シューベルト:交響曲第3番 / リッカルド・ムーティ

一月前に「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」で聴いたムーティとウィーン・フィルの
第9番『ザ・グレイト』の素晴らしい演奏に惚れ込んで、シューベルトの交響曲全集を購入。
今日はその中から第3番を聴いてみました。

曲が始まって早々、オペラの序曲が始まったかのような、ちょっとワクワクな雰囲気がしました。
初めて3番を聴く私が安心感のようなものを抱いたのはモーツァルトやハイドンを感じさせるよう
な響き方がそうさせたのかも知れません。

それにしてもシューベルトはこの3番を18歳で、しかも僅か1か月足らずで作曲しています。
この頃には「野ばら」や「魔王」なども相次いで作曲していたようで、既にその才能を開花させて
いたことが伺えます。

ウィーン・フィルのふくよかで颯爽とした響きが耳にも頭にも心地良いですね。
木管群の響きが実に美しく、チャーミングです。
聴き惚れているとあっという間に終わってしまった。

この全集は87年~93年に録音されたものですが明確な音像で中々聴きやすいです。

------------------------------------【ディスクデータ】------------------------------------------

シューベルト交響曲第3番

曲  名:シューベルト 交響曲 第3番 ニ長調 D.200

演  奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指  揮:リッカルド・ムーティ
録  音:1988年12月 ムジークフェラインザール
レーベル:Brilliant Classics
規格品番:BRL92778 (輸入盤 4枚組)
発売年月:2005年12月10日
記録形式:CD



【シューベルト:交響曲全集 収録曲】

 ・交響曲 第1番  ニ長調 D.82
 ・交響曲 第2番 変ロ長調 D.125
 ・交響曲 第3番  ニ長調 D.200
 ・交響曲 第4番  ハ短調 D.417『悲劇的』
 ・交響曲 第5番 変ロ長調 D.485
 ・交響曲 第6番  ハ長調 D.589
 ・交響曲 第8番  ロ短調 D.759『未完成』
 ・交響曲 第9番  ハ長調 D.944『グレイト』
 ・劇音楽『魔法の竪琴』序曲 D.644
 ・劇音楽『ロザムンデ』~ バレエ音楽第1番
 ・劇音楽『ロザムンデ』~ バレエ音楽第2番



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー