日本の旅路 / シャーロット・ド・ロスチャイルド(ソプラノ)

イギリスの名門ロスチャイルド家出身のソプラノ歌手で、親日家としても有名な
シャーロット・ド・ロスチャイルドが歌う、「日本の旅路」と題するアルバムを
聴いてみました。

シャーロットさんは外国人が話す日本語の発音であるのですが、何とも美しい響の
日本語です。不思議です。日本人が歌うより、シャーロットさんの日本語発声の方が
響として綺麗に感じます。とても好感が持てます。

日本で歌い継がれてきた春夏秋冬の名曲を見事な歌唱力で披露しています。
特に「遠くへ行きたい」と「初恋」は大いに感動しました。
たっぷり22曲、いい気持ちになりました。

------------------------------------【ディスクデータ】------------------------------------------

シャーロット_日本の旅路
ナクソス・ミュージック・ライブラリー


 曲  名:
      01. 遠くへ行きたい
      02. 宵待草
      03. 水色のワルツ
      04. 赤とんぼ
      05. かんぴょう
      06. この道
      07. かやの木山の
      08. 出船
      09. 待ちぼうけ
      10. ちんちん千鳥
      11. 早春賦
      12. たあんき ぽーんき
      13. 野薔薇
      14. 花
      15. さくら横ちょう
      16. たんぽぽ
      17. 初恋
      18. 九十九里浜
      19. 夏の思い出
      20. 芭蕉布
      21. 浜辺の歌
      22. 椰子の実

 演  奏:シャーロット・ド・ロスチャイルド(ソプラノ) / 斎藤雅広(ピアノ)
 録  音:1999年4月 イギリス、サマセット、フォード修道院にて収録
 レーベル:Nimbus Alliance
 規格品番:NI6190
 発売年月:2012年4月17日
 記録形式:CD(輸入盤)




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

外国の歌手が日本の歌を日本語で歌う企画は時々みますが、聴いてみるとどうしても違和感あるんですよね。もちろん逆にその違和感を楽しむという手もありますが。
この歌手さん知りませんでしたが、日本人より美しい響きというのはがぜん興味がでてきました。
ひょっとすると親日家というところで、日本に対する思い入れがあるためでしょうかね。
水色のワルツとか椰子の実とか曲目もよいですね(^O^)

Re: 暗ヲさん、こんばんは。

日本語の歌詞に耳を傾け過ぎて聴くと確かにシャーロットさんでも違和感はあるのですが、それでも、日本の心を澄み切った歌声で感性豊かに歌い上げる歌唱力が優っていると思います。今なら「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」にてこのアルバムは期間限定で最大15分間無料試聴できます。何度でもトライ出来ますよ。可能なら是非、聴いてみてください。
プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー