実勢価格\54,000)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

オーディオショウの年齢層高いんですよねえ(^_^;)
数年前はもっと若者もいたんですがね。不況とオーディオ環境の多様化のせいでしょうかねー。

Re: 暗ヲ さん、こんばんは。

オーディオの全盛期からパソコンに流れが移り、
オーディオの楽しさが復活しないまま、音楽を楽しむ
ツールとしてスマホやiPodなどのメモリープレーヤが
出たのでこれで楽しむ若者が多いのでしょうね。

おはようございます。

akifuyu102さん、おはようございます。

ハイエンドショウとオーディオセッションという二つの催しが同時開催ということでしょうか?「ハイエンド」も「オーディオ」も今の若い世代には響かなくなっているんでしょうね。

ホテルの一室で試聴できるというのは僕も良いなと思います。なんとなく家での鳴り方がイメージできそうです。それにしてもトライオードもスペンドールもちょっと前には興味が沸きませんでしたが、今はどっちもすごく素敵に感じます。オーディオ的ではない形で音楽が楽しめそうです。

Re: おはようございます。

ばけぺんさん、おはようございます。

いつから同時開催かは知らないのですが昨年も同時開催でしたね。ハイエンドショウのみ金曜日から始まり3日間あります。ハイエンドショウのブースは海外メーカー中心の展示で日本製はアキュフェーズやラックスマンぐらいでした。

オーディオセッションの方が混雑していて人気がありました。来場者全員に記念品(3色ボールペン)が進呈されるしね (^^)

開催者側としての「ホテルの一室」は苦肉の策であったと思うのですが、結果的にはユーザーにとって、実感しやすい、格好の環境になっていますね。

トライオードのセッティング音は群を抜いていました。ばけぺんさんにはトライオードもスペンドールもオーディオ的にイジる部分が無くて寂しいですよね (^^) コメントありがとうございました。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー