ブルックナー:交響曲第3番・6番 / マリオ・ヴェンツァーゴ

またもマリオ・ヴェンツァーゴが指揮するブルックナーの交響曲全集より聴いてみました。
今回はベルン交響楽団と録音した第3番と第6番です。

ベルン交響楽団はスイスの首都ベルン市にあるベルン市立劇場の座付きオーケストラでもあり、
シャルル・デュトワやドミトリー・キタエンコらが歴代指揮者として名を連ねています。
そしてマリオ・ヴェンツァーゴは2010年から首席指揮者を務めています。


柔らかく温かい響きに浸れた演奏。ホルンの軽くて線の太い音質は私好みで好感を持ちました。

かつてはメジャーなオーケストラのCDを優先的に選んでいた私ですが、日本で余り知られていない
オーケストラも「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」が知る機会を与えてくれました。
同じ曲を違うオケで聴いてみる楽しみも加わり、まさに今「ナクソス」様様の状態です (^^♪

-------------------------------------【ディスクデータ】--------------------------------------

ブルックナー3番
ナクソス・ミュージック・ライブラリー

曲  名:1. 交響曲第3番 ニ短調(第3稿 1889年版)
曲  名:2. 交響曲第6番 イ長調(1881年)
演  奏:ベルン交響楽団
指  揮:マリオ・ヴェンツァーゴ
録  音:1. 2012年4月30日-5月01日 クルトゥーア=カジノ・ベルン大ホールにて収録
録  音:2. 2011年2月05日-2月08日 クルトゥーア=カジノ・ベルン大ホールにて収録
レーベル:CPO
規格品番:777690
発売年月:2013年4月24日
記録形式:CD(輸入盤 2枚組)


 【交響曲全集:共演オーケストラ(録音年月)】
 ・第2弾:交響曲第0番 タピオラ・シンフォニエッタ(2010年11月)
 ・第2弾:交響曲第1番 タピオラ・シンフォニエッタ(2010年11月)
 ・第3弾:交響曲第2番 ノーザン・シンフォニア(2011年11月)
※・第4弾:交響曲第3番 ベルン交響楽団(2012年5月)
 ・第1弾:交響曲第4番 バーゼル交響楽団(2010年8月)
 ・第7弾:交響曲第5番 タピオラ・シンフォニエッタ(2014年3月)
※・第4弾:交響曲第6番 ベルン交響楽団(2011年2月)
 ・第1弾:交響曲第7番 バーゼル交響楽団(2010年8月)
 ・第6弾:交響曲第8番 ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(2011年10月)
 ・第5弾:交響曲第9番 ベルン交響楽団(2012年9月)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー