ドヴォルザーク:スラヴ舞曲全曲

ドヴォルザーク作曲 スラヴ舞曲 全曲  ノイマン/チェコ・フィル
スラヴ舞曲全曲

付属ブックレットのマイク・セッティング図
レコーディングノート


スラヴ舞曲はドヴォルザークの作品の中では『新世界』・『チェロ協奏曲』と並んで
私の好きな曲のひとつです。

演奏はノイマン率いるチェコ・フィル。
スラヴ舞曲を演奏するのにこれ以上の組み合わせは考えられない。

2012年7月25日に発売されたこのCDは最新のリマスタリングが施された
「エクストン・ラボラトリー・ゴールド・ライン」のひとつとしてラインナップされました。

有名な「第1集-第8番 ト長調」や「第2集-第2番 ホ短調」は言うまでもなく素晴らしいが、
私は「第2集-第8番 変イ長調」の中低音部の弦が朗々と鳴り響くところや、リズムを爪弾く余韻が
なんとも心地よく好きだ。「第1集-第2番 ホ短調」も良いなぁ。
やっぱりスラヴ舞曲の持つ独特なテンポの微妙なゆれが「優雅さ」と「感傷的」な雰囲気を
醸し出すのかなぁ。

録音時期:1993年10月23-29日
録音場所:プラハ、ルドルフィヌム、ドヴォルザーク・ホール



株式会社オクタヴィア・レコードのHPに「EXTON LABORATORY GOLD LINE」についての
解説がありましたので転記しておきます。

「EXTON LABORATORY GOLD LINE」とは?

1. 同レーベルの中でも音楽的、オーディオ的に高品位なものを厳選。
妥協を排したリマスタリングが施され、SACDハイブリッドとしてリリースします。

2. オリジナル・マスターからのリマスタリングを行い、膨大な種類のアクセサリー類より
最適合なものを厳選し使用。高精度クロックや電源そのものの見直しなど、一切の妥協を排した
環境の中で作業されました。DSDレコーディングされたものだからこその繊細な音場、空気感を
実現。アナログレコーディングされているものにはない再現性を獲得しています。

3. 非圧縮SACDハイブリッド盤(HQ-SACD)を採用。
当社が2007年より提唱している最上位SACDハイブリッド盤であるHQ-SACDは他社でも採用
され、すでにマーケットに広く認知されているものです。

4. 高級感のある豪華デジパック仕様。

5. ブックレットには、担当エンジニアのコメントやレコーディングに使用した機材表、
マイク・セッティング図を掲載。オーディオ・ファンは必見です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akifuyu102

Author:akifuyu102
大阪府吹田市
クラシック音楽、好きやねん

最新記事
お気に入り(50音順)リンク集
カテゴリ
本 (7)
検索フォーム
バックナンバー