ブラームス:交響曲 第4番 / ロジャー・ノリントン

今日のCDはNHK Eテレの「クラシック音楽館」でもお馴染みのロジャー・ノリントンさん。
大きく膨らんだメタボなお腹のせいか、ノリントンさんの指揮姿は実に穏やかで淡白な動きだ。
でも出てくる音楽はそれとは対照的に新鮮で情熱的だ。

爽やかで細部にまで暖かな光が差し込むような清々しい響きのブラームスです。
ブラームスは分厚く、重々しい音楽でなければ、と言うイメージが払拭されました。
厚みに隠れていたメッセージが、明快で機動性に飛んだ演奏から浮かび上がって来るのです。

中々、クリアな録音。重なりが明瞭なため、迫力に何の不足もない。

------------------------------------【ディスクデータ】------------------------------------------

ロジャー・ノリントン
ナクソス・ミュージック・ライブラリー

収 録 曲:ブラームス
    CD1:交響曲 第1番 ハ短調 Op.68
    CD2:交響曲 第2番 ニ長調 Op.73
    CD3:交響曲 第3番 ヘ長調 Op.90
     〃:交響曲 第4番 ホ短調 Op.98

演  奏:シュトゥットガルト放送交響楽団
指  揮:サー・ロジャー・ノリントン
録  音:2005年7月4-6日 シュトゥットガルト・リーダーハレ・ベートーヴェンザールにて
レーベル:Haenssler Classic(キングインターナショナル)
規格品番:KKC5129
発 売 日:2011年6月2日
フォーマット:SACDハイブリッド(3枚組)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ノリントンさん

akifuyu102さん、こんばんは。

正直言うと僕はマーラーのノンビブラート演奏を聴いて以来、ノリントンさんの演奏があまり好きではないのですが、ロマン派の演奏でどれだけ批判されようと絶対自分のポリシーを変えないのは芸術家として大したものだと思います。

ブラームスであればギリギリこのアプローチも面白そうですね!

Re: ノリントンさん


ばけぺん さん、こんばんは。コメントありがとうございました。

そうですか、ノリントンさんにはそんなに大事にしているポリシーがあったのですね (^^)
ノンビブラートでクリアなブラームスもけっこう良いものだなぁと感じています。
増員した重厚長大オケの演奏では埋もれてしまうフレーズも聞こえてきてとても新鮮でした。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー