バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ / イザベル・ファウスト

久しぶりにイザベル・ファウストのヴァイオリンでバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータを聴いています。このCDは世界中で絶賛された第1弾の録音からちょうど2年後に録音されたもので、これで全6曲が完結したことになります。

第1弾の時もそうでしたが、まず感じたのは録音音質がとても素晴らしいと言うこと。ピンと張り詰めた空気感、静寂の中に研ぎ澄まされたヴァイオリンの音色が超クリアな音質で迫ってきます。気持ちの良い楽器の鳴り、高域の伸びが凄くいいですね。構築美とでも言うのでしょか。自信に満ち溢れた堂々とした演奏です。
------------------------------------------------------------------------------------------
ファウスト_3
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番、第2番、パルティータ第1番

収 録 曲:J.S.バッハ
     1. 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調 BWV.1001
     2. 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ロ短調 BWV.1002
     3. 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番イ短調 BWV.1003

演  奏:イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)
使用楽器:1704年製ストラディヴァリス「スリーピング・ビューティー」
録  音:2011年8月、9月
レーベル:Harmonia Mundi (King International)
規格品番:KKC5322
発 売 日:2013年8月30日
フォーマット:CD



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー