シューベルト:交響曲 第8番『ザ・グレイト』

シューベルトの交響曲第8番『ザ・グレイト』をオランダのアーネム・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で聴いています。アクセントがはっきりとしていて音の切れが良いです。伝統の殻を破ったような息吹を感じます。細部のニュアンスも明瞭でハーモニーにも重厚感があり、非常に清々しいサウンド。

オーケストラの意気込みも十分、積極的に真正面からの堂々たる演奏。地方のオーケストラと甘く見ちゃあいけない。なかなか立派なものだ。このオケによる他の演奏も聴きたくなって来た。

アーネム・フィルハーモニー管弦楽団を今回初めて知ったのですが、オランダ東部地区の町
アーネムを拠点とし、オランダでの活動を中心に100年以上の歴史を持つ伝統あるオーケストラ
であることがわかった。マルティン・ジークハルトが2003年から首席指揮者兼芸術監督となった。
また、2006年からは小林研一郎氏も常任指揮者に就任している。

エクストンの高音質録音はいつも通り洗練された響きだ。

------------------------------------【ディスクデータ】----------------------------------------

シューベルトのザ・グレート
 シューベルト:交響曲第7番「未完成」& 第8番「ザ・グレイト」

 収 録 曲:
     1. 交響曲第7番ロ短調 D.759『未完成』
     2. 交響曲第8番ハ長調 D.944『ザ・グレイト』

 演  奏:アーネム・フィルハーモニー管弦楽団
 指  揮:マルティン・ジークハルト
 録  音:2003年9月 アーネム、ムシス・サクルム、コンサート・ホールにて収録
 レーベル:Exton(オクタヴィア・レコード)
 規格品番:OVCL00151
 発 売 日:2003年12月10日
 フォーマット:SACDハイブリッド

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ジークハルト氏

akifuyu102さん、おはようございます。
ジークハルトさん、昨年生で聴かせていただき、堅牢な音楽を築きあげる感じで、なかなか好印象を持っています。シューベルトも素晴らしい出来なんでしょうね^^/

Re: ジークハルト氏

おはようございます。コメントありがとうございました。

sankichi1689さんはコバケンさんとアーネムフィルの演奏で「展覧会の絵」を、旅行先の弘前ではジークハルトさんとN響の弘前公演を聴かれてましたね。すご!、凄すぎる、超羨ましいです (^^)

シューベルトは7番、8番ともに素晴らしい演奏です。躍動的でとても新鮮なサウンドでした。一聴の価値ありです。ハイ、興奮さめやらぬ、ってところです (^^)

こんばんは。

akifuyu102さん、こんばんは。

このアーネム・フィル、私は2年前くらいにオクタヴィアレーベルのボックスセットで初めて聴いたのですが、あまりに素晴らしい演奏に驚きました。

アレクセーエフという指揮者が振ったショスタコーヴィチの10番だったのですが、聞いたこともない名前のオーケストラがこんなに上手いのか!とびっくり。きっと「グレイト」も素晴らしいと思います。

Re: ばけぺんさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

特に「グレイト」の第2楽章は弦楽も木管も本当に素晴らしいですね。弦に厚みを感じるところなどはゾクっと来ます。
今、ナクソスでショスタコーヴィチの10番をアーネム・フィルの同じ盤で聴いているところですが、凄いです。しびれます。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー